猫を実際に飼ってみたら、イメージと違った意外な所9つ

猫を実際に飼ってみたら、イメージと違った意外な所9つ

猫を飼う前と飼った後では、イメージも変わるのではないでしょうか?猫のイメージは、良くなったのか、悪くなったのかはわかりませんが良くなれば嬉しいですね。

3500view

猫のイメージと違ったところ

イメージを膨らませる女性

猫のイメージは、人それぞれ違うと思います。良くも悪くも、飼ってみて気づいたり発見できたりします。猫を飼う前と、飼ってみて違った所を紹介してみましょう。

1.思っていたより人懐っこい

手に甘える猫

猫は、クールで澄ましていると言うイメージがあったのですが、人間に懐くところがあります。犬のように猫も、飼い主さんに近寄ってきたり、そばで寝る人間に寄り添ったり、人懐っこいところがあります。

2.思っていたより甘えん坊

飼い主の足元に擦り寄る猫

猫は、思っていた以上に甘えん坊です。猫を飼う前は、一人が好きだからご飯のときくらいしか寄ってこないと思っていました。しかし猫を飼ってみて、膝に乗ってきたり、お腹をだしたり、足にスリスリしてきたりする甘えん坊な猫が多いです。

3.思っていたより賢い

チェス盤に寝そべる黒猫

猫のイメージは、悪さばかりして、しつけができないと言われています。確かに猫にしつけをするには、頭を使って根気よくしなければいけませんが、一緒に生活してみると猫の賢さに気づいた人も多いと思います。

扉の明け方や飼い主さんの行動を読み取るなど、学習能力が高いのです。また猫は、身体の異常を感じたら、それなりに自分で対処できる頭の良さがあります。

4.思っていたより怖くない

爪で引っ掻いた跡と顔を出す猫

猫が苦手な人に、猫のイメージは?と聞くと、爪で引っ掻くのが怖いと言います。確かに、猫の爪をお手入れしていないと引っ掻くこともあります。

猫が人間を引っ掻くのは、嫌なことをされて逃げようとして爪を出すのです。何もなく、猫が爪をだして攻撃することはありません。

5.思っていたより嫉妬する

物陰からのぞく猫

猫は思っているより、嫉妬心があります。猫の感情に「嫉妬なんてある訳ない」と思うのですが、多頭飼いでは他の猫を可愛がっていたり、自分以外に興味を示したりすると拗ねてしまう所があります。猫は拗ねると、まわりくどい行動や、他の猫に八つ当たりするような行動をとることがあります。

6.思っていたより手が掛かる

ご飯を要求して鳴く猫

猫を飼う前に、犬より手がかからないからと猫を飼う人がいます。猫は散歩をしなくてよいくらいで、意外と手が掛かっています。猫は話せないので、何かの要求に気づいてあげるのに、時間がかかることもあります。ご飯を食べない、鳴いてばかりいる、後をつけてくるなど、猫の気持ちは単純には行きません。

7思っていたより表情が豊か

笑顔のような表情のグレーの猫

猫の顔は、いろんな表情を見せます。猫の顔には筋肉がないから、「ずっと同じ顔でしょ」と思っている人もいます。猫を飼ってみて、怒ったり悲しんだり、気持ちいいなどの感情で、顔の表情も変わります。猫の表情が豊かと思うのは、猫を飼ってみないと気づかない部分だと思います。

8.思っていたより可愛い

首を傾げてこちらを見つめる猫

猫は可愛いと言いますが、飼う前と飼ってみてから「可愛い」と思う気持ちが深まります。愛情をかければ、それに応えてくれるところがあります。飼い主さんに甘えるだけではなく、飼い主さんの変化に気づくこともできます。ペットを飼うというより、すごく親密な関係ができるくらい可愛いと思えます。

9.思っていたより寝ない

夜空を見上げる猫

猫を飼うまでは、ずっと寝ているイメージが強くないですか?猫を飼ってみて、起きてる時間が長いこともあるのにびっくりします。特に、子猫は、「いつ寝ているの?」と思うほど動いています。子猫は、好奇心が旺盛な時期なので、何でも楽しいと思える時期のようです。

寝ても、少しすると起きて、遊んでいる様子です。その分、イタズラやされると困ると思うこともあるので、目が離せないのが大変です。

まとめ

飼い主に撫でられて嬉しそうな猫

猫を実際に飼って見て、イメージが違ったと思った人も多いと思います。猫が可愛いのは、見た目だけではなく中身も可愛いと言うことです。喜怒哀楽があり、好きな人には心を開くので、飼ってみないと見られない場面もたくさんあります。

飼い主さんと、どれだけ信頼関係があるかで、猫の性格や行動も変わります。
実際猫を飼ってみて、イメージが変わる人の方が断然多いのではないでしょうか。