猫が心配しちゃう飼い主の行動7選

猫が心配しちゃう飼い主の行動7選

飼い主が猫の事を心配するように、猫が飼い主の事を心配してくれる場合があります。特に、飼い主には普通でも、猫にとったら非常識この上ない行動に、居ても立っても居られないほど、心配しているかも?どんな飼い主の行動に心配しているのか、チェックして行きましょう!

3474view

猫は飼い主のこんな行動を心配している

こちらを見つめる子猫の顔アップ

飼い主がこんな行動を取ると、猫は心配でハラハラドキドキです!

1.お風呂に入る

湯船に浸かる女性と様子を見る猫

飼い主が毎日入る、お風呂。お風呂は猫にとって、体が水に濡れて命に関わるとも言える、危険地帯です。ですから、飼い主が自分からお風呂に入っていくのに、大変な驚きと心配を感じているのです。

とはいえ、お風呂の中がどうなっているのかパトロールしたいという気持ちもあり、飼い主が入るお風呂に一緒に入って様子を探ります。または、脱衣所でじっと飼い主が出てくるのを待っています。

筆者宅の猫は脱衣所で待っているタイプです。はじめの頃は湯船に浸かっているときに音がしなくなるので心配になるようで、「にゃ〜」と声をかけてくれていました。多少慣れてからは大人しく待っているようになりましたが、それでも心配そうにしています。

お風呂から出ると安心したように、脱衣所から出て行きます。面白いですね!

2.寝込む

ベッドで猫を抱きしめて眠る女性

飼い主の具合が悪く、寝込むと心配します。寝ている飼い主の側に寄り添う猫、様子を伺う猫、様々です。そんなときはゴロゴロも言わずに、じっと静かに看病してくれることも。猫なりに心配してくれているのでしょう。

いやまさか、弱った飼い主を襲おうとは思っていませんよね?きっと違うとは思いますが、一応猫に狙われていないか、気をつけた方が良いかもしれません。スキを見せたら、襲いかかってきたりして…。

3.歌う

ギターの横に座る黒猫

大きな声で飼い主が歌っていると、心配と言うか、怒り出す場合があります。飼い主の歌声が、威嚇の声に聞こえてしまうようなのです。いつもと違う、聞いたことのない大声に不安と心配を感じて思わず攻撃に走ってしまうことも。

一方で、飼い主の歌声が好きで、近くで聴き惚れる猫もいます。うっとりと聴いてもらえたら、嬉しいですね!

4.泣く

飼い主に抱かれて悲しい顔をする子猫

涙を流して泣く飼い主を、心配してくれる場合もあります。「大丈夫?」とでも言うかのように側にいて、時には涙をペロッとしてくれるようです。

でも、猫が涙を舐めるのは、アニメのように癒し系のイケメンや美女が慰めてくれるイメージではなく、ただ単に流れてる水を舐めているだけ、の場合もあるようです。悲しんでいる飼い主の側により、ペロッと涙を舐めてくれる猫。

これだけ聞くとさも猫が慰めてくれているかのようですが、実際そんな美しいものではない場合も考えられるのです。

興ざめしてしまうような事実ですが、猫の行動の受け取り方は飼い主それぞれ。悲しみに沈んでいるときは、勘違いでも何でも猫が心配して慰めてくれている、と思って良いのではないでしょうか?

5.妊娠してる

ソファーでくつろぐ妊婦さんと猫

飼い主がめでたく妊娠したとき心配してくれるケースもあるようです。

猫が妊娠を把握しているかどうかは分かりませんが、それまで飼い主のお腹付近には近づかなかったのに、突然側に寄るようになったと言う実話があるそうです。「赤ちゃんいるよ!」と教えてくれたのかもしれませんね。

6.狩り全くしない

眠る女性の枕元でくつろぐ猫

飼い主が狩りをしているところを見たことがないので、心配をしてくれることも。確かに猫からすると、「ちゃんとご飯食べてるのかにゃ?」と思うのかもしれませんね。

心配のあまり、猫自ら獲ってきた獲物を捧げてくれる場合も。朝起きたら枕元に獲物が置いてあって、発狂しそうになった飼い主は少なくありません。

7.家の外に出る

玄関の扉の前に座る猫

家の中で暮らす猫にとって、家の外は縄張り外。縄張りの外は未知の世界なので、そこへ毎日のように出かけていく飼い主を非常に心配しています。

猫が外出する飼い主を見送りにくるのは、「いってらっしゃい」の意味ではなく、「お外はあぶにゃいよ」と言いたいのだと言います。飼い主をまるで自分の子供のように、心配してくれているのでしょう。

まとめ

立ち上がってこちらを見つめる猫

こう見ていくと、猫は意外と心配症なのかもしれませんね。なるべく心配かけないようにしたいですが、お風呂に入らないとか外出しないとかは、さすがに難しいですね。獲物を獲るくらいだったら、できなくもないかも!?