けりぐるみを手作りで!猫がいっぱい遊べるぬいぐるみを作ってみよう!

けりぐるみを手作りで!猫がいっぱい遊べるぬいぐるみを作ってみよう!

愛猫のためにお店で入手した蹴りぐるみやぬいぐるみ。丈夫そうなものを選んで与えても、お気に入りはすぐにボロボロになってしまいます。少しでも長く遊んでもらえるぬいぐるみがあったなら・・・そんな思いで作ってみました。

1289view

猫に破壊されない蹴りぐるみを手作りしよう

今回手作りした物は、丈夫な布で作った、暴れん坊の猫が思いっきり噛んだり蹴ったりしてもOKなぬいぐるみです。うちの子はとっても野性的で(汗)、市販のものを与えると間もなく壊してしまい、困っていました。そこで、丈夫な生地を探して手作りしようと思いました。

手作りけりぐるみの材料

  • 縫い針
  • まち針
  • 縫い糸
  • 布切りハサミ
  • 握りばさみ
  • 型紙(市販の本からでも良いですが、私は自分で考案し作りました)
  • 帆布(色は白か生成りで、きめはあまり荒くなく中ぐらいの物が良いかと思います)
  • 目と鼻のパーツ(手芸品店か\100ショップで入手可能です)
  • 手芸用の綿

猫のけりぐるみを手作りしていこう!

①布に型紙をあててパーツを切り取ります。
   頭頂部、側頭部   各1枚
   胴 体        2枚
    耳         4枚

作業工程1

②耳を縫い、裏返します。

作業工程2

③頭頂部に耳を縫いつけます。

作業工程3

④頭頂部と側頭部を縫い合わせます。

作業工程4

⑤胴体を縫います。

作業工程5

⑥カーブ部分にハサミで切れ込みを入れて裏返します。これは、裏返したときに縫い目が突っ張らないようにするためです。

作業工程6

⑦目と鼻を縫いつけます。

作業工程7

⑧綿を詰めます。

作業工程8

⑨胴体と頭を縫い合わせて完成です!

完成したもの

愛猫にぬいぐるみを使ってみた!(ネコの反応)

ミシンではなく手縫いで作ったため私の手のにおいを感じたのか、すぐにぬいぐるみに寄っていきました。

クンクンにおいを嗅いで確認していたと思ったら、ガシガシ噛んだり蹴ったり、お気に入りの場所までくわえて運んだりして遊んでいました。

よほど気に入ったらしく、与えてわずか1時間ほどで噛みあと&爪あとでいっぱいになりました!

まとめ

手縫いなので根気が必要でした。出来上がったら肩がコリコリで・・・ですが、愛猫が喜んで遊ぶ姿を見ると、やっぱりDIYしてよかったなぁと思います。

スポンサーリンク