猫と飼い主の性格が似る4つのパターン

猫と飼い主の性格が似る4つのパターン

ずっと一緒にいると、性格が似るとよく言われますが、猫にも有り得る事でしょうか?なんとなく似ていると感じる人もいるようですね。猫の性格が決まる、タイミングや環境についてまとめて見ました。

4504view

1.猫が飼い主の性格に合わせている

首をかしげる猫

甘えん坊

あなたが甘えん坊な人なら、猫も甘えん坊になりやすくなるかも知れません。

常に猫を、自分のそばに落ち着かせると、一人になる事に不安を覚えてしまいます。甘え癖の性格に育ってしまいます。

気分屋

あなたの気分がころころ変わると、猫も影響されてしまうかも知れません。

機嫌が良い時は寄ってくる、悪い時は素っ気ない所を見せてしまうと、猫も人間を信用できなくなってしまうでしょう。

クール

一人が好きなあなたは、猫も一人が平気に慣れてしまいます。猫を必要以上に構わないと決めている人は、猫もそれなりに距離をとって過ごすようになるでしょう。

怒りっぽい

すぐに腹を立ててしまうあなたは、猫も怒りっぽい性格になりやすいかも知れません。

急に大きな声で怒鳴る、大きな音を立てるなどをしているのは、猫もちゃんと見ています。怒りっぽい飼い主に猫も影響されて、威嚇したり、攻撃的になってしまいます。

2.飼い主が猫に似る

猫と女性

マイペースになってくる

猫のマイペースに、飼い主が似る場合も考えられます。猫は自分のペースを崩さずに生活しています。そんな猫と生活していると、自然と急いだり焦ったりする事も、減ってきているのかも知れませんね。

面倒くさがりになる

だらだらしている猫を見ていると、羨ましいと思ってしまいます。好きな時に起きて、ご飯も食べれて自由に過ごしていますよね。そんな猫を見ていると「面倒臭いから後回しにしよう」と言う癖がついてしまうかも知れません。気をつけましょう。

3.飼い主が自分に似ている猫を選んでいる

二匹の子猫

一緒に暮らした時から、同じ性格や似ている性格だったと考えられます。猫を、自ら選んで家に招いた場合、自分に似ている猫を選ぶと言われています。おっとりしている猫、やんちゃな猫、甘えん坊な猫の性格は、自分と似ているから惹かれてしまうそうです。性格が似ると言うよりも似た者同士だったのでしょう。

4.飼い主の思い込み?

丸い目をこちらに向ける猫

猫の性格が飼い主に似ていると言うのは、ただの思い込みなのかも知れませんね。猫を我が子のように、大切に育てていれば親バカにもなります。うちの猫が”一番可愛い”と思う感覚と同じです。”この猫は自分にそっくりだ”と言うのは、愛情があるから思ってしまうのでしょう。

猫の性格と社会化期

二匹の子猫

生後3ヶ月までが大切

猫の性格は、生後3ヶ月頃には決まってしまうようです。猫の社会化期と言うのをご存知ですか?

猫がたくさんの体験をして、快適に生活するためのルールを教わる時期です。猫は生後3ヶ月頃までが、感受性が豊かで吸収しやすく、慣れるのに大切な時期と言われています。

社会化が身についた猫は、人間や動物への信頼感をもつようになる、落ち着きのある性格になると言われています。

社会化期は猫同士で過ごすのも大切

生まれてすぐに、母猫や兄弟から引き離してしまうのはよくないと言われています。猫が猫に教わるのも、社会化にとても良い環境だそうです。猫の世界は、猫に教わるのが何よりも自然なのでしょう。母猫に甘える、舐めてもらうことや、兄弟とじゃれ合う、遊びを教わることが大切なのです。

猫同士で、コミュニケーションをとっていれば、他の動物と上手く付き合っていけるフレンドリーな性格になるようです。

まとめ

女の子と子猫

猫の性格は、社会化期にある程度決まっているようです。人間と生活していく中で、猫の性格も似ると思うのは、多くの飼い主が思う事でしょう。

同じ環境で過ごすと、猫も人間も少しは似てもおかしくないと思います。猫と似た者同士の関係もいいかも知れませんよ。

ちなみに、私の猫も性格が似ていると感じています。全てが似ているとは思いませんが、所々似ている気がしています。