女性に救いを求めてきた子猫には、それなりの理由があった・・・

女性に救いを求めてきた子猫には、それなりの理由があった・・・

救いを求めてやってきた子猫には、足に問題がありました。女性は、その子猫を助けようと思いました。

3898view

障がいを持った子猫

子猫

6月、女性の裏庭に子猫が迷い込んできました。

保護

女性は、子猫を家の中に入れてお世話をしようと思いました。

女性は、子猫を”スクーター”と命名しました。

問題

子猫の前足は変形していました。

さらに目は感染症に侵されていました。

人懐っこい子猫

スクーターはとても人懐っこい子猫で、おもちゃで遊ぶことを好みました。

検査

スクーターは、血液検査、レントゲン撮影をしました。

スクーターは、検査中も獣医師やスタッフにじゃれついて遊んでいました。

障がい

スクーターの前足は、靭帯が短い、あるいは締め付けていることでこのような障がいを起こしていると思われます。

理学療法

治療として理学療法が考えられています。

一時預かり

スクーターは、生後約7週間、小さめの体ですが、彼は一預かりさんの元で元気で暮らしていました。

最後に

ついにスクーターに、里親様が決まったそうです!

スポンサーリンク