聴覚障がいの人生での良きパートナーは特別な猫だった...

聴覚障がいの人生での良きパートナーは特別な猫だった...

ポリダクティルキャットのスケッティは、聴覚障がいをもったオーナーの良きパートナーとして重要な役割を果たしていました。

2223view

特別な猫

スケッティ

スケッティは特別な猫です。

スケッティは、ポリダクティルキャット(多指症~1本の指が2本以上に分かれて形成される疾患)のメインクーンです。

この子は、オーナーのポールさんと一緒にいつも船に乗っています。

セーリング

ポールさんは、聴覚障がい者ですが、彼は問題なくセーリングの愛好家です。

彼は、スケッティが生後数か月の時に里親になりました。

それ以来、1人と1匹はいつも一緒にポールさんの愛船に乗っています。

意思の疎通

スケッティとポールさんの意思の疎通は完璧です。

ポールさんはスケッティが発するボディランゲージを理解するようになりました。

スケッティは、ポールさんに海上案内を視覚合図で報せています。

役割

スケッティは、様々な重要な役割を船上にてしています。

他の船が近づいてきたことも、彼はポールさんに報せます。

報せる

もし、誰かが訪ねてきたら、スケッティがポールさんを玄関まで連れて行きます。

もし、携帯にテキストメッセージが届いたら、スケッティが携帯に足を置いて報せます。

スケッティは、ポールさんに何か伝える時は、ポールさんの足にスケッティの足で合図します。

キャットフードが欲しい時も、そうやって報せています。

スケッティとポールさんはもう離れることはできません。

スケッティの報せがなければ、ポールさんはセーリングでの危険リスクが高まります。

最後に

犬はよくこのような役割を果たすことが知られていますが、それが猫でも可能なのです。

猫も、愛情を注げば特に訓練しなくても、人間の良きパートナーになれることがよくわかります。

スポンサーリンク

人気のキーワード