飼い主に激おこ!猫が怒る6つのシチュエーション

飼い主に激おこ!猫が怒る6つのシチュエーション

気まぐれ?気分屋?猫が急に怒ってしまう事がありませんか?知らず知らずに猫を、怒りに導いているのは飼い主さんだったのでしょう。飼い主さんに激おこになる猫のシチュエーションを紹介しましょう。

2992view

猫が怒ってしまったときのシチュエーション

怒って威嚇している猫

1 尻尾を踏まれる、挟まれる

猫の尻尾アップ

私もよく怒られてしまうのですが、猫の尻尾を知らずに踏んでしまったときです。聞いたことないような声で「痛いにゃ、もう!」と怒ります。わざと、飼い主のそばに来たり、挟まるような場所にいたりすることもありますので注意が必要です。

2 急に驚かされた

驚いた表情をする茶トラ猫

猫が怒ってしまうのは怖いと感じた時です。苦手な掃除機を出してきたり、大きな物音を立てたりしてしまうと「びっくりしたにゃ、もう!」と驚きと恐怖で怒ってしまうのでしょう。猫は怒っているような態度で威嚇をしていますが、内心は怖くて仕方ないのです。

3 しつこく触られた

触られて怒っている猫

飼い主さんに甘えて撫でられていたのに、突然気分が変わることがあります。

しつこい、気持ちよくないなど、猫の気分を不快にさせてしまったようです。猫がリラックスしていてもしつこく触ると嫌がってしまうのです。

「もういいにゃ」と伝えているのに、それでも飼い主さんがやめないと「しつこいにゃ!」と噛んだり引っ掻いたりされてしまうのです。

4 大きな声で叱られた

猫を抱いて大声を出す女性

猫は大きな音が嫌いです。飼い主さんに大きな声で怒鳴られたり、叱られたりすると猫も逆ギレしてしまうようです。「大きな声をだすにゃ!」「反省してるにゃ!」と怒って猫パンチをされることもあります。猫を叱るときは、大きな声で注意しても逆効果なようです。

5 環境が激変した

引っ越しの段ボールが積まれた部屋を歩く猫

猫がかなり怒っているなら、環境の変化からきているようです。引っ越し、模様替え、病院などもそうですが、一番は縄張りに侵入してきたことが原因のようです。

例えば、新しい家族を向かえたり、知らない人がいたりするなどでしょう。落ち着ける環境でなくなったのが、猫を怒らせているようです。それと同時に、飼い主さんとの距離が離れてしまったと思っているのでしょう。

6 体調が良くないとき

獣医師の診察を受ける猫

猫は体調が悪いときは一人になりたいようです。猫が怒ってしまうのは、体調が悪いのにつきまとわれることです。一人になろうとしていても、無理やり抱っこされて出されたり、ずっとスキンシップをとってきたりする飼い主さんに「ほっといてくれにゃ!」とイライラしてしまいます。

猫を怒らせないように出来る事

ソファーで気持ちよさそうに眠る猫

猫を移動させる

猫の尻尾を怪我させてしまう前に、作業中は猫を別の部屋にするか、近づけないようにしましょう。特に、作業中は猫に目が届かなくなりやすいので知らずに踏んでしまうことが多いです。猫に怒られる前に猫を離しておきましょう。

猫に一声かけよう

あまり意味がないようですが、念のために一声かけてあげましょう。私は「掃除機始めるよ」と言ってから始めるようにしています。猫が寝ているときや、リラックスしているときは大きな音を出さないように心がけましょう。猫も掃除のたびに驚きますが、ふざけて猫に向けない限り次第に慣れていく方が多いでしょう。

気分が変わる前に撤収する

猫は気分がころころ変わると言うこともあり、触るのは短めにしておきましょう。しつこく触っても、最後は怒られてしまいます。猫の気分が変わる前に手を離して、猫の気分に合わせるのが良いのかも知れませんね。

大きな声にメリットはない

猫を怒らせてしまうのは、大きな声や音です。猫が一番嫌いなものと言っても良いでしょう。猫を怒らせたくないなら、大きな声で叱ったり、大きな音で驚かせたりしないようにしましょう。猫が怒る=嫌いな人になってしまいますので気をつけましょう。

猫の異変にいち早く気付こう

体調が悪いときに、しつこくされると誰でも迷惑に感じますよね。猫は体調が悪いからと言って「しんどい」とは話せません。猫は体調を悟られないようにする所があるので、異変に気付くことが大切です。一人になりたがる、隠れるなどの行動は飼い主さんへのSOSかも知れません。体調の変化に、いち早く異変を感じられるようにしましょう。

まとめ

キャットタワーで不機嫌そうな表情をする猫

飼い主に怒る猫のシチュエーションを紹介しました。猫は怖がりな性格なところから、すぐに怒ってしまうのでしょう。私もよく猫に怒られている気がします。可愛いとしつこく触ってしまったり、猫の気持ちと反対の行動をしてしまったりすると怒ってしまいます。猫を怒らせないように注意していきたいですね。