猫用ウエットフードの使い方や選び方、おすすめ商品5選

猫用ウエットフードの使い方や選び方、おすすめ商品5選

猫がドライフードを食べてくれない時のトッピングとして役立つのがウェットフードですね!今回は、そんな猫用ウェットフードの使い方や選び方からおすすめ商品5選までをご紹介します。是非ご覧くださいね。

852view

猫のウェットフードの役割

ウェットフードを見る猫

ウェットフードとは?

ウェットフードとして一般的に販売されているものは水分量75%以上のものを指します。このため、カリカリのフードと呼ばれることの多い水分量10%以下のドライフードとウェットフードを比べると含まれる水分量の違いが分かりますね。

また、猫にとって食事のメインになることの多い「ドライフード」に対して「ウェットフード」はご褒美やトッピングに適しています。水分が不足しがちになる夏場には水を飲まない猫への水分補給の手段にもなるのでウェットフードを利用する飼い主さんも多いと言えます。

猫にウェットフードは必要?

ウェットフードを見る猫

猫の毎日の食事にはドライフードのみを与えている飼い主さんも多くいらっしゃいます。もちろん、ドライフードはウェットフードと比べると総合栄養食である物が多いため栄養バランスも良くウェットフードが必要ないという意見も見られます。

しかし、栄養面で言えばドライフードのみでも問題ありませんが、ドライフードのような硬い餌を食べられない時や猫が餌を食べない時にはウェットフードが必要になる場合もあります。

ウェットフードは一般食(間食)のものが多く基本的に、ご褒美やトッピングとして与えることがほとんどですが、ウェットフードだけを主食にする場合は「総合栄養食」と記載された栄養バランスの良いものを利用すればウェットフードを「主食」として使うことが可能です。

猫にウエットフードを与えるメリット4つ

缶詰にメロメロな猫

このため、猫が硬い餌を食べられない時や猫が餌を食べない時には獣医師と相談して、総合栄養食と記載された栄養バランスの良いウェットフードを与えるのも良いかも知れません。このほか、ウェットフードが必要と言えるメリットは以下があります。

1.栄養補助食品として

ウェットフードは炭水化物が多く含まれるドライフードに比べると肉や魚などの動物性タンパク質が豊富に含まれており、ウェットフードを与えることで猫に必要なエネルギー源をより多く摂取させてあげることができます。ウェットフードは栄養バランスを整えてあげる補助食品として猫に与えてあげるのが理想的と言えますね。

2.療養食になる

ウェットフードは柔らかいので猫が食欲不振のときや硬い餌が食べられなくなった高齢猫に最適です。ふやかしたドライフードを与えるときの補助食品であれば一般食(間食)を選び、主食としてウェットフードを与えるときは「総合栄養食」を選ぶなど栄養バランスの調節ができるのもウェットフードを与えるポイントです。

また、ウェットフードはドライフードと比べると消化吸収が良いので高齢猫におすすめと言えます。

3.猫の食の好みに合わせられる

ウェットフードは種類が豊富であるためドライフードを食べてくれないというグルメな猫にも様々なパウチの中から好みを合わせて選ぶことができます。

特に、ウェットフードは猫が好む素材である肉(ささみ)や魚(まぐろ)などの香りが良い素材を多く使用しているためグルメな猫も喜んで食べてくれるだけでなく、猫の体に必要な動物性タンパク質を美味しく摂取することができます。

4.水分補給ができる

猫は比較的に水分補給を行うことが少ないと言われています。このため、水分不足になりやすく夏場の脱水予防としてウェットフードを与えるのも水分不足になりやすい夏場に上手く水分補給をさせてあげる方法の一つです。

猫にウェットフードを与える方法

餌を食べる猫

猫にウェットフードを与える頻度

健康な成猫であれば主食はドライフードにして、猫の体調を見ながら週に1、2回使うのが猫にウェットフードを与えるおすすめの頻度と言えます。

これは猫にウェットフードを頻繁に与えることで主食のドライフードを食べてくれなくなることを避けるためです。食欲不振や水分補給など必要なときを除いて基本的には週に1、2回を目安に与えるようにしましょう!

ウェットフードをドライフードに混ぜる

ウェットフードをドライフードと一緒に与える場合ではウェットフードを上にのせるだけではなく満遍なくドライフードと混ぜることでドライフードの食べ残しを減らすことができます。また、ウェットフードを与える量はパッケージに記載されている1日の給餌量の目安を守ることが大切と言えますね。

ウェットフードの与え方の注意点

ウェットフードの与え方の注意点として「1食分は1缶ではなく猫の体重に合わせて与える必要がある」ので給餌量をしっかりと確認する必要があります。

特に、主食としてウェットフードを与える場合は給餌量が少なすぎると栄養不足になってしまうため注意してあげましょう。また、主食がドライフードである場合は一般食(間食)と記載されているウェットフードを与える頻度に注意しながら適切な量を与えてあげることが大切なポイントです。

猫に安全なウェットフードの特徴

並ぶ食材
  • 添加物がなるべく少ないもの
  • 原材料がハッキリと分かるもの

以上の2つが猫に安全なウェットフードの特徴と言えます。ここで、猫に安全なウェットフードの特徴について詳しく見ていきましょう!

添加物がなるべく少ないもの

ウェットフードに含まれる添加物の量は科学的な根拠をもとに決められていますが猫の健康を考慮する場合は添加物がなるべく少ないものが好ましいと言えますね。最近では無添加のウェットフードも多く販売されているので猫に安全なウェットフードを飼い主さんが見て選んであげることが可能です。

原材料がハッキリと分かるもの

猫に安全なウェットフードとは良質なタンパク質が含まれるものです。ウェットフードの中に「家禽ミール」と記載されているものには鶏や七面鳥などの家禽類とされる生き物の副産物が含まれます。

人が食べられない部分を使用した副産物が猫にとって安全とは言えません。できる限り肉や魚の原材料がハッキリと分かるウェットフードを選び、良質なタンパク質が含まれるものを与えてあげましょう!

猫におすすめのウェットフード5選

美味しそうにご飯を食べる猫

ここで、猫におすすめのウェットフード5選についてご紹介していきます。是非ご参考にしてみてくださいね。

1. 無一物パウチ まぐろ

はごろも 無一物
1,092円(税込)

商品情報
無添加、水とまぐろのみで加工

食品添加物や飼料添加物を加えておらず、まぐろと水だけで仕上げたウェットフードは、素材のまぐろ本来の旨みを味わえるので猫が喜ぶおすすめのウェットフードと言えます。

2. モンプチ プチリュクス 成猫用

まぐろのささみ添え
990円(税込)

商品情報
厳選された素材の贅沢品

モンプチは「少しだけ、だから贅沢」をコンセプトに厳選されたまぐろにささみを添え、たっぷりのかつおだしが贅沢な味わいのウェットフードです。

3. 銀のスプーン 三ツ星ジュレ

まぐろ・かつおにしらす・かにかま添え
891円(税込)

商品情報
食いつきのよいおいしさ

旨味たっぷりなジュレとお魚の身が贅沢なおいしさを実現した銀のスプーン三ツ星ジュレは猫の食いつきが良いウェットフードです!

4. いなば 金のだし バラエティパック

まぐろバラエティパック
861円(税込)

商品情報
大容量タイプ

いなばの金のだしカップはこだわりのお出汁なので、グルメな猫向けのウェットフードです。

5. カルカン 1歳から

まぐろ たい入り
889円(税込)

商品情報
まぐろと鯛のゼリー仕立て

総合栄養食のカルカンパウチは猫の年齢に合わせた栄養バランスを考えて、最適なカロリーと毎日の健康維持をサポートしてくれるウェットフードです。

まとめ

キャットフードを食べる猫

いかがでしたか?猫用ウェットフードの使い方や選び方、おすすめ商品5選をご紹介させていただきました。

猫用ウェットフードには一般食(間食)と総合栄養食のものがあるためご褒美やトッピングとして使用する場合と主食として使用する場合で使い分けることも可能ですね。また、猫達の健康を維持するためにもより安全な猫用ウェットフードを選んで与えてあげることも大切なポイントです。

ウェットフードとドライフードをバランス良く与えて猫達の健康に繋げてあげましょう!

人気のキーワード