猫が気持ちい〜と感じた時にする5つの仕草

猫が気持ちい〜と感じた時にする5つの仕草

猫が気持ちい〜ところと、気持ちよくないところを知ってスキンシップをとるようにしましょう。猫が気持ちい〜と感じているとわかる仕草を紹介します。気持ちよくない!と感じている仕草も紹介しています。

1943view

猫の気持ちいい仕草

1.喉を鳴らす

顎を撫でられて気持ちよさそうなグレーの猫

猫が気持ちい〜と感じたら、のどをゴロゴロとさせます。猫は喉や顎の首付近を触ると、とても気持ちがいいようです。ゴロゴロと音がして、次第に顔がリラックス状態に緩んできます。

2.尻尾をあげる

尻尾を立てる猫

猫が気持ちい〜と感じたら、尻尾をピンっと立てます。猫は、背中からお尻にかけて触られると喜びます。特に尻尾の付け根を撫でてあげると、尻尾で反応してくれます。尻尾付近は、猫の一番敏感な場所と言われています。

3.頭をすりすりする

頭を撫でられて眠る猫の顔

猫が気持ちい〜と感じたら、頭をすりすりしたり、ぶつけてきたりします。時には、硬い物に頭をぶつけている仕草を見せることもあります。猫の額、鼻、頬、目の上などをマッサージしてあげると気持ちいいようです。

4.寝ころぶ

寝転ぶ猫

猫が気持ちい〜と感じたら、横にごろんと寝転がります。撫でてほしいアピールで、ポーズをとります。猫にブラッシングをしているときに、優しく毛並みに沿ってしてあげると、「次はこっち側」と反対を向いてくる仕草を見せます。

5.ヘソ天

ミミ

ミミ / ♀ / キジシロ / 2kg

猫が気持ちい〜と感じたら、お腹をだす仕草を見せます。猫がお腹を見せるのは、特定の人だけで、「心を許せる相手にだけ」と言われています。お腹を出してクネクネしたポーズは、もっと撫でてほしい、甘えたいと言う気持ちからくるようです。

猫が気持ちい〜と感じたら

気持ちよさそうに眠る女性と猫

しつこく触らない

猫が気持ちい〜とのどをゴロゴロ鳴らしたり、お腹をだしてきたりしたら、撫でてあげると喜びますが、あまりしつこく触ると嫌がることがあります。

猫が気持ちいいとアピールしていても、満足すれば何処かへ行ってしまうときもあります。しつこく撫でていたら、噛まれたり引っ掻かれてしまったりする場合もあるので、ほどほどが良いと思います。

静かにしてあげる

猫は気持ちが良くて、全身でリラックスしています。日常の些細なことでも、緊張や警戒して体が凝っていることもあります。

気持ちい〜と感じる場所をマッサージしながらリラックスさせてあげてください。そのときに、大きな声や音が出ないように気をつけてあげましょう。

毛並みに沿って優しく

猫を撫でるときは、力を抜いて優しく毛並みに沿って撫でてあげます。力強くしたり毛並みに逆らったりして撫でても、気持ちよくありません。また、ゆっくりと触ってあげるようにしましょう。

猫が気持ちよくないときの仕草

人の手を掴んで噛み付く猫

触ると噛んだり、蹴ってくる

猫が触られたくない場所を触ると、抵抗して噛んだり猫キックしたりしてくることがあります。猫の急所である、お腹や足や尻尾を触ると嫌がるのです。

猫の気持ちいいと思う場所は、それぞれ違うので「辞めて」と噛んできたり猫キックされたりしたら、気持ちよくない場所だと言うことです。

触ると尻尾で合図

猫は、尻尾でも気持ちを伝えてきます。尻尾をバタバタと叩きつけたり、大きく上下に揺らしたりしていたら、不快だと言うことです。それ以上触ると、「にゃー」と鳴きながら噛んでくることもあるので、辞めてあげましょう。

耳が後ろに向く

猫の機嫌が悪いと、耳が後ろに向けてイカ耳になります。呼びかけても、耳を伏せてシカトします。この状態のときは、猫を撫でても気持ちよくないと言うことがあります。

まとめ

猫が気持ちい〜と感じたら、必ず催促したり、アピールしたりしてきます。喉をゴロゴロと鳴らすのも、気持ちいいと、もっと撫でてほしいときの要求もあります。

猫が気持ちい〜と感じたら、目をつぶったり、膝に乗ってきたり、お腹をだしてきたりと甘えてくる仕草を見せます。猫が気持ちい〜と感じている場合は、撫で方に気をつけてスキンシップをとってあげたいですね。

スポンサーリンク