猫が飼い主の服の上で寝るのはどうして?9つの気持ち

猫が飼い主の服の上で寝るのはどうして?9つの気持ち

寝床で寝ないで、飼い主の服の上で寝るのは何か理由があるのでしょうか?これって嫌がらせ?と思っている人もいるかも知れません。実は、これは嫌がらせではなく、色々な気持ちが隠されているようです。猫が服の上を愛してしまう気持ちを紹介してみましょう。

2624view

猫が飼い主の服の上に魅力を感じる心理

どうして猫は、わざわざ服の上で寝るのでしょうか?飼い主さんの服の上にどんな魅力があるのか、猫の気持ちを見ていきましょう!

1 ふかふかで最高!

日光浴をする猫

洗いたての洗濯された服の上で寝てしまう猫。寝てしまう気持ちは、服がふかふかで気持ち良いから仕方ないのでしょう。服からお日様のにおいがして、猫は最高に至福を感じているようです。こうして、日々のストレスを解消していると言う場合もあるのでしょう。

2 包み込まれてリラックス

袖に隠れる猫

冬着は、柔らかい素材やふわふわの素材が多いので、猫も寝床にしやすいようです。服に埋もれて寝たり、包まれて寝ると落ち着くのでしょう。服に包み込まれてリラックスモード全開です。包み込まれると落ち着くのは、猫が母猫に包み込まれて寝ていたのを思い出しているのでしょう。

3 温もりが心地よい

ブランケットの上で寝る猫

飼い主さんの温もりがある服も人気です。猫が「ちょっと寒いにゃー」「ここ暖かいにゃー」と猫が寒さを感じていると、温もりの残った服の上に行きます。心地良さそうに寝ていると、服を返してとは言えませんね。

4 知ってる匂いに安心感

女性と猫

飼い主さんの匂いに安心しているようです。飼い主さんの持ち物は、猫の知っている匂いでなければいけません。飼い主さんの服には、猫の知っている匂いがしたのでしょう。

猫が服の上で寝るのは、猫からOKサインがでた証と言う事なのでしょう。飼い主さんの匂いは、猫の精神状態を安定させる重要な役割があるようです。

5 飼い主を愛している

飼い主の膝の上で寝る猫

純粋に、飼い主さんへの愛情表現なのでしょう。飼い主さんが好きで仕方ないので、服の上で眠りたくなるのです。猫は、好き嫌いがはっきりわかる行動を示すところがあります。

つまり、嫌いな人には近づかない事から、服の上には乗らないでしょう。愛情表現を受け取ったあなたはおめでとうございます!

6 寝床がなかっただけ

ベッドの上に居る猫

寝床がなくなっていたり、寝床が変わってしまったなどの理由から「ここでいっか」と寝床にしたようです。意外とクールな理由もあるようです。寝床に最適になったら、お気に入りの場所になってしまう事もあるでしょう。

7 内心は寂しかった

舌を出して寝る猫

猫ってツンデレだと思いませんか?飼い主さんの優しさで、タオルや毛布をかけるとその場から離れたり、迷惑そうにされたりします。

なのに、飼い主さんの服の上でちゃっかり寝ているのはどうしてなのでしょう。でも、飼い主さんの服の上で安心したいという、寂しい気持ちがあったようですね。

8 浮気出来ないように

女性と猫

猫が飼い主さんの服の上で寝るのは、匂いをつけるためです。飼い主さんがほかの猫に浮気しないように、匂いをつけているのでしょう。裏を返せば「自分のモノに手を出すなよ」というアピールです。匂いを付けて他の猫から飼い主を守らなければ!と思う程、愛猫から愛されているという証でもあるのかも!?

9 一緒にいる気分

猫を抱っこする男性

帰宅すると、猫が寝ている場所がいつも飼い主さんの服の上、という方も多いのではないでしょうか?猫は離れていても、いつも一緒にいる気分を味わっているのでしょう。

飼い主さんが出かけてしまうと、とことこと歩いて服の上に行きます。そこで寝ていると、寂しくても一緒にいると思えるのでしょう。

まとめ

デニムの中で寝る猫

ぺしゃん太 / ♂ / 2歳 / チンチラペルシャ / 4kg

猫が飼い主の服の上で寝る気持ちは、安心感、寂しさ、愛情と言うのが、おわかり頂けたと思います。服には、飼い主さんの匂いがついています。匂いは猫にとって、生活する上で重要な道しるべになります。

猫に自分の匂いのついたものを用意すると安心するのは、それだけ匂いが大切だからと言えますね。猫が飼い主さんの服の上で寝る時に、汚されたくない服や破損されると困る服は、しっかり片付けておきましょう。

猫にお気に入りの服がある場合は、猫専用にしてあげるといいですね。