2人の飼い主から捨てられた猫、その結果...

2人の飼い主から捨てられた猫、その結果...

ジャックは、2回も遺棄されるという不幸を味わいました。でも、その結果、彼を待ち受けていたものは...

4017view

2回も捨てられた猫

ジャックはただ誰かに愛してほしかっただけなんです。
でも、3歳の猫は、拒絶されてしまいました。

置き去り

2016年5月、ジャックが生後7か月の時でした。

彼の最初の飼い主は、引っ越しの時、彼を置き去りにしました。

救出

ミシガン・キャット・レスキューの創設者であるナンシーさんが、置き去りにされていたジャックの命を救ってくれました。

ナンシーさんは、ジャックが愛情深い猫であることを即座に気が付きました。

再び捨てられる

ジャックのケージを開けると、即座に彼は膝の上に乗ってきて、そのまま寝てしまったのです。

そんな人なつっこい性格にも関わらず、ジャックは2番目の飼主にも捨てられてしまいました。

慎重に

ジャックは、再びミシガン・キャット・レスキューに保護され、健康を取り戻さなければなりませんでした。

そして再び里親探しが行われました。

この度はとても慎重にそれが行われました。

お見合い

そしてとうとうその日がやってきました!

リズさんとご主人が、ジャックとお見合いを希望してくれました。

一目惚れ

リズさん夫婦は、ジャックに一目惚れしました。

ジャックはご主人の膝の上で甘えました。

里親

夫婦は、ジャックの里親になりました。

ジャックは改名されて『ジュゼッペ』となりました。

最後に

2回も飼主に裏切られ、捨てられたジャックは、最終的にジュゼッペとして、新しい家と家族と一緒に彼は幸せに暮らすことができることになりました。

立て続けに飼主から捨てられるという不幸が彼になければ、今の幸せと巡り合うことはなかったのです。

男性 匿名

愛を求めすぎると、最初は可愛いがってもらいやすいけど、時間が経つと疎ましく感じる人が多いもの。
猫も、自分の気が向かない時にニンゲンが愛を求めすぎると嫌って威嚇したり逃げ出したりします。

ざっくり言えば相性の問題だと思いますが、猫と飼い主の相性が悪い時に、簡単に引き取ってくれるような愛護団体が無いと解決しにくい問題だと思います。

最終的にと書かれていますが、まだ猫は生きているようですから、二度あることは三度あるに成らなければ良いですね。

スポンサーリンク