猫が「気まずい」と感じる6つのシチュエーション

猫が「気まずい」と感じる6つのシチュエーション

猫って考えていることや思っていることを飼い主が読み取るのは難しいですよね。しかし、猫が「気まずい」と感じているときにはいくつかのシチュエーションがあります。

2836view

猫が「気まずい」と感じるのはどんなとき?

こちらを見つめるスコティッシュフォールド

猫の気持ちや、考えていることを飼い主が理解するのは難しいですよね。

しかし、ソワソワとしたり慌てて何ともなかったような行動をしたりするときには、猫が「気まずい」と感じているときかもしれません。

実際にあるシチュエーションで、その詳細をご紹介したいと思います。

1. イタズラがバレたとき

コードをかじった猫

猫って本当に好奇心旺盛で、飼い主さんを困らせてばかりですよね。

しかし、そんなイタズラが現行犯でバレてしまったときや、飼い主さんが気がついて「あー!」っと声をあげたときに、「気まずい」と感じているような様子を見せてくれます。

例えば、

  • ゴミ箱をひっくり返してあさっているとき
  • 勝手に餌をこぼして食べているとき
  • 障子を破いたり家具を破壊したりしているとき

などに飼い主が「あー!!」と気がついて声をあげると、見たこともないような「シレっと」したような表情をみせて、後ずさりをしますよ。

これはどう見ても、気まずいときの雰囲気です(笑)

2. 着地に失敗したとき

道路で大ジャンプする猫

猫って俊敏で運動も抜群、高いところに登ったり走ったり、とにかく器用なイメージですよね。

しかし、そんな猫も自宅で飼っていると「鈍くさい姿」を目撃してしまうことがあります。

例えば、

  • タワーから飛び降りたら足をくじいた
  • 机から椅子に飛び移ろうとして落ちてしまう

など、猫も滑って転倒をしたり、鈍くさい姿をさらしたりしてしまうこともあるのです。

それをもし飼い主さんに見られていたのであれば、「何ともなかったように平然と」しますが、明らかに気まずい雰囲気になってしまいますよ。

3. トイレを見られたとき

トイレに入って見上げる子猫

猫は神経質な生き物なので、トイレを目撃されても気まずいと感じてしまいます。

猫はトイレ後に慌てて走ることもありますが、これは本能的に、狙われているかもしれないから「逃げろ!」と思って走っています。

それで、落ち着かない中でトイレに集中しているときに、誰かが見ていると思えば「飼い主さんだった」なんてことがあれば、気まずいと感じてしまいますよ。

また、猫は人通りが多かったり、あまりにも生活音がうるさかったりして集中できないと、トイレを我慢してしまうこともありますので気をつけてくださいね。

4. 登り損ねたとき

外の壁と壁を渡ろうとジャンプしている猫

猫は脚力も凄まじく、高い場所でもジャンプして登ることができます。
しかし、ごくまれに、

  • 階段の一段目を登り損ねる
  • ソファに登ろうとして宙ぶらりんになる

などと恥ずかしい姿をさらしてしまうこともあります。
その後は諦めるか、もう一度試みることもありますが、このときに目が合えば気まずい空気になってしまいますよ。

5. 真夜中の運動会を終えたとき

3匹のスコティッシュフォールド

飼い主さんが寝ている真夜中に、猫は走り回ることがありますよね。

その騒がしさは大変なもので、飼い主さんも「勘弁して!」となってしまうことも、あるかもしれません。

その運動会は猫の真空運動とも呼ばれ、退屈な場合や、狩りの練習として本能的に行っているとも言われるのですが、およそ「5〜15分程度」で終了します。

運動会が終わるころに飼い主さんがジ〜ッと見ていると、「私は何もしてないよ?」と言わんばかりの空気になってしまい、何だか気まずくなってしまいますよ。

6. 飼い主さんの側から立ち去るとき

扉から出て行く猫の後ろ姿

猫は気分屋さんな性格ですよね。

「構って〜!」と近づいてきたから、飼い主さんは良かれと思って、たくさんスキンシップをとっているのに、猫は満足をすると「もういいってば...」と言いたそうにプイッとしてしまうことがあります。

そのときに触ってしまうと、何とも言えないような表情で見つめてくるので、気まずい雰囲気になってしまいますよね。

まとめ

テーブルの下から顔をのぞかせる黒猫

猫の気持ちは理解することができませんが、イタズラを目撃したときや、ジャンプや着地に失敗したときなど「見てはいけないもの」を見たときなどは、気まずい雰囲気になってしまいますよ。