猫は畳とフローリングどっちが好き?

猫は畳とフローリングどっちが好き?

近頃では、畳の部屋が減って来ていますが、それでも根強い人気があります。でも、フローリングしかない、という場合もありますね。畳、フローリング、どちらも猫にとってメリット、デメリットがありますが、猫が「好き」なのは、どちらなのでしょう?その疑問に、迫ってみました。

2031view

畳派の猫の意見

畳が良いにゃ!という意見をまとめてみました。

爪とぎに良い感じ

爪とぎ

畳は適度な引っかかりがあるので、猫の爪とぎには最適です!バリバリと小気味良い音を響かせて、気分良く爪とぎできるのが最高にゃ〜という意見多し。飼い主さんの嘆きは、意識の中にはないようです…

寝心地◎

寝心地

寝心地が良いのも、畳の良いところ。固すぎず柔らかすぎず、昼寝には持ってこいです。風通しも良いですから、ジメジメした季節や暑い夏にも、最適ですね。冬に暖かいのも、グッドポイント。自然素材のベッドは、猫にとって良いベッドになるようです。

体に優しい!

優しい

「畳は、体に良い気がするにゃ…」と猫が思っているかどうかは分かりませんが、確かに体に良いイメージです。ですがイメージだけでなく、畳は有害物質を除去してくれるので、本当に体に優しいのです。部屋の空気を、キレイに保ってくれるのですね。畳の原料であるい草には抗菌効果もありますので、微生物の繁殖も抑えてくれます。もしかしたら猫は、それが分かっているのかもしれません。

匂いに癒される

匂い

い草の匂いに自然を感じられ癒される猫も、いるのではないでしょうか?目を閉じて深呼吸をすれば、そこは深緑の世界。「リラックスしたい時は畳に限るにゃ」そんな猫も、いるとかいないとか。

フローリング派の猫の意見

やっぱりフローリングでしょ!というフローリング派の意見です。

夏は冷たくて気持ちいい

夏

うだるような暑さの夏は、フローリングの冷たさが快適!フローリングの上にお腹を押し付けたり、裏返ったりしてその冷たさを満喫します。しっかりと風通しの良い場所を確保して、涼を得ます。

ダニがわかないにゃ!

ダニ

畳は快適だけど、ダニが…と心配する猫は、フローリングだとダニがわかない点を評価しているよう。でもでも、ちょっと待った!実はフローリングでも、ホコリやフケなどにダニが繁殖する場合があるので、安心はしていられません。マメな掃除を、オススメします。

キレイになりやすい

キレイ

猫が吐いてしまった場合、粗相してしまった場合など、汚れた時フローリングは掃除がしやすく、キレイになりやすいです。ただし、目地の部分だけは、要注意。入り込むと中々取れなくなるので、お気をつけください。

床暖房は最高!

床暖房

床暖房がある場合にのみ、有効なのですが…ホカホカと温まる床暖房は、ほとんどの猫のお気に入りとなるでしょう。一度飼い主さんが付ければ、暖を求める猫たちがわらわらと寄って来て…うっとり顔の猫たちが、良く見られます。

結局猫はどっちが好き?

好き

結局のところ、猫は畳とフローリングだったらどちらが好きなのでしょうか?猫の好みはそれぞれですが、筆者宅の猫で言えば、フローリングの部屋にいることが多い気がします。もちろん、畳の部屋に家族がいれば、そちらにいるようになる可能性はありますが…

ただ、フローリングの部屋にいても、大体下に何かを敷いた状態で、座っています。それは毛布的なものだったり、紙1枚だったり…直接フローリングに座るのは、よほど暑い時でないと見られないです。

これはあくまでも筆者宅の例なので、もちろんフローリングよりも畳が好き!という猫もいると思います。猫に聞いてみるのが、1番かも?

まとめ

畳

結局のところ、どっちが好きかはっきりと結論付けられず、申し訳ありません。畳とフローリングで猫が気に入ってそうな部分を挙げましたが、どちらもデメリットが存在します。

猫の好みはともかく、猫の体にとって良いのは、弾力があって滑りにくいクッションフロアやフロアタイルなどの床だと言われています。弾力があると猫の走り回る音が軽減できますし、滑りにくい事で腰や関節への負担が減らせます。どの床が1番良いのか、検討してみるのも良いですね!