凍死寸前!極寒のロシアの道端で凍えていた子猫

凍死寸前!極寒のロシアの道端で凍えていた子猫

ロシアの冬はとても子猫が外で生き延びれるような寒さではありません。そんな状況下で子猫が今にも凍死しそうな状態でうずくまっていました。行き交う車はその小さな姿に気が付きませんでした。たった一人を除いては…

3057view

運命の出会い

道路で

ロシア在住の男性は、運転中に道路際で何かを目にしました…

動物

男性は、それが動物で、この天候では凍えてしまうだろうと感じました。

誰にも気づかれない子猫

車は何台も通り過ぎていきました。

でも、誰もそこに子猫が凍えそうになっていることに気が付きませんでした。

気が付いたのは、ただ一人、その男性だけだったのです。

保護

外はとても寒かったです。

男性は、子猫をタオルでくるみ、後部座席に乗せました。

彼は子猫を家に連れて帰り、温めました。

ニカ

子猫は”ニカ”と命名されました。

ニカの尻尾は凍傷にかかって、動物病院で切断するしかありませんでした。

理解

「彼女は私たちが彼女を助けようとしていることはわかっていました。
彼女は辛抱強く、文句も言わず、いつも愛らしかったです。」と彼は語りました。

最後に

ニカはとても幸運な猫となりました。

ニカを助けてくれた命の恩人は、ニカのことをとても大切にし、愛し、ずっと一緒に暮らしています。

ニカと男性があの日、出会えたことは互いにとっての幸運だったと思います。

スポンサーリンク