大好きな飼い主さんへ♡猫が見せる甘え方8選!

大好きな飼い主さんへ♡猫が見せる甘え方8選!

実は猫は甘えん坊で、飼い主さんに良く甘えます。飼い主さんは母猫のような存在で、飼い猫は中身が子猫のまま育つ傾向があるとも言われています。特に不妊去勢手術をしているその傾向が強いようですが、一体どんな甘え方をするのでしょう?

2720view

猫の甘え方~甘えん坊編~

青い人に抱っこされる猫

甘えん坊の猫が見せる甘え方、ご紹介します!

1.抱っこをせがむ

女性と猫

猫は抱っこ嫌いかと思いきや、実は抱っこを飼い主さんにせがむ猫は意外と多いのです。うるうるした目で前足を伸ばして「抱っこして!」と言うのです。

その可愛い様子は、ネット上で話題となることも。中には、飼い主さんが仕事に出かける前、30分は抱っこして貰わないと気が済まない猫もいるようです。

飼い主さんが家にいる時はいつも抱っこして貰い、ぐっすりと眠ってしまうのだとか。出かけるに出かけられない飼い主さん。

でも、それが幸せなのだそうです。

2.フミフミする

長毛種の猫を触る女性

飼い主さんに向かってフミフミする場合、母猫代わりと思われているでしょう。前足を交互にグーパーしてフミフミするのは、子猫が母猫の母乳を出す行動です。

成猫になっても甘えたくなるとフミフミします。眠くなるとする猫もいますね。この時の猫は、子猫気分に浸っているようです。

飼い主さん以外にも、ふわふわとした毛布やクッションなどにすることもあります。柔らかい場所は、猫のフミフミに最適なポイントです。

3.にゃ~にゃ~鳴く

鳴く子猫と向かい合う女性

猫の鳴き声と言えば「にゃ~」ですが、実は猫同士コミュニケーションをする時は、鳴き声は使いません。ただ、子猫が母猫に対して何かを伝えるのに、鳴き声を使います。

つまり、猫が飼い主さんに「にゃ~」と言うのは、母猫だと思っているからです。母猫代わりの飼い主さんに「甘えた~い」と要求するのに、「にゃ~」と鳴くことがあるのです。

4.膝に乗る

膝に乗る黒猫

猫飼いの憧れ「膝乗り猫」。寒い時期には良く発生する傾向にありますが、甘えん坊の猫は比較的、飼い主さんの膝に乗ることが多いです。

長い留守番で寂しさが募り、膝に飛び乗ることもあります。

猫の甘え方~クール編~

シャム猫を触る女性

クールな性格の猫も、飼い主さんにさりげなく甘えることがあります。

1.ちょっと離れた場所にいる

ソファで向かい合う猫と女性

ベッタリくっつくでもなく、かと言ってすごく遠くにいるわけでもなく、すこぉ~し飼い主さんから離れた場所に、待機する猫。

クールな性格の猫はこんな甘え方をします。飼い主さんが見える場所にいることで、安心するのでしょう。

2.じ~っと見つめる

ソファで向かい合う猫と女性

何か視線を感じると思ったら、猫がじ~っとこちらを見つめていた…こんなことはありませんか?猫は興味のある対象物を、じっと見つめます。密かに大好きな飼い主さんを見つめて満足しているのでしょう。

3.瞬きしてくれる

見つめるオレンジ目の猫

猫の方を見た時に、すかさず瞬きしてくれる場合。猫に想われています。瞬きは、猫にとっての愛情表現。さりげないアピールですが、猫の愛情、受け取ってあげましょう。

4.飼い主の近くをスリスリ

見つめるオレンジ目の猫

筆者宅のクール猫が良くやるのですが、なぜか筆者に直接スリスリするのではなく、筆者近くの家具や壁に、スリスリします。

照れ屋なのかな~?と思う瞬間です。本当は甘えたいのに、他の猫の目が気になっている、と言う気もします。

まとめ

目を閉じている猫の横顔

くくる / ♀ / 1歳 / ペルシャ / 3kg

ご紹介した以外にも、猫の甘え方はたくさんあると思います。その猫なりの甘え方も、あるでしょう。

猫が甘えてきた時は思いっきりコミュニケーションを取り、その時間を最大限、楽しみましょう!猫飼いの、嬉しい特権です。