猫が座り込んで動かないのはなぜ?6つの心理や注意したい事

猫が座り込んで動かないのはなぜ?6つの心理や注意したい事

猫が座り込んで動かないのは、動けないのでしょうか?動かないのでしょうか?それでもまた、内容は変わってきます。猫が座り込んで動かないのはどんな心理があるのか注意点も含めて見てみましょう。

2332view

座り込んだ猫が動かない心理

香箱座りをするアメリカンショートヘア

1 寒さを感じている

猫は寒さに弱いので、寒いと感じたときはじっとしていることが多いです。動くと体温の熱が逃げるので、座り込んだまま動かずに体温調節をします。

2 体に痛みを感じている

動くとどこかに痛みを感じたり、痛みから動くことができなかったりする場合があります。猫が何らかの病気を引き起こしているのが原因で、座り込んで動かない可能性も考えられます。

3 動くのがめんどくさい

猫が肥満になると、歩いたり動いたりするのも面倒くさがったりしてしまうようです。
それに肥満になると、関節や骨も負傷しやすくなってしまいます。腰や足に負担がかかってしまう原因にもなります。

4 歩くのが困難

座り込んで動かないのは、動くのが困難な状態なのでしょう。手や足に力を入れたくない理由があるようです。ケガをしている、爪が刺さっている、肉球が痛いなどの理由があるのかも知れません。

5 危険を感じている

「寝ていられる状況じゃない!」と思ってしまったのでしょう。大きな音や、危険を感じる出来事があったようです。「安全が確認できるまでは、ここから見張っていよう」と言う心境なのでしょう。

6 怒っているから

どうやら、飼い主に怒っているようです。要求を叶えてくれない、構ってくれない、相手にしてくれないなどの気持ちから、座り込んで邪魔をしてきます。飼い主の行くところに座り込んだり、目の前に座り込んだりして動こうとしません。

猫が座り込んだままになってたら?

1 温度管理に注意

ブランケットを被って寄り添う二匹の猫

猫が快適に過ごせるように、猫のいる場所では温度管理に気をつけてあげましょう。

猫の体の毛がぼわっと逆だっているとき、震えているとき、体が固まっているときなどに座り込んでしまったら「寒い」と感じているのでしょう。

このようになってしまう前に、温度を快適に保っておきましょう。

2 病気にいち早く気付けるようにする

病院で獣医師の診察を受ける猫

猫が座り込んで動かないのは、病気と言う可能性があります。猫は痛みを隠してしまうので、病気が見つかるのが遅れてしまいます。

座り込んで動かない病気で考えられるのは、感染症、泌尿器系、尿毒症、肺気腫、心筋炎、貧血、骨粗しょう症などがあります。これらの病気から嘔吐や血尿などの症状がでて、猫の異変に気付くことが多いようです。

猫が動かなくなるのは、病気が悪化したり進行したりしている可能性が高く、見過ごせば命に関わることもあります。

日頃から飼い主さんが、猫の健康管理に注意しておかなければいけないのです。定期的に健康診断を受けるのは、大切なことと言えるでしょう。

3 食事、運動に注意

肥満気味な猫

猫が太ってしまうと、体にも負担がかかり健康とは言えません。糖尿病、椎間板ヘルニア、関節炎などの病気を、引き起こす原因になります。

飼い主さんが栄養管理、運動管理をしてあげないといけません。肥満になってからダイエットさせるよりは、肥満にならないように心がけるのが大切と言えるでしょう。

4 猫の仕草にヒントがある

手を舐めている白猫

猫が手や足を負傷していたら、そこをしきりに舐めて治そうとします。肉球が腫れている、骨折やヒビ、関節を痛めたなど気になる部分を気にする仕草をします。

飼い主の知らない間にケガをしていることもあると思います。猫の仕草や行動は密かにヒントになると言えるでしょう。爪切りのお手入れも、忘れないようにしましょう。

5 安心できる環境

すやすや眠る猫

猫が危険に感じている場合は安心させるようにしましょう。不安が続くと、精神的にストレスになってしまいます。そして、猫は安心できるまでは気を張りつめて過ごすことになります。

危険に思うものを隠す、廃除するなどで安心させてあげましょう。また、猫が危険を感じて隠れられる場所も用意しておきましょう。

6 甘やかし過ぎはダメ!

抱っこされる猫

猫が怒っている理由にもよりますが、飼い主が甘やかせば、どんどんわがままな性格になる場合もあります。要求すれば叶えてくれると思えば、しつこく要求したり、攻撃的になったりする場合もあります。

「ダメなものはダメ!」と教えるのが大切です。ただ、ふだんから猫とのスキンシップをしっかりとって、絆を深めておくのも大事です。

まとめ

飼い主に撫でられて嬉しそうな猫

猫が座り込んで動かない心理や注意を書きました。猫が座り込んで動かないときの、状況や心理から読みとってあげないといけません。

元気に歩き回っていたのに、突然動かないなどの状況だと異変に気づきやすいのですが、そもそもあまり動かない猫だと気づきにくいのかも知れません。

猫が座り込んで動かない注意点は、軽い内容もあれば病気などの重い内容もある、と言うことを頭にいれておかないといけませんね。