猫は狭いお部屋だとストレスがたまる?快適に過ごせる6つの方法

猫は狭いお部屋だとストレスがたまる?快適に過ごせる6つの方法

狭いよりは広い方が猫も嬉しいと思うのですが、部屋の広さだけが、ストレスの原因ではありません。猫のストレスがたまらないように色んな所の工夫をしてみましょう。快適に過ごせる工夫の紹介です。

3186view

猫のストレスは部屋の狭さと関係ない

横になってこちらを見る猫

ストレスに感じるのは、部屋の広さとは関係がないと思います。人間の場合は、部屋が狭いと窮屈で息が詰まると感じる人もいますが、猫の場合は狭くても環境が整っていれば、さほど問題ないと言えるでしょう。

きっと部屋が広くても、殺風景な場所だと、猫は隅っこに隠れてしまうでしょう。ただ広ければ良いと言う訳ではなく、猫の好きな環境でなければ意味がないのです。

猫がストレスになるのは環境

部屋の狭さとストレスは、また別物と言う事を少し説明しましたが、簡単に言うと猫は狭い方が安心出来ます。猫の縄張りは家の中になります。時間が来るとパトロールをするのですが、広いとそれなりに大変になります。

パトロールが終われば安心してまた寝床に戻って行きます。猫の場合、家の中が見渡せる環境と、静かな環境が好きなのです。騒がしい音、外から聞こえる音、大きな音がした時に隠れたり、確認できないと安心出来ません。環境が整っているかどうかで、ストレスにも関わって来ると言えるでしょう。

猫が快適に過ごせる部屋とは

①外が見えると嬉しい

窓から外を見る猫

外の景色を眺めたり、お日様と日向ぼっこができれば、快適に過ごす事が出来ます。猫の楽しみのひとつとして、外が見える環境を作ってあげると良いでしょう。

②窓のそばで快適に寝たい

窓際の植木にくつろぐ猫

日向ぼっこをすると、どうしても眠たくなってしまいます。窓のそばに寝床があれば最高に過ごせるでしょう。キャットタワーを置いてあげると高い場所で寝られるし眺めも良いし快適になるでしょう。

③迷路のような部屋が好き

壁を歩く猫

こんな所に扉がある!となれば、猫が自由に行きたい所に行けるのです。猫専用の扉を部屋の何ヶ所かに設置してあげると、好きな時に出たり入ったり出来て快適に過ごせるでしょう。猫同士が一方通行で追いかけごっこするよりも、色んなところへ逃げたり、追いかけたり出来るように工夫して見ましょう。

④高い場所から見渡したい

高い場所から見下ろす猫

部屋が狭くても、高い場所を作ってあげれば快適に過ごせます。キャットタワーを置いてあげるだけでも十分に満足できますが、置くスペースがなければ棚でも構いません。少し段差を付けて登れると遊べるスペースにもなります。安定した高い場所に、最低1箇所用意してあげると落ち着けるでしょう。

⑤誰にもバレない隠れ家が欲しい

籠の中の猫

安心出来る環境とわかっていても、隠れる場所は必要になります。すっぽり体が入り周りが見えない物、体が密着できる深い物などが何個もあると快適に過ごせるでしょう。

大まかに言えば、ごちゃごちゃした家の中の方が、猫は過ごしやすいと言えるでしょう。しかし、猫が怪我しやすい環境とも言えるので、整理整頓をして隠れんぼ出来るように、スペースを作ってあげましょう。

⑥自由に入れる部屋が欲しい

あいたドアから入ってきた猫

猫に立ち入られたくない場所以外は、部屋の扉は開けておいた方が快適に過ごせるでしょう。締め切った部屋は、狭く感じるだけでなく、猫も息苦しく感じてしまうでしょう。走れるスペースも限られると、ストレスも溜まってしまいます。

部屋の扉をストッパーでしっかり固定して、好きな所にいけるようにしてあげましょう。部屋の扉を開けておくだけでも、猫が快適だと思ってくれます。

まとめ

キャットタワーと猫

部屋が狭くても、工夫してあげれば快適に過ごせます。猫にとって家の中は縄張りです。自分の縄張りに、危険な物や知らない物がなければ安心出来ます。

そのためには、高い場所もあると見渡せて良いのです。猫が好きなことや安心できることを部屋の中に取り入れてあげると、快適に過ごせると言えるのではないでしょうか?

また、部屋が狭くても、飼い主さんが遊んであげればストレスは発散出来るでしょう。

スポンサーリンク