猫も肩こりになる?コリやすい体の場所と癒す方法

猫も肩こりになる?コリやすい体の場所と癒す方法

最近の猫は、人間に近くなってきているのかも知れません。肩を揉んであげると「極楽〜」と言った表情を浮かべます。猫も人間のように肩こりになるのでしょうか?きっと猫にも、こりやすい場所があるのではないでしょうか?ならば、猫を癒してあげる方法もチェックしておきましょう!

1266view

猫のコリやすい体の場所

首をマッサージされる猫

猫は肩のあたりを揉むと気持ち良さそうにします。人間のように「肩がこってるなぁー」と言う仕草を見せることはありませんが、猫も肩こりに悩まされているのではないでしょうか。

猫は首もよく使いますので、こってしまうようです。首を長くしたり、毛づくろいの時にも首を動かしていますよね。猫も、首を寝ちがえることもあるのかも知れません。

背骨

猫は人間と同じように、背中や腰にかけてもこるようです。背中を丸めたり、同じ姿勢を続けていれば猫もこってしまうのでしょう。
背骨はたくさんのツボが密集しており、猫にもツボはあるようです。

前足の付け根

猫は4足歩行の体勢なので、足には負担がかかってしまいそうです。とくに前足は、顔を下に向けると、頭の重力が前足に負担をかけるようです。前足と体を繋いでいる筋肉に、負担がかかればこってしまうのではないかと思います。

猫は顔の筋肉はあまり発達しておらず、使っていないように思うかも知れません。しかし、意外と口周りや目のあたりを動かしているようです。顔を触ると気持ち良さそうにしていることから、こっているのではないかと思います。

猫は肩がコリやすいのか

変な座り方の猫

猫も肩こりになるのか?

猫が「あー肩がこるにゃー」と言う言葉や仕草を見かけた事はありません。猫は人間のように肩こりになるのでしょうか?実際の所、猫にも肩こりがあるのかは、はっきりとまではわかっていません。

しかし、肩こりの原因を見てみると目の疲れ、ストレス、運動不足、筋肉の衰え、緊張疲労、血流の低下などが挙げられます。猫の場合、人間よりも柔軟な筋肉としなやかに動ける構造ですが、衰えと言うのは猫にも考えられることなのかもしれません。

猫が肩こりになるのはどんな事から?

猫にも鎖骨がありますが、人間よりも退化していると言います。そして、人間とは異なった動作から、我々よりもかなり負担は大きいと感じられてもおかしくありません。

鎖骨が退化していれば、前足を繋ぐ筋肉にも負担がかかっていることでしょう。肩よりも前に出た頭を、常に支えている状態は辛いとも言えますね。

そして、肩こりになってしまう猫は、肥満気味の猫、寒いと動かない猫、運動不足がストレスになる猫、高齢で筋肉が衰えてしまうなどの原因から起こってしまうのでしょう。

猫を癒す方法

顔をマッサージされる猫

肩もみ

猫の肩の筋肉に指をあててあげて、くるくると円を描くようにまわします。この時爪を立てずに、指の腹の部分を使うようにしましょう。猫がリラックスしている時に行ないましょう。

首マッサージ

猫の首あたりを指でつまんで離す、指で挟みながら優しく揉んであげると良いでしょう。また、親指と人差し指を首につけてゆっくりと上下に動かしてあげるのも良いと思います。この時も、猫が怖がらないように優しくゆっくりとするのがポイントです。

背骨の指圧

まずは、猫の背中にある肩甲骨を、上から下に向かって優しく5回程度撫でてあげます。次に、背骨にそって指で背骨を挟むようにして揉んであげましょう。背骨や筋肉を、軽くつまんであげるのも良いでしょう。

それを、首からしっぽの付け根辺りまでやります。長く続けると、猫が嫌がる場合もあるので、そう言う時は辞めるようにして下さい。

腕をまわす

猫が座った状態で、前足の付け根の骨をマッサージしてあげます。猫の肩甲骨の前あたる部分に、左右にくぼみがありますので、そこを人差し指と中指で指圧したりほぐしてあげましょう。

次に、猫の腕を上にあげ、親指で軽く押さえながら、ぐるりとまわしてあげます。手の付け根あたりの筋肉を揉みほぐす感じです。猫があまり乗り気でない時は、様子を見ながらしてあげましょう。

顔の揉みほぐし

猫が顔の部分を触られると喜ぶのは、瞼、鼻、頬、顎です。猫の顔を触る時は、力を入れないように触りましょう。親指で目の上や、髭の周りなどを優しく撫でるようにほぐしてあげます。

頬を引っ張るのも効果があります。猫のマッサージには、アロマオイルは必要ありません!人間にはリラックス効果がありますが、猫には有害になるので辞めましょう。

まとめ

肩もみされる猫

猫がコリやすい体の場所と癒す方法を紹介しました。

肩をこる原因から見ても、猫も肩こりになる可能性はあると言えます。運動不足や寒さからくる血行不良などは、猫にも有り得ることなのでしょう。そして人間と同じように、猫もストレスや自律神経が乱れる、目が疲れるなどがあっても不思議ではありません。

そんな猫の疲れを癒して元気にしてあげましょう。猫もマッサージや指圧をされると、気持ち良さそうにしてくれるでしょう。猫にマッサージする時は、注意事項をしっかり守り、癒してあげるようにしましょう。

スポンサーリンク