我が家のにゃんず御用達フードHAPPY CAT!安全なキャットフードの選び方も

我が家のにゃんず御用達フードHAPPY CAT!安全なキャットフードの選び方も

お店へ行けば沢山置いてあるキャットフード。しかし、うちのにゃんずもご多分に漏れず、元フード難民。様々な変遷を経てようやく落ち着いたフードの紹介と、世に出回ってる沢山のフードから、どのように安心して食べられる物を選べばいいのかを書いてみました。

1239view

キャットフードの選び方

#うちの猫が食べている姿#

世の中には国内国外問わずに、かなり粗悪な品も出回っています。そういった物を食べさせていると、便の臭いが強くなったり、毛艶が悪くなったり、腎臓病などの病気を引き起こしてしまいます。

こういった事態を回避するためのキャットフードの選び方を、まずはご紹介したいと思います。既に色々ご存じの方は、飛ばして下の方へスクロールして下さい。

しっかりとした原材料を使用していること

まず一番のポイントは、肉類・魚類などがきちんとした材料の物が使用されているか、ということです。「○○牧場で育てられた肉」とか「こういった育てられ方をした魚」などと書かれているとかなり安心です。

よく書かれている、「家禽ミール」「ミートミール」「肉の副産物」「○○ミール」といった物は要注意。粗悪で危険な「4Dミート」と呼ばれる物であると思っておいた方が良いです。

価格がやたらめったら安い物は、「何故こんなに安いのか」と安い理由を考えることです。「4Dミート」はとてもではないけれど普通に売ることの出来ない肉なので、嘘のように安い値段で売ることが出来るのです。

添加物を避ける

人間の食べ物にも使われている添加物、その中ですらかなり危険と言われている物が沢山あります。ましてや動物用となると、更に気を付けないと平気で危険な物が使われているのが現状ですので、しっかりチェックして頂きたいと思います。特に避けて欲しいのが以下の物です。

  • BHA(ブチルヒドロキシアニソール)
  • BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)
  • 没食子酸プロピル
  • エキトシキン

BHA、BHT、没食子酸プロピルは人間用にも使われていますが、発がん性を指摘されています。人間より体が小さくて、解毒能力の低い猫に毎日こういった添加物を摂らせる事に、筆者は強く抵抗を覚えます。

また、エキトシキンは人間用の食物添加物には使えないことになっています。詳しくは省きますが、この添加物は表示義務がありませんので、酸化防止剤として「ローズマリーエキス」や「ミックストコフェロール」などの天然由来で安全とされる物が使われている物を選ぶと良いでしょう。

合成着色料も良く使われていますが、人間でも発がん性やアレルゲンとして指摘されています。「赤○号」とか「青○号」といった物は避けることをお勧めします。添加物にはわざわざ栄養添加剤として入れられている物もありますが、筆者としては物によってはあまりお勧め出来ません。

例えば「硫酸銅」。学校でも劇物扱いのこの成分、人間では他に食す物のない乳幼児のミルクのみ使用を認められていますが、溶血や肝臓・腎臓の壊死が起こる可能性を示唆される様な危険なシロモノです。

銅は確かに体に必要な栄養素ではありますが、「硫酸銅」という形である必要はありません。以下に筆者が避けている物を記しておきます。

  • リン酸
  • 亜硫酸
  • 亜硝酸
  • ソルビン酸
  • 安息香酸

特にソルビン酸は危険性が高いので、是非避けて頂きたいと思います。

我が家のキャットフード変遷

では、上記を踏まえつつ我が家で食べさせてきたフードの中から代表的な物をご紹介したいと思います。

カナガン

  • 新鮮なイギリス産平飼いチキンを60%以上使用
  • 穀物不使用(グレインフリー)なので、高タンパク低炭水化物
  • 人工添加物不使用
  • ヒューマングレード
  • 野菜やハーブも配合されてヘルシー

 (特に個人的にはクランベリーが尿のph値を調整してくれるのでお勧め)
ただし、原材料のミネラル類の中に上記の「硫酸銅」などが入っており、当時は暫く食べさせていたものの、お腹を壊し気味なことがしばしばありました。

信頼出来るところでオーリングという体に合うかどうか分かる方法をテストしてもらったのですが、体に合わないという結果が出たので止めることにしました。最後の方は結構飽きられていたこともありましたので。

因みに、「カナガン」を扱っているレティシアンという会社さんの他のフード、「シンプリー」と「モグニャン」も食べさせていましたが、どちらも「硫酸銅」などが入っています。この中では「シンプリー」が一番ヘルシーな感じで、うちの猫の体には合っていました。どれも飽きてしまいましたが。

ザナベレ

  • ヒューマングレード
  • 自然飼育肉使用(人間用不適切肉4Dミート抗生物質ホルモン剤腐敗防止など化学薬品不使用)
  • 無農薬野菜穀物使用(人間用不適切作物腐敗防止加工した恐れのある物遺伝子組み換え作物等不使用)
  • 化学合成した塩味付け用の塩不添加
  • 吹き付け廃油加工フレーバーによる香りづけ無し
  • 化学合成した栄養素不必要な栄養添加無し
  • 酸化防止剤は天然のαトコフェロール使用
  • 加水分解タンパク質は、通常の塩酸ではなく酵素分解で作られたもの
  • 安心と名高いドイツ産

とにかく見つけた時には小躍りしました。ものすごいこだわりよう!気になる部分をしっかり押さえてくれてます。

我が家では、シリーズの中でも「アダルト+プラスチキングルテンフリーキャットフード」と「ヘア&スキン+グルテンフリーキャットフード」をあげてみました。初めの食いつきは良かったものの、やっぱり飽きてしまった・・・。何故だ。こんなに良い物なのに。筆者は膝を折りました。

ついに見つけた!我が家のフード♪ハッピーキャット

その名は「ハッピーキャット」というシリーズの「ビオ・ゲフルーゲル」。まずは、「ハッピーキャット」の特徴から挙げていきます。

#ハッピーキャットのアメニティ缶#
  • ヒューマングレード
  • 新鮮で健康的な動物性タンパクをふんだんに使用(各商品にチキンサーモンラムウサギなど)
  • 野菜、果物、免疫などを保つためのハーブ使用
  • ph、ヘアボールコントロール
  • デンタルケア
  • 原材料は可能な限り地元の契約農家の物を使用
  • 遺伝子組み換え作物、化学合成された着色料、香料、保存料不使用
  • 酸化防止剤は天然由来トコフェロール使用
  • 動物テスト行わず   
  • 安心のドイツ製

細かく挙げだしたらきりが無いのでこの辺りにしておきますが、このシリーズは子猫用や療法食も含めると15種類もの製品が用意されています。残念ながら、加水分解に関しては方法が分かりませんでしたが、それを差し引いても素晴らしい製品だと思います。

ビオ・ゲフルーゲル

#ビオ・ゲフルーゲル#

では、我が家で大人気のビオ・ゲフルーゲルをご紹介しましょう。

  • 最高級のオーガニックチキン使用
  • グルテンフリーの米、ポテト、りんごなどの厳選したナチュラル食材使用
  • 体の機能を整える各種ハーブやビタミン配合
  • 脂肪分控えめで消化しやすく、おなかの弱い愛猫にもお勧め
  • オメガ3、オメガ6脂肪酸配合
  • 排泄物の臭い軽減               などなど。

いつも封を開ける度に美味しそうな匂いが漂います。たまにちょっと飽きてきたかな、と思ったら他のフードを混ぜたり、浮気して他のフードをあげたりもしますが、やっぱりコレが一番!絶対にこのフードに帰ってきます。きっと美味しいんでしょうね。

ビオ・ゲフルーゲルの成分

原材料
オーガニックチキンミール **(23%)、米粉(22%)、ライスプロテイン(19.5%)、家禽脂、ポテトフレーク(5%)、加水分解レバー、セルロース*、ヒマワリ油、ビートファイバー*、塩化ナトリウム、アップルポマス*(0.5%)、サッカロマイセス・セレビシエ*、菜種油、塩化カリウム、海草*(0.2%)、亜麻仁(0.2%)、ユッカシジゲラ*(0.04%)、チコリの根(0.04%)、イースト抽出物*、ミルクシスル、アーティチョーク、タンポポ、ショウガ、カンバ葉、ネトル、カモミール、コリアンダー、ローズマリー、セージ、リコリス根、タイム (ハーブ:0.18%)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビオチン、Dパントテン酸カルシウム、ナイアシン、ビタミンB12、コリン、葉酸)ミネラル類(鉄、銅、亜鉛、マンガン、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)その他栄養素/kg(DLメチオニン、タウリン)、天然由来トコフェロール(酸化防止剤として)
**乾燥、一部加水分解、*乾燥

見てのとおり、かなり色々なハーブが入っています。因みに、我が家では解毒作用の強い「ミルクシスル」をフィラリア用の薬を打つ際に飲ませていますが、こちらにも入っていますね。様々な薬効が期待できそうです。

ビオ・ゲフルーゲルに切り替えてから

毛艶の良さを保っている

以前は「ミナスプロン」という猫用プロポリスによって毛並みの良さを保っていましたが、現在はそうそう飲ませていないのにとても艶々の毛並みです。恐らくこちらのフードを食べさせているお蔭だと思っています。

便の臭い軽減

2匹の内一匹は保護猫なのですが、家に来てから暫く様々なフードを試しています。その子が初め来た頃は本当に臭かったのなんのって。それから上記の様にフード難民で色々試しましたが、今が一番悪くない臭いだと思います。

毛玉をほぼ吐かない

ヘアボールコントロールに天然の食物繊維が配合されているのですが、そのお蔭なのか殆ど毛玉を吐くことがありません。猫が吐くのは当たり前とも言いますが、吐くという行為は体に負担のかかることでありますし、毛玉が溜まるのはあまり良いことではありません。今は自然に便と共に流れてくれている感じです。

お腹を壊さなくなった

上記の保護猫の方はよくお腹を壊していました。「カナガンで壊した」と上記で述べた子です。しかし、ビオ・ゲフルーゲルではそういったことはありません。HPに「オーガニックチキンは、脂肪分控えめで消化しやすく、おなかの弱い愛猫にも安心です。」とありますが、確かに実感しています。

HAPPY CAT センシティブ ビオ ゲフルーゲル (オーガニックチキン) グルテンフリー 全猫種 成猫用 (300g)
1,350円(税込)

ハッピーキャット スプリーム ジュニア

#スプリーム ジュニア#

我が家では、「ビオ・ゲフルーゲル」にプラスしてこちらの製品を混ぜています。何故なら、ちょっと太めくらいに育てたいからです。健康のためのダイエットが叫ばれる昨今ですが、ある程度の健康的な脂肪がある方が、何か病気にかかっても回復しやすいと筆者は考えています。

実際、にゃんずの内一匹はかなり小柄な子で、1歳前くらいの時に3kgちょっとあったのが大腸炎にかかってしまい、直ぐに体重が2kg代まで落ちて大慌てでした。

そのため、家の中で毎日暴れまくっている我が家の猫には、子猫用のこのキャットフードもちょっと足してあげています。何故なら子猫用は栄養価が高く作られているからです。

また、この「ハッピーキャット スプリーム ジュニア」の味が良いのか、混ぜてやると食いつきが良いのです。フードを混ぜることは飽きさせない一つの手でもあります。そういう訳で、体重管理の範囲内で混ぜてやっています。

HAPPY CAT スプリーム ジュニア 子猫用 全猫種 (300g)
1,026円(税込)

まとめ

#うちのにゃんず#

キャットフードは、おかしな物を選んでしまうと、様々な病気や不調の原因となってしまいます。購入する際にはしっかりと原材料などを確認することをお勧めします。

今回ご紹介したフードはそれなりのお値段がします。しかし、うちのにゃんずは健康的に毎日を暮らせており、病気が予防されるのであれば病院代が浮いているのだとも考えています。

また、幾ら高い物を選んでもその猫ちゃんの体質や口に合わない事もあります。ある程度の条件を満たす物で、自分の猫ちゃんの好きな物を探してあげて下さい。メーカーによっては、連絡すればサンプルを送ってくれることもありますよ。

そうはありませんが、ペットフードを扱っている小売店でも対応してくれることもあります。是非お試しください。