泥水の中で動けなくなっていた子猫の運命は?

泥水の中で動けなくなっていた子猫の運命は?

工事現場の金属の下で泥水にはまって身動きがとれないでいた子猫が発見されました。子猫は低体温症にかかっており、深刻な状態に陥っていました。

2778view

泥まみれの子猫

発見

子猫が冷たい泥水の中、しかもスクラップされた金属の下から発見されました。

子猫はその下からなんとか動いて、少しだけ顔を出していました。

けれど、泥にはまってそれ以上は動けずにいました。

救出

現場で働いていた人たちが子猫を助け出すために、冷たい泥を掘り出しました。

そして救出した子猫を急いで動物病院に連れて行きました。

子猫は低体温症になっており、衰弱して反応もほとんどありませんでした。

ケア

子猫は『スティーリー・ダン』と命名されました。

彼はとても深刻な状態でした。

しかし、獣医師たちによって献身的なケアが一晩中行われた結果、なんとか乗り切ることができました。

回復

そのおかげで翌朝には、見違えるほど元気を取り戻し

泣くこともできるようになり、じゃれついたり子猫らしさを取り戻すことができました。

一時預り

その後、スティーリー・ダンは、一時預りのケリーさんの家に行きました。

ケリーさんの家がスティーリー・ダンは気に入り、あちこち探検し、リラックスしていました。

そして、スティーリー・ダンはケリーさん一家のハートを射止めることに成功しました。

里親決定

その結果、スティーリー・ダンは、ケリーさんの家に正式に迎えられることとなりました。

名前は『オスカー』と改名されました。

オスカーはケリーさんの家で幸せをゲットすることができました。

最後に

オスカーが成長し、新たにケリー家に迎えられた一時預りの子猫たちの良きリーダーとなったそうです。

スポンサーリンク

人気のキーワード