ダンボールで捨てられた11匹の猫が救われる

ダンボールで捨てられた11匹の猫が救われる

大切な命である猫を捨てるなんて許せません。道端に放置された4つのダンボール箱。ピッタリとテープで留められて捨てられていたダンボールの中から猫の声が聞こえる!と、ある動物病院に連絡が入りました。職員が駆けつけ急いでそのダンボール箱を持ち帰ってみると・・・?

3081view

捨てられている時は空気穴すら開けられていない、完全に密閉されたダンボール箱。箱の中の猫が逃げ出さないように、職員は空気穴だけ開けてそのままダンボール箱ごと持ち帰ってきました。中からは猫の鳴き声が。職員が急いで開封をしてみると・・・

なんと、中からは3匹もの猫ちゃんが!しかもそこそこ大きい猫ちゃんです。一体なぜ・・・?

職員の女性は慌てて次の箱も開けてみます。すると・・・

こちらにも3匹の猫が。いきなり箱に閉じ込められた猫達。どれだけ不安だったでしょうか。見慣れない場所、知らない人に困惑しているようです。

残りの2箱にも猫が入っていました。今回捨てられていた猫は全部で11匹。今まで飼い猫として可愛がられていた猫なのか?それとも野良猫なのか?誰かのイタズラなのか?理由はわかりませんが、もし通報がなければ箱の中で窒息をしていたかもしれません。こんなことをするなんて許せませんね。

どんな理由があろうと、猫を捨てるのは犯罪です。もし、あのままダンボール箱に閉じ込められていたら・・・、誰にも気づかれなかったら・・・、そう考えると恐ろしいです。

どのような理由があろうと、猫を家族に迎えたのならば最後まで命に責任を持ちましょう。ちなみに、無事に保護された11匹の猫達はこれから里親を探すそうです。次は幸せな猫生を掴めるように祈るばかりです。

猫を捨てる人がいるという現実を考えさせられる動画はこちらから↓↓↓↓

スポンサーリンク