猫を飼うとどんな事が大変?飼い主のお悩みあるある7選

猫を飼うとどんな事が大変?飼い主のお悩みあるある7選

猫を飼うとどんな事が大変になるのでしょうか?猫を飼おうか迷ってる人は是非読んで見てください。飼い主になるとこんな悩みもあると言うのがわかると思います。

1999view

1 物を出しっぱなしにできない

コンセントの上に乗る猫

猫を飼うと大変だと思うのは、物を出しっぱなしにすると大変危険になると言うことです。猫は色んな物に興味を持ち、遊んだり、食べたり、噛んでしまうのです。

例えば、ゴムやボタンなどの小物、コンセントや紐などの配線類、食べ物の食べ残しやラップなどを出しておくと、大変なことになりかねません。猫を飼うと部屋が整理整頓されて、綺麗になったと言う人が多くなると思います。

2 猫語がわからない

鳴いて何かを訴える猫

猫がずっと鳴いて、何かを訴えてくることがあります。しつこく鳴いてきたり、顔を見て鳴いてきたりするのですが、要求に困ることがあります。

撫でてあげても、ご飯をあげても鳴きやまないときは、理解に苦しみます。猫を飼うと、猫の感情を読み取っていかなければいけません。猫が鳴くのは、何かの要求が多いようです。

3 長時間の外出

窓の外を見つめる猫の後ろ姿

猫だけでなく、ペットを飼うと家を空けにくくなります。旅行はもちろん、長時間の外出も猫が気になったりして楽しめなかったりします。

ご飯やトイレの心配や、大人しくしているなどと気掛かりになってしまいます。猫を飼うと、家にいることが多くなった人も多くいるかと思います。今は、ペットホテルが充実していて安心して預けられるようです。

4 壁や家具での爪とぎ

ソファーで爪研ぎをする猫

猫を飼うと、壁や家具で爪とぎをされるのが大変になります。賃貸物件の人は特に、頭を抱えてしまうことでしょう。猫は爪とぎ場所で爪とぎをしますが、最初にしつけないと壁や家具で爪とぎをしてしまいます。

また、猫は爪を研ぐ習性があるので、しつけをしても気分の感情で、家具などで爪とぎしてしまうのです。猫を飼うときには、爪をとがれてもいいように爪とぎ対策をしておかないといけません。

5 夜になると騒ぎだす

夜になって獲物を狙う猫

猫は夜になると、元気になってしまうので大変です。昼間にエネルギーを貯めておいた分、元気も回復してバタバタとお祭り騒ぎになります。

飼い主は、近所からの苦情やトラブルにならないかと心配になるのです。猫が夜に騒ぐのは、本能なので仕方ないのですが、できれば昼間に運動させておくと、夜に暴れなくなると言えます。

6 相手をしないと怒る

部屋の隅からこちらを見る猫

猫を飼うと、相手をしないと怒ってしまうことがあります。猫は放ったらかしでも大丈夫と思って、飼う人も多いようですがそんなことはありません。

猫もちゃんと構ってあげないと拗ねて怒ってしまうのです。猫を飼うと、猫の意外な一面がたくさん知れて、ハマってしまう人も多いのではないでしょうか。

7 お別れのとき

猫の形をした雲

ペットを飼うと、お別れのときが必ずやってきます。あまり考えたくないのですが、最後まで責任と覚悟を持って飼わないといけません。猫を飼う前に、そう言うことも考えてから飼わないといけないということです。猫との生活で、たくさんいい思い出を残して愛猫に幸せな猫生だったと思ってもらえるようにしたいですね。

まとめ

本を読む飼い主の膝で眠る猫

猫を飼うと大変なことは、意外にあるということです。ペットを飼うときに、犬と猫とどっちがいい?と問われて、猫は散歩がないから楽と言う理由が多く、忙しい人には飼いやすいと言われることもあるようです。

猫を飼ってから気づくこともたくさんあると思います。猫にも性格があり、感情もあるので、寂しかったり喜んだりする生き物なので、飼い主さんは猫の感情をくみとってあげられるよう日々精進が必要です。猫にとって素晴らしい日々を過ごしてもらえるようにしたいですね。