平成も残りあとわずか…愛猫とはどんな風に過ごす?

平成も残りあとわずか…愛猫とはどんな風に過ごす?

いよいよ平成最後の日ですね。様々なことをメディアなどでも「平成最後記念」をしていますが、猫と平成最後を一緒に過ごすとなれば、どのようなことをすると思い出に残すことができるでしょうか。今回は平成最後にできる愛猫との過ごし方についてご紹介させていただきます。

1374view

平成最後の日!猫と何をする?

平成

もうすぐ平成最後の日ですね。平成最後となれば家族や愛猫と思い出に残ることをしたいですが、具体的にはどのようなことをすれば良いのでしょうか。

ここでは、平成最後の日にできることについて、ご紹介させていただきます。

1.平成最後の写真を一緒に撮る

携帯電話で写真を猫の撮る

平成最後となれば、今まで新元号を迎えるという経験をしたことのない方も多くいらっしゃると思います。ウキウキワクワクですよね。

そんなときには、スマホなどのアプリを使って「平成最後と分かるフレーム」などを使って、猫や家族みんなで写真を撮影しましょう。「平成最後の日の日付」が入っているものや「平成最後の日」などと記載されているもので撮影すると思い出にも残るでしょう。

いつもの風景と撮るのも良いですが、平成最後らしく盛大に飾りつけるのもおすすめです。

2.手作りごはんをあげる

様々な食材

いつもは決まったキャットフードの方も平成最後だからこそ、記念として一緒のメニューでごはんを作って、猫と一緒に食べるのもおすすめです。

猫は人間の食材では中毒を起こしてしまうこともありますので、その辺りに細心の注意を払いながら、おいしいものを作ってあげましょう。味付けは基本的にはせず、自然の味で楽しませてあげるようにしてみてくださいね。

3.一緒にテレビを見てお祝いする

平成とかかれたもの

平成が終わるときと言えば新天皇即位として国民皆さんがお祝いをします。そのようなときには家族だけでなく、さらにお祝いムードを味わうためにも、猫と「一緒にテレビを見る」というのもおすすめです。

猫は人間の4~5倍もの聴力がありますので、時間帯や音量には十分に気をつけて見ると楽しむことができます。猫も動く映像に興味津々になり、夢中になってくれますよ。

4.これからの思いを一緒に願う

お祝い

平成の次は何の元号になるかも非常に楽しみで待ち遠しいですよね。これから「猫とどのように過ごしたいか」など、「次の元号ではどう暮らしていきたいか」ということを一緒にお願いするのもおすすめです。

「これからも健康に過ごせますように」、「愛猫が長生きしてくれますように」など、様々なことをお願いしてみましょう。

5.美味しいものを食べる

舌舐めずりをする猫

平成最後の日にはとっておきの1日を過ごすことができるように、「いつもよりも贅沢なもの」を一緒に食べるのも過ごし方の1つでしょう。例えば、いつもよりも贅沢なおやつをあげるのもおすすめです。

しかし食べさせすぎは肥満などの原因にもなってしまいますから、適正量を与えるようにをしてあげてくださいね。

6.平成最後のプレゼントをする

プレゼントをもらう猫

猫はボールやネズミ、猫じゃらしなどのおもちゃが大好きですよね。平成最後の日に猫に喜んでほしいのであれば、新しいおもちゃをプレゼントするのがおすすめです。

例えば、「猫が1匹でも遊べるような自動のおもちゃ」を買ってあげれば、夢中になってハマってくれますよ。疲れすぎには気をつけなくてはいけませんが、是非プレゼントしてみてくださいね。

7.平成の思い出を振り返りを手紙などにする

紙と猫

平成最後の日に平成についての思い出を振りかえることができるよう、ウォールステッカーや、折り紙などで飾り付けをして、手紙やアルバムなどを作り、猫と家族で盛大にお祝いするのもおすすめです。

8.ドレスアップする

おめかしする猫

猫と平成最後の思い出になるようにするためにもドレスアップを一緒にして写真撮影するのもおすすめです。

しかし、日頃から服を着ることに慣れていない猫ちゃんであればストレスになってしまうこともありますので、嫌がるときには無理をせず、スタイなどを簡単につけて写真撮影するのもおすすめです。

9.いつもどおりたくさんコミュニケーションをとる

顎を撫でられる猫

平成最後であっても、お仕事や学業などでバタバタしてしまう方は、なかなかお祝いをしたくてもする時間がないこともありますよね。

そのようなときにはいつも通りに、愛猫と大切な時間を過ごすということが、猫にとっては至福の時間になってくれるでしょう。優しく撫でてあげたり、スキンシップをとってあげて、信頼関係が深めることができるようにしてみてくださいね。

まとめ

猫にキスをする女性

もうすぐ平成最後の日を迎えます。もしできるのであれば、思い出に残るように猫と家族で写真撮影をしたり新元号になるに当たっての願いなどをお祈りするのがおすすめです。