よかれと思って猫が飼い主にしている7つの事

よかれと思って猫が飼い主にしている7つの事

そっけないと思われがちな猫ですが、実は飼い主さんのためを思って、いろいろしてくれる事も多いのです。その気持ちは嬉しいけれど、でも、ちょっと迷惑…という場合もあるのですが…。猫がよかれと思ってしてくれるけど、飼い主さん的には困ってしまう、そんな事を集めてみました。

9062view

よかれと思って猫が飼い主にしてくれる事

手を合わせる猫

猫がよかれと思って飼い主にしてくれる、正直ちょっと迷惑なことには、どんなことがあるでしょうか?

1 獲物をプレゼントしてくれる

ネズミを見る猫

猫はよかれと思ってしてくれるけど迷惑な事、第1位は「獲物をプレゼントしてくれる」です。ネズミや虫などの死骸を、飼い主さんに誇らしげに持ってきてくれることに困る飼い主さんはたくさんいます。

猫にしたら狩りのできない飼い主さんを不憫に思い、代わりに捕ってきてくれているようです。そのうち狩りの仕方も教えてくれるかもしれません。かなり対応に困る、猫がしてくれる事です。

2 甘噛み

甘噛みをする子猫

猫の甘噛みは愛情表現の一つでもあります。可愛いのですが、甘噛みでも痛い時がありますよね?痛いと感じた時は素直に、「痛い!」と猫に伝えてみましょう。

言葉の意味は分からなくても、猫は「嫌なんだな」という事は分かります。しっかりとアピールして、甘噛みしないようにして貰いましょう。

3 粗相

布団の上の猫

飼い主さんがいないと寂しくなって、粗相をすることがあります。
猫は粗相をする事は悪いことだとは思っていません。むしろ寂しい事を伝えなきゃ、と思っているかも。

また、何か不満がある時の抗議の場合もあります。いずれにせよ、猫の強い気持ちの表れですので、何を訴えているのか考えてあげましょう。猫が粗相をする場所No.1は飼い主さんの布団だそうです。

4 上に乗る

人の上で寝る猫

猫が飼い主さんの体の上に乗ってくるのは、「家族」だと思っていることが多いです。
子猫の時、猫は積み重なるようにして兄弟猫たちと寝ていました。その事が記憶にあり、家族だと思っている飼い主さんの上にドスンと乗ってくるのです。

暖をとっているのもありますが、親しい間柄でなければしない行動です。でも上に乗られる飼い主さんにしてみると、嬉しさ半分、迷惑半分ではないでしょうか?

5 ザラザラな舌で愛情表現

舐める猫

猫が一生懸命、飼い主さんをグルーミングしてくれる事はありませんか?親しい猫同士、グルーミングし合う事がありますが、飼い主さんも舐めてくれるのは仲間だと思ってくれている証拠です。一説には味見をしているという説もありますが…。

猫の舌はザラザラしているので、力を入れて舐められると、とても痛いです。愛猫がグルーミングをしてくれるのは嬉しいけれど、その痛さに耐えきれないことも多いでしょう。

6 朝起こしてくれる

猫の手のアップ

猫には人よりもはるかに優れた体内時計が備わっており、毎日決まった時間に起きて、飼い主さんを起こしてくれる猫がいます。周囲から聞こえる音などでも時間が分かるそうです。

仕事に行く時は助かるけど、休日はもうちょっと寝かせておいて…と困る飼い主さんも。
さすがの猫も飼い主さんがいつ休みなのかまでは把握しきれないでしょうから、諦めるしかありませんね。

7 「ついておいで」って言ってくる

振り返るタヌキのような猫

飼い主さんを守ってあげないと、と思っているような親心溢れる猫の場合、「ついておいで」とまるで子猫に接するように言ってくることがあります。歩いたと思ったら立ち止まり、後ろを振り返って付いてきているか確認するのです。

野良猫でもこのような猫がいるようです。興味本意で付いていったら、思いがけない場所に案内された人、多数です。時間がある時は良いですが、忙しい時はちょっと困りますね。

まとめ

子供に抱っこされる子猫

猫は意外と飼い主さん思いなのかもしれません。猫なりに愛情を表現してくれています。
でも違う種族ですから、その表現方法が異なるのは仕方ありません。

飼い主さんが困ることでも、猫がそれをしてくれた気持ちを考えて接してあげてください。
エスカレートしても困るので、時にはガン無視対応も必要です。