どうして猫パンチしてくるの?3つの気持ち

どうして猫パンチしてくるの?3つの気持ち

猫がする猫パンチには、何かが隠されているようです。猫パンチが出る時はどんな理由や気持ちが隠されているのでしょうか?猫パンチの加減を理解して気持ちを読み取ってあげましょう。

2276view

猫パンチの秘密

片手を上げてパンチする白猫

猫パンチの強さには強弱がある

猫パンチと言うくらいだから、パンチされるような痛さがあるのでしょうか?

どうやら、猫パンチの強さにも強弱があるようです。

弱い猫パンチは、手をちょんちょんとするくらいの優しい強さ。強い猫パンチは、「パシッ」と叩かれるくらいの素早い強さがあります。

猫パンチは一度だけでなく「パンパン」と連続でされることもあります。ただ、猫がするパンチは片手なので、物を壊したり、ケガをさせたりするための攻撃ではないのです。

猫パンチが出るとき

猫に猫パンチをされた経験がある人は、突然されたり、猫がヒートアップしてしまい、パンチされたりすることが多いようです。猫パンチあるあるは、以下の通りです。

  • 猫に顔を近づけたとき
  • 携帯やテレビに夢中になっているとき
  • 物陰から突然の猫パンチ
  • 遊びに興奮してしまったとき
  • 触られたくない所を触りすぎたとき
  • 手を上に上げたとき
  • ブラッシングが長いとき
などなど、他にも数えきれないくらい猫パンチは飛んできます。

パンチしてくる猫の3つの気持ちをよみとろう

立ち上がってパンチをする猫

1.構ってよのサイン

猫が人間に猫パンチをするのは、構って欲しさから出るようです。

自分に目を向けてほしいときに、邪魔をしてくる感覚と同じようです。飼い主さんが出掛けようとしたときに走ってきてパンチしたり、隠れていて急に飛びついてパンチをされたりしませんか?

猫は「気づいてよ」「寂しいよ」「遊んでよ」など、構ってほしい気持ちで猫パンチをしてしまうようです。

2.驚いたときのサイン

猫は驚いたときにも猫パンチが出てしまいます。

目の前に突然危険を感じたら、思わず防御しようとします。飼い主が猫の前に手を出したときや、見たことない物を見たときなどに驚いてしまいます。

「びっくりした!」「何だこれ?」と猫パンチをしますが、このときに強弱が出てしまいます。

危険を回避するときの猫パンチは、一撃で終わらせたい気持ちから強度があります。これは猫の恐怖心からくる強気な態度なのです。

恐怖心があるときに、それを確かめないと気が済まないのが猫の性質です。手で「ちょん」としてから、一度離れて様子を見ます。また近づいて「ちょんちょん」とします。

「行けそうな気がする」と思った瞬間、猫パンチが炸裂します。弱いパンチから、強い「バシバシ」のパンチに変わるのです。

3.やめてよ!

「やめて」「しつこい」と思うときに猫パンチがでます。最初は優しく「やめて」と言うパンチから、次第に「やめろ」と強くなることがあります。

猫にチューをしようとして、手で押さえられそれでもまだ顔を近づけると「パシッ」と叩かれるのです。

また、ブラッシングが長いと猫も体を動かし体制を変えますが、しつこくすると「長い!」と怒ってしまいます。

猫がやめてほしいときの猫パンチは、不快感から爪が出てしまうこともあるので注意が必要です。

まとめ

甘えて人の手にパンチする猫

にゃん太郎 / ♂ / 3歳 / ノルウェージャンフォレストキャット / 5.8kg

猫の猫パンチについて紹介しました。

猫パンチが出るときは、構ってほしい、驚いた、不快の気持ちが多く思います。猫の猫パンチは、猫が遊んでいるうちにヒートアップして、激しくパンチが出てしまうこともあります。

猫同士がケンカするときに、相手を押さえつけようと頭を「パシパシ」している様子や、相手に当たらないパンチを必死にする様子もあります。

猫の猫パンチは、一見可愛く見える仕草ですが、ケガすることもあるので、注意しましょう。