先住猫とも仲良しに♡一人ぼっちで彷徨っていた子猫を保護

先住猫とも仲良しに♡一人ぼっちで彷徨っていた子猫を保護

小さなノラ猫に出会いました。見るからに病気持ちの猫は、両鼻からは青い鼻水、片目は瞬膜が癒着し塞がっていました。このままにしていたら死ぬんじゃないか。悩みながらも猫を保護する事にしました。

2462view

鼻水と涙が出ている子猫との出会い

病気持ちの猫

1匹の猫と出会いました。多くの猫好きさんと同様に、私も猫を見ると、とりあえず近寄って声をかけます。その猫は子猫のように小さく、両方の鼻からは青い鼻水を垂らし、片目は瞬膜が出たまま戻らず癒着し目が塞がっていました。猫を見た瞬間、病気持ちの猫だと思いました。

人懐こい猫

出会った時の猫

その日はとても寒い日で、猫は体を小刻みに震わせていました。しゃがんで近寄ると、猫は私の足元に近づきスカートの中に潜り込み、少しでも寒さをしのごうとしていました。撫でてもされるがままで、人馴れしている感じがしました。

ノラ猫に命を預けられました

猫は、私の腕の中でゴロンと横になりました。この瞬間、猫に「命を預けられた」と思いました。この時に、飼猫になることは決まっていたんだと思います。

本当にノラ猫?面倒みている人はいる?

仔猫のように小さい体の猫だったので、近くに母猫がいるのかもしれません。人馴れ度合から、誰か面倒を見ている人がいるのではないかとも思いました。

初めて見る猫だったので、状況がまったく分かりません。猫を膝の上に乗せ、ベンチに座っていると、何人かの猫好きさんから声をかけられました。この猫の事をご存じか伺ってみましたが、どなたも状況はご存じありませんでした。

飼うべきか、飼わざるべきか

あきらかに病気持ちだったので、動物病院へ連れて行くことは決めていました。

ただ、そのあとどうするべきか、悩みました。うちには既に1匹の飼猫がいるので、ウィルス性の病気なら一緒に飼うのは不適格と思ったからです。

かといって、いったん症状が改善したあと、猫をまた同じ場所に戻すのもどうかと思いました。きっとまた同じ症状が出てくると思ったからです。

母猫がいるのか状況もつかめないままでしたので、夜にもう一度様子を見に行くことに決めました。なるべく風がよけられるような、植え込みの間に猫を入れて、その場を後にしました。

夜の再訪

植え込み場所で、「ねこちゃん」と声をかけると、猫は少ししてから出てきました。母猫らしき猫も見当たらなかったため、猫をタオルに包み、キャリーに入れ、自宅へ戻りました。猫はずっと大人しくてされるがままでした。

子猫をお家へ連れて帰ってから

隔離

段ボールにタオルやフリースを入れて、ペットボトルでゆたんぽを作り、猫を入れて、納戸のドアを閉めて完全隔離をしていました。元々いる猫と接触をさせないためです。また、隔離部屋に入り猫と接触したあとは、着替え、手洗いを徹底していました。飼猫に何の病気が移るか分からなかったからです。

保護した当初

動物病院

動物病院で、鼻水、目を見てもらいました。猫風邪はかなりひどく熱もありました。瞬膜は癒着していて元には戻らないと言われました。血液検査では、エイズ・白血病は陰性でした。拾った時は仔猫にみえましたが、生後半年はゆうに経っているらしく、体重は1.6キロでした。虫下し、注射、ワクチン代、検査代、投薬代等。動物病院へは幾日も通ったので病院代金はかかりました。

瞬膜の癒着
片目は光を感じている程度

猫それぞれ性格が違っていて面白い

今までは1匹飼い。しかも飼猫が初めての猫だったので、猫の性格=飼猫しか知りませんでした。元々の飼猫は、甘えん坊、繊細、臆病、呼んでも気分が乗らないと来ない等、猫らしい性格です。

保護猫は、甘えん坊、大胆、勇気がある、呼ぶとすぐ来る等、犬みたいな性格です。猫もそれぞれ個性や性格があることが分かって、とても面白いです。

保護時に病気持ちだったため、保護をしてすぐに死んでしまったらどうしよう…。と思いました。そんな悲しみは嫌だったからです。でも、その後8年(今現在も)元気でいてくれています。

命を預けられて、その命が生命力を持って生きていてくれることに感動しています。何より可愛いです。一緒にいると自然と笑顔になれます。保護をして本当によかったと思います。

今は先住猫とも仲良くなりました

治療したのち、隔離を解きました。最初は、飼猫の方が保護猫を追いかけたり、パンチを繰り出していましたが、途中で形勢逆転したり。最初の方は仲が良さそうには見えませんでしたが、時間が経つにつれ徐々に折り合いをつけて、仲良くなりました。今では一緒に寝る程、仲良しです。

2匹は仲良し

まとめ

病気ではありましたが、人懐こく、可愛い子が何故、外に居たんだろうと不思議になります。性格も良くて、しぐさ・動作も何もかも可愛らしい猫です。

保護しようか、どうしようかと悩んでいましたが、命を預ける程、私を信頼してくれた猫に今では感謝しています。お陰で楽しい毎日を過ごせています。保護してよかったと、心から思います。うちに来てくれて感謝しかありません。命って素晴らしいなと日々感じています。