猫はなぜ高いところから降りられなくなる?

猫はなぜ高いところから降りられなくなる?

猫が随分と高いところに登っては、満足そうにしていますが、いざ降りる時にアタフタしてしまいます。高いところに登って見たものの、降りられなくなってしまったようです。高く登って降りられなくなるのはどうしてなのでしょうか?猫の不思議な行動に理由はあるのでしょうか?

1309view

猫が降りられなくなるのはなぜ?

猫は降りるよりも登るのが得意

木に登った猫

猫は高いところに登る時、飛べそうな高さならそのままジャンプをします。木登りのように、どこかに引っ掛けながら、高いところに登ることもあります。

猫は高いところに登るのに、爪を引っ掛けながらヒョヒョイと登って行きますが、降りる時は爪を引っ掛けられないと言う事なのです。となると、猫の場合降りるよりも登る方が得意と言えるのです。

そして、高いところに登ろうとする時の気持ちは「降りられるだろう」と言う予想は見られないのでしょう。

猫にもわからない

木の上で戸惑う猫

家の中でも冷蔵庫や棚など、高いところはあります。外の猫なら、屋根の上や木の上に登ってしまいます。

なぜ猫は、自身で高いところに登って降りられなくなったのでしょうか?答えは、猫にもわからないのでしょう。なぜなら、気づいた時にはこんな場所まで登ってた、必死だったから気づかなかった、こうなるとは考えもしていなかったなどの、いいわけが聞こえてきます。

高くまで来たものの、どうしてよいか猫にもわからないようです。

降りる方法が見当たらない

木にしがみつく猫

テレビやニュースでたまに目にするのが、猫が高い木の上から降りられなくなっている様子です。家の中の猫も、見た事ないような高い場所から助けを求め鳴いていたりもあります。

猫が降りられない理由には、頭から降りようとするから降りられなくなるのでしょう。足から降りる、後ろ向きに降りると言う選択肢がなく、降りる方法はひとつしかないのです。

上手く段差を使って降りられずに、真っ直ぐ下にジャンプする事が出来ずにいるのでしょう。さすがに、運動神経が良いとは言え、危険や恐怖を感じてパニック状態に陥ってしまいます。

猫はなぜ高いところに登るのか

屋根の上に乗る猫

身を守るため

高いところに登るのは、危険な時は高いところに行くように本能が指令を出しているのでしょう。追いかけられた時、攻撃されそうな時は身を守るために高いところに登って、上から敵の様子を確認しようとするのでしょう。猫には高いところが居場所のひとつなのでしょう。

安心できるから

高いところは、安心が出来るから好きなのでしょう。敵から身を守るためだけでなく、落ち着きたい、一人になりたいなどの理由から、高い場所を選んでいるのです。高いところまでこれば「誰にも邪魔されずにゆっくり休める」と言う安心に繋がっているようです。

優位に立ちたいから

猫の世界には、高い位置を制するのは強い猫だからと言う、暗黙の了解があるようです。高いところから、自分の優位性を象徴しているのでしょう。我が家でも、自分の立場を見せつけるように、より高い場所に行こうとします。下っ端の猫がそこに行くと「まだ早い」と落とされたりもします。

猫が高いところから降りられなくなったら?

家の中の場合

「助けてにゃー」と猫が困っている時は、そこから降りられなくなっている状態です。何か台を置いてあげるか、飼い主さんが速やかに台に登って降ろしてあげましょう。

時間が経てば経つほど、猫も落ち着きをなくしていきます。手を差し伸べた途端に、猫が怖くなり足を踏み外して、落ちてしまう危険性も考えられます。猫を驚かさないように速やかに抱きかかえてあげましょう。

外で遭遇した場合

もしも、外で猫が高いところから降りられなくなっていたら、助けられそうな場合は救出してあげましょう。しかし、面式がない+怯えている猫に手を出すと、引っかかれたり暴れてしまう危険性が高くなります。

また、木や屋根の上は素人よりも、専門の人に頼った方が良いかと思います。地域保護団体の人や、動物病院に連絡して救助してもらうのが良いでしょう。また、消防署に連絡して見て、救助出来るかお願いしてみてもいいと思います。

まとめ

木の下で猫を抱っこする人

猫はなぜ高いところから降りられなくなるのかについてお話しました。高いところに登りたがるのは、本能からくるもので降りる方法については深く考えていないようです。

猫は、高いところに登るのは得意ですが、降りるのは不得意と言って良いのかもしれませんね。高いところには、すいすい登れても、後先考えていないようなので注意してあげないといけませんね。

かっこよく登って見たものの、情けない顔で助けを求める姿も猫らしいのでしょう。