猫との愛が深まる5つの接し方

猫との愛が深まる5つの接し方

大切な愛猫とは信頼関係もきちんと築いて仲良くいたいですよね。そんなときにできる接し方についてご紹介させていただきます。

4841view

愛を深めるための猫との接し方とは?

猫と飼い主

大切な飼い猫とはいつも「愛のある生活」をしたいですよね。そんなときにできる、猫との接し方についてご紹介させていただきます。

1. たくさん触ってあげる

人は時間に縛られ、忙しい生き物です。学業や仕事などでどうしてもバタバタしてしまい、留守番が多くなってしまいがちになっていたり、帰宅時間が遅くなっていることありませんか?

猫は大好きな飼い主さんに構ってもらえる時間が少ないと、愛のない生活になってしまいます。1日に数回は必ず猫との「触れ合いタイム」を作って、甘えさせてあげるようにすることが、最も大切なことです。たくさん触って、猫の甘えたい気持ちに答えてあげると愛も深まってくれるでしょう。

2. ブラッシングをしてあげる

ブラッシングされる猫

猫にとって、大好きな飼い主さんに構ってもらえる時間は、本当に嬉しいと感じてくれています。そんなときにはただ手で撫でるだけではなく、ブラッシングをしてあげるのもおすすめ。

ブラッシングをしてあげると、猫の血行促進やリラックス効果もあるので一石二鳥ですよ。また長毛種の猫ちゃんだと、グルーミングをして自分でお手入れをするのには限界があります。

その負担を少しでも減らしてあげるためにも、ブラッシングをしてあげてみてくださいね。ブラッシングは気持ちが良くて猫も大喜び。きっと愛が深められますよ。

3. 声掛けをしてあげる

「猫って言葉が理解できないから」と黙りっぱなしになってしまっていませんか?猫を触るときに猫は飼い主さんの声が聞けると非常に安心してくれる効果があります。

「○○ちゃん可愛いね」と声をかけてあげたり、構ってあげれていないときでも、必ず「おはよう」「おやすみ」などの日常会話は最低限してあげるようにしましょう。猫は飼い主さんの声色や表情をみて、言葉の意味がわからなくても音として聞くことができます。飼い主さんに声を掛けてもらえれば、愛が深まること間違いなしです。

4. おやつを手であげる

猫とおやつ

猫はおやつが大好きです。それを大好きな飼い主さんの手であげることが、愛の深まる接し方の1つです。あげすぎは太ってしまったり、糖尿病などの病気を招いてしまう危険もあるので「3日に1回」などと、あげる回数や期間を決めておくことが大切です。また留守番をしていたご褒美やしつけとしてあげるのも良さそうですね。

5. 一緒の部屋で寝よう

ブラッシングされる猫

猫はマイペースで自由に生きるイメージですが、家猫となれば飼い主さんが大好きで甘えたり、寂しそうにすることもありますよね。

そんな猫ちゃんは、夜も一緒の布団やベッドで寝るようにしてみてください。そうすれば信頼関係もさらに深まり絆ができますよ。猫はお世話をしてくれる人や、一緒に過ごす時間が長い人を一番大切にしてくれる傾向にあります。普段なかなか一緒に居ることができない人も、夜だけでもずっと一緒に過ごしてあげれば、愛が深まってくれますよ。

まとめ

#写真の説明#

猫はいつもお世話をしてくれる飼い主さんのことが大好きです。猫との愛を深めたいときにはたくさん触って猫を甘えさせてあげるようにしましょう。

猫の名前をきちんと呼んで日常的に声を掛けてあげること、そしてなにより「猫との時間を大切にする」ことが愛を深める方法ですよ。

反対にイタズラをしつこく叱ったり、遊んであげない、構ってあげないなどのことがあれば信頼関係がなくなり、嫌われてしまいますのでそうならないように気をつけてくださいね。

スポンサーリンク