国産のキャットフードは安全?選び方やおすすめ商品まで

国産のキャットフードは安全?選び方やおすすめ商品まで

国産のキャットフードは、安全でしょうか?安全なキャットフードには、いくつかの理由があります。国産のキャットフードについて、安全なのか、選び方はどうなのか、そしておすすめの国産キャットフードについてご紹介します。

2898view

国産のキャットフードは本当に安全?

安全なキャットフードの条件は、国産かどうかにかかわらず、次のような条件があげられます。

  • 無添加
  • 栄養成分のバランスが良い
  • 穀物不使用
  • 粗悪な原料を使っていない

国産でもキャットフードの安全性で飼い主さんが一番気になるのは、添加物が入っていないということではないでしょうか。人間が食べるものでも、添加物が入っていないことを気にする人が増えていますから、猫にも同じことを考える人も多いと考えられます。

国産のキャットフードでも、香料や保存料、着色料、酸化防止剤などは、ガンやその他の病気の原因となったりする可能性が高まるとされます。栄養の成分が良くて、猫が健康になるということは、猫の飼い主さんがみな思うことでしょう。

健康という点では、本来肉食である猫にとって穀物は必要としないことと、穀物アレルギーの猫に安全に対応するためにも、国産以外のキャットフードでも穀物不使用のキャットフードもよく選ばれるようになっています。

良いものを選ぶことが大事

しかし、国産のキャットフードでも安全面が心配なものも多いのです。

国産のキャットフードであげられる良くない点は、添加物が入っているものも多いこと、粗悪なものや低価格である原材料を使っているために、値段が安いものが多いということです。全ての国産品のキャットフードに当てはまることではありませんが、国産のキャットフードを買う時にも、良いものを選ぶことが大切だということです。

国産のキャットフードを選ぶ理由

食材とグレーの猫

キャットフードを選ぶ時、国産を選ぶという場合は、どうしてでしょうか?理由として考えられるのは次のようなものです。

  • 安全だから
  • 値段が安いから
  • 種類が多いから

上記のような理由は、猫のことを考える飼い主さんにとってよく考えられることではないでしょうか。

私たち日本人が食料品を買う時に国産を選ぶことが多いのは、国産は安全だからという理由が高く、キャットフードにとっても同様に国産は安心だと考えられるのかも知れません。また、海外製のキャットフードより、国産の方が輸送費や代理店のコストがかからないため、値段が安くできるという良い点があります。

ウェットフードやおやつタイプなど、種類が多いことも、飼い主さんが国産を選ぶ理由の1つと言えるでしょう。国産のキャットフードはテレビでもCMが見られ、人気が出て、店頭で見ると購入してしまうという理由もあります。

国産のキャットフードの選び方

店頭のフード

無添加であること

国産でも外国産でも、添加物が含まれているキャットフードはたくさんあるので、無添加のものを選ぶことが大切です。国産と記載があっても、無添加であるという保証はありませんので、無添加と明記されていることが大切です。

香料や合成の保存料、着色料などが使われていれば、ガンやその他の病気の原因ともなり、猫の健康にとって良いことはありません。添加物が使われている場合でも最低限のもので、猫の健康に害がないとされるものもありますが、できるだけ無添加とあるものを選ぶ方が安全です。

穀物不使用であること

肉食である猫にとって、穀物を与える必要はないので、穀物不使用とあるキャットフードを選ぶようにしましょう。穀物は、猫の食生活に必要ないということだけでなく、アレルギーの原因となる可能性もあります。

さらに、国産で穀物が使われている場合、キャットフードのかさ増しのために使われていることも多くあります。穀物を使用することで肉類の量を減らして、価格を安くしているということです。

粗悪品が使われていないこと

4Dミール、肉副産物、肉粉、と表示されているものは、どんな原材料が使われているのかはっきりせず、何の種類の肉か、病気で死んだ動物の肉や、廃棄するべき骨や羽部分などが使われている可能性があります。

キャットフードには、ヒューマングレード、つまり人間が食べられるようなレベルの原材料が使われるようになってきています。国産だからといって、キャットフードの材料にも高品質のものが使われているとは限りません。

原材料がどのようなものが使われているのか、成分表をよく見て、ホームページを確認してみることもおすすめします。

国産のキャットフードのおすすめ商品

三毛猫と餌を与える手

国産キャットフードのおすすめをご紹介します。

添加物不使用、穀物不使用、高品質素材などの安全性が高いものをご紹介しますが、全ての条件を満たすというものはなかなかありません。添加物不使用でも、穀物が使われていたり、ミールと表示されるものが原材料に含まれていたりする場合もあります。

日本のみのり プレミアムキャットフード

純国産プレミアムキャットフード
879円(税込)

商品情報
こだわりのある国産キャットフード

日本のみのりは、鮮度や素材、手作りに近い製法に至るまで、こだわりを持って作られた、国産のプレミアムキャットフードです。使われている材料は国内産で、産地表示が可能なものを使っていて、具体的な素材名を全て表示しています。キャットフードの鮮度を保つために少量生産をしています。

メディファス

1歳から チキン味
2,980円(税込)

商品情報
下部尿路の健康維持に

メディファスは、猫の臨床栄養学を活かして誕生したプレミアムフードです。麻布大学との共同研究により、新しい臨床栄養学の成果を活かした、猫の下部尿路の健康に配慮された国産のキャットフードです。原材料を厳選することで、高い消化吸収を実現しています。

イー・フィッシュ

無添加 国産 オリジナル キャットフード
1,049円(税込)

商品情報
新鮮なあじ使用の国産フード

新鮮な魚鯵(アジ)を使用した国産のキャットフードです。 人工添加物や着色料、調味料、防腐剤、酸化防止剤、粘度調整剤などを一切使用していません。良質なたんぱく質の餌を食べる事で、猫の毛艶や皮膚の状態が改善されるほか、便がゆるいタイプの猫にもおすすめです。

キャットフード 無一物パウチ

はごろも キャットフード
2,700円(税込)

商品情報
まぐろ・かつお・鶏むね肉のアソートセット

無一物のまぐろは、猫がまぐろ本来の旨みをたっぷり味わえるように、まぐろと水だけで作った国産キャットフードです。食品添加物は使われていません。かつおは、フレーク状で食べやすく高齢猫にもおすすめです。鶏むね肉にはタンパク質が豊富です。

まとめ

ドライフードと猫

国産のキャットフードは、国産だからといって必ずしも安全というわけではありません。日本ではまだまだペットは人間の所有物という考えのため、フードの安全性についても海外ほど厳しくはない点が多くなっています。

もちろん、猫の健康のために考えて作られた安全なキャットフードもありますので、自分の猫に合うものを見つけることが大切です。

国産のキャットフードは、原材料が肉由来のもので粗悪品をできるだけ使っていないこと、無添加であること、穀物不使用であることを条件に選んでください。