ふとした仕草にキュン...♡愛猫の優しさを感じる仕草5つ

ふとした仕草にキュン...♡愛猫の優しさを感じる仕草5つ

猫と過ごしていると自然に笑顔も増えて、いつも癒やされますよね。そんな猫の行動や仕草を見ていると「自分のことを癒やしてくれているのかな」という優しさを感じる瞬間もあるものです。そこで今回は優しさを感じる猫の仕草についてご紹介させていただきます。

1607view

愛猫は優しい!と感じる瞬間の仕草

猫とおもちゃ

愛猫と暮らしていると自然と飼い主さんも笑顔が増えますよね。

実際、猫を飼っていると人間の心臓病などのリスクが減り平均寿命が伸びるというデータもあるようですが、確かに猫を飼っていると「自分のことを考えてくれているんだな」と感じ嬉しくなってしまう瞬間もありますよね。

そんな「猫の優しさ」を感じる仕草についてご紹介させていただきます。

1.一緒に寝てくれる

 布団と猫

猫が寒いのか、ただテリトリーでお気に入りなのかは分かりません。しかし、飼い主さんの寝るお布団へとやって来て、一緒の布団で丸まって寝てくれるこの仕草。

捉えようによっては「猫が飼い主さんのことを暖めてくれている」という優しさの仕草でもあります。特に冬は夜も冷えますが、猫の平均体温は人間よりも高いので一緒に寝てくれるだけでぬくぬくと暖まることができるでしょう。

猫が一緒に近くで寝てくれるということは、飼い主さんとの信頼関係がある証でもあり大変嬉しくなってしまいますね。

2.おもちゃで遊んでくれる

おもちゃで遊ぶ猫

猫はただ「ストレスを発散している」「楽しいから遊んでいる」だけかもしれませんが、ネズミやボールなどのおもちゃで遊んでいる姿を見かけることもありますよね。

この姿は一見すると飼い主さんに「愛くるしい姿やおちゃめな姿」を見せて笑顔にさせてくれているのかもしれません。猫も楽しいですし、見ているこちらも癒やされてしまいますね。

3.側に来てくれる

女性と猫

猫は言葉を話すことや理解することはできませんが、飼い主さんの声色や表情、状況などで「どうしたんだろう?」と様子を把握することもあります。

例えば飼い主さんが悲しくて泣いていたり、悩みごとがあっていつもなら寝ている時間帯に起きていたりすると猫はいつもと違う飼い主さんが心配になって「側にきてくれる」ということがあります。

言葉がなくても「どうしたの?」と言ってもらえているような気持ちになり、本当に心から猫は良きパートナーと思える瞬間でもあるでしょう。

4.足の上やお腹の上に乗ってくる

膝に乗る猫

猫を飼っていると足やお腹、時には顔の上などに乗って自分の上を陣取ってくることがありますよね。飼い主さんからすると身動きが取れず足がしびれたりつらいこともあるかもしれませんが、猫からすると「暖めてくれている」「大切なものを守っている」という優しさである可能性もあるでしょう。

またあるときには背中に乗ってフミフミと前足を器用に動かして「マッサージ」をしてくれると、疲れも吹っ飛びますね。

5.ゴロにゃんこをする

仰向けで寝る猫】

猫を飼っていると様々な姿を見ることができます。その中でも大好きな相手にしか見せてくれないと言われる「ゴロにゃんこ」。

お腹を見せて寝ている姿は大変可愛らしく、優しさかは分かりませんが見ているだけで飼い主さんを「癒やす」力があるでしょう。

猫はお腹を敵に狙われてしまうと命に関わるので普段あまり見せないのですが、そのようなところを無防備に見せてくれるということは飼い主さんのことが大好きな証です。そんな姿は見ているだけで元気になりますね。

まとめ

愛

猫は一緒にいるだけで人間にはないような「癒やしの力」があります。普段のありふれた行動でも、猫からすると「飼い主さんへの優しさ」なのかもしれません。

なかなか気が付くことはできませんが、愛猫のいつもの行動を猫視点で考えてみると何か優しさを感じ取ることができるかもしれませんね。