【獣医師解説】ねこちゃんが糖尿病になる前にできること

【獣医師解説】ねこちゃんが糖尿病になる前にできること

ねこちゃんも私たちと同じように、エネルギー源の1つとして体内のブドウ糖を使っています。食べた物は、ブドウ糖に分解され、膵臓から出る「インスリン」というホルモンによってエネルギーへ変換されているのですが、糖尿病とはこの「インスリン」の働きが悪くなることで、ブドウ糖がエネルギーとして使えなくなってしまうという病気なんです。 結果としてブドウ糖がどんどん体に蓄積していき、血液や体内の水分へ流れてしまうためおしっこの量が増えてしまいます。悪化すると食欲があるのに痩せてしまったり、最悪の場合には昏睡状態になり、亡くなってしまうことも・・・

1285view

タイトル

知っておきたい!糖尿病とはどんな病気?

ねこちゃんも私たちと同じように、エネルギー源の1つとして体内のブドウ糖を使っています。食べた物は、ブドウ糖に分解され、膵臓から出る「インスリン」というホルモンによってエネルギーへ変換されているのですが、糖尿病とはこの「インスリン」の働きが悪くなることで、ブドウ糖がエネルギーとして使えなくなってしまうという病気なんです。
結果としてブドウ糖がどんどん体に蓄積していき、血液や体内の水分へ流れてしまうためおしっこの量が増えてしまいます。悪化すると食欲があるのに痩せてしまったり、最悪の場合には昏睡状態になり、亡くなってしまうことも・・・

体重計

どのような症状がでるの?

肥満のねこちゃんの糖尿病は別名「ハッピー糖尿病」ともよばれます。基本的には元気もあり食欲も旺盛ですが、典型的な初期症状を見逃さないようにしましょう。

  • 水をたくさん飲むようになる
  • おしっこの量が増える
  • 食欲は普通もしくは増す

さらに、病気が進行すると神経障害が出ることがあります。メカニズムは解明されていませんが、ねこちゃんは通常つま先立ちで歩いているのですが、かかとをつけて歩くようになっている場合は、糖尿病にかかっている可能性がありますので要注意です。

少しでも異変を感じたらすぐに病院に連れて行ってあげましょう!

☆異変を感じたときにオススメのペット保険はこちら☆

どんな検査&治療をするの?

病院では血液検査で血糖値を測定したり、尿検査で尿糖が出ていないかを調べます。

治療方法は、足りない「インスリン」を補うための注射を毎日打ちます。
そして、血糖値を定期的に測るために何度も通院が必要となることも・・・。糖尿病は重症化すると様々な合併症を引き起こし、命に関わることもある、とても恐ろしい病気なんです。

糖尿病にならないためにできる予防は

肥満のねこちゃんは糖尿病になりやすいため、飼い主さんにできる一番の予防策はずばり「太らせないこと」です!!上手に付き合っていくことで、ねこちゃんの健康な状態を守ってあげられる病気ですが、そうならないのが一番ですよね

そのためには…

肥満予防

など、毎日のちょっとしたことに気を付けるだけでねこちゃんの肥満を防いであげることができます。ねこちゃんと一緒に健康第一で乗り切りましょう!

☆キャンペーン実施中のペット保険はこちら☆

スポンサーリンク