飼い主を選んでる!?猫に選ばれる人の特徴5つ

飼い主を選んでる!?猫に選ばれる人の特徴5つ

人が猫を選ぶ時、被毛の色や性格、年齢、フィーリングなど、その人それぞれの基準で選ぶでしょう。同じように、猫も猫の基準で飼い主を選んでいる場合があります。猫はどのような特徴を持つ人を選ぶことが多いのでしょうか?この記事を読んで、猫に選ばれる人になりましょう!

5683view

猫に選ばれる人の特徴とは?

女性が大きな長毛種の三毛猫を抱っこする

猫に選ばれる人には、どのような特徴があるのでしょうか?

1. おとなしい人

おとなしく膝でくつろぐ黒猫

猫は、積極的に構ってくる人より、どちらかと言うとあまり関心がない人の方を好む傾向にあります。マイペースな猫は、気乗りしない時にガツガツと来られても嫌がるだけです。人の方からは近寄ってこず、猫の好きな時にスリスリできる方が猫的には好ましいのです。

加えて騒がしい人や動きが激しい人も避けがちです。物静かでおとなしい人が1番、猫に好かれます。もちろん猫によって好みや性格があるので子供でも平気な猫もいます。

一般的にはおとなしい人の方が好かれるので、特に初対面の時には猫が近づいてくるのをじっと待った方が早く打ち解けることができるでしょう。

2. 小柄

赤ちゃんと猫

大柄な人よりも小柄の人の方が好まれる傾向にあります。考えてもみてください。
猫にとって、人はかなり大きな生き物です。自分の何倍もある生き物が近づいてきたら、恐怖を感じない方が不思議でしょう。

いくら小柄な人でも猫にとっては大きな生き物に違いないのですが、それでもやはり、なるべく小さい人の方が猫は近寄りやすいようです。そうはいっても大柄な人が小柄になるのは不可能です。

猫と接する時は、なるべく姿勢を低くして猫に恐怖感を与えないようにすると、猫に選ばれやすくなるでしょう。可能なら、ほふく前進がベストです。猫の背丈に1番合うので、状況が許せばやってみてください。

3. 声が高い

チェスをする猫と子供

高い声は猫に子猫などの可愛い存在や、喜びの感情を抱かせるのだとか。逆に低い声は、捕食動物や怒りの感情を抱かせます。ですから、猫が選ぶのは低い声の人よりも高い声の人です。男性よりも女性の方が好まれやすいのは声が原因の一つでもあるでしょう。

男性は、猫と接する時はなるべく、高い声で話しかけるようにすると良いでしょう。周りの目が少し気になるかもしれませんが、大丈夫。猫に優しく語りかけている姿は、逆に好意的に見えます。猫を驚かさないように、話しかけてあげてください。

4. 無臭、もしくは人工的な匂いがしない人

女性の人差し指を嗅ぐ猫

猫の鼻は、犬よりかは劣るとはいえ、人よりもはるかに高性能です。香水やその他の人工的な匂いを発していると、猫にとってはこの上なく、キツい匂いに感じます。柑橘系の匂いも、嫌う猫が多いです。

猫は無臭の人か、人工的な匂いがしない人を選ぶでしょう。
慣れていない男性で、脇の匂いも嫌がります。と思えば、足や加齢臭などの体臭を好む猫も多いです。対人では体臭には気を使わなければいけませんが、対猫の場合、下手に消臭しない方が好かれる可能性があります。

5. むやみに目を合わせない

猫と女の子

猫と目が合った時、そのままじっと見つめることは喧嘩をふっかけているのと同じです。そっと反らすかゆっくりまばたきをすると敵意のないことを伝えられます。

人と人とのコミュニケーションでは目を合わせた方が良いとされるので、ついつい猫の目を見つめてしまうかもしれません。でもそうすると猫には嫌がられてしまうのです。人と猫との常識は違うと心得て、猫の目はじっと見つめないようにしましょう。

まとめ

子供に抱っこされるキジ猫

猫に選ばれる人になるには、少し気をつければ、なれるのではないでしょうか?猫に合わせて接するのはとても大切なポイントです。

皮肉な事に、猫好きよりも猫嫌いの人の方が好かれるという話もあります。猫への愛が溢れ出ていても、それを隠し、猫が心を許してくれるまでは猫嫌いを装うと、1番うまくいきそうです。