猫が甘えてくるのはなぜ?3つの理由と心配な事

猫が甘えてくるのはなぜ?3つの理由と心配な事

普段はすましている猫は、たまに甘えてくる事もあります。とても可愛らしく感じられますが、状況によっては病気の可能性もあるので、注意が必要です。猫が甘えてくる理由や仕草についてご紹介していきたいと思います。

2926view

猫が甘える理由は?

猫と女性

1.遊びたい・お腹が空いた

猫が甘えてくる理由は色々ありますが、例えば遊びやご飯です。お腹がすいたので、飼い主にご飯を催促してくる事もあるでしょう。もしくは楽しい気持ちになりたいので、信頼できる飼い主に甘えてくる事もあります。

2.側に居たい

それと、寄り添っていたいという気持ちもあります。信頼できる人と一緒にいると、気持ちが落ち着く事もあるでしょう。飼ってくれている人の気配を感じ続けたいので、甘えてくる事もあります。

3.寂しい

それと寂しさです。幼稚園に行かされる子供の気持ちを想像すると、分かりやすいです。幼稚園に行く子供は、しばらく両親と離されるでしょう。子供としてはとても心細くなってしまいます。ですが両親にお迎えされると、子供は甘えてくる事があります。

猫も、同じような状況になる事があります。しばらく仕事で外出していた飼い主が帰宅してきた時は、甘えてくる事もあります。猫としては留守番で寂しかったので、飼い主に甘えてくる事もあるのです。

猫が甘えてくる時はどんな仕草をする?

お腹を見せる猫

スリスリ

猫が甘えてくる仕草は色々ありますが、例えば体をすり付けてくる時です。つま先立ちで飼い主に身体をすりすりしている時などは、上機嫌で甘えている事が多いです。

お腹を見せる

それとお腹を見せている時です。たまに仰向けの姿勢になって、猫のお腹が完全に無防備になっている事があります。猫としては、信頼できる人物でないとその仕草をしません。

しっぽがピンと立っている

それと尻尾です。上の方向にピンと尻尾を立てている時などは、猫の「甘えさせて」という気持ちの表れとも言えます。

ふみふみ

フミフミする事もあります。飼い主が眠っている最中に、猫が近づいてきて前足でフミフミする事もあります。この動作は、子ネコが母ネコに母乳をせがむ時の名残なのです。とてもリラックスしている状態で、たいていは飼い主に甘えています。

甘えてくるのは病気の可能性も?

打つ伏せの猫

猫が甘えてくるのは、実は病気の可能性もあります。分離不安症という病気で、ストレスが強い時に患っている事が多いです。

分離不安症?

その病気になった時の甘えの仕草ですが、大きな声で鳴いているものの、何となく落ち着きが感じられない事があります。そうかと思えば、一旦飼い主に構えてきて、なかなか離れてくれない事もあるのです。また毛づくろいの頻度が急増した時なども、分離不安症の可能性があります。

この分離不安症という症状は、甘えん坊の猫が患っている事が多いです。特に、子猫の時代に孤独だった猫は、その病気になっている事が多いと言われています。

分離不安症になっている時は大きな声で鳴きますから、稀に近所迷惑になる事もあるので、注意が必要です。

まとめ

猫と少女

いずれにせよ猫が甘えてくるのは、ある意味飼い主を頼りにしていることの証拠でもあります。飼い主を信頼しなければ、そもそも無防備なお腹を出して甘えることも無いでしょう。飼い主からすると、とても可愛らしく見えるものです。

ですが病気の可能性は要注意です。

あまり大きな声で鳴かれてしまいますと、近所とのトラブルになってしまう可能性もあるからです。そういう時は、毎日決まった時間に猫と遊んであげると良いでしょう。猫のストレスがあまり溜まらないようにするのが大切です。

スポンサーリンク