猫にイタズラされない環境作り6つのコツ

猫にイタズラされない環境作り6つのコツ

猫を飼っているとイタズラ行為に困ってしまうことありますよね。では、叱らずに初めからイタズラをされないようにする環境作りはどのようなことをすれば良いのでしょうか。今回は「猫にイタズラされない環境作りとそのコツ」についてご紹介させていただきます。

2021view

イタズラされない環境作りとコツ

いたずらを狙う猫の顔アップ

猫を飼ってみると、意外にもイタズラが多くて困ってしまう飼い主さんもいらっしゃると思います。

しかし、イタズラは気づかないうちや飼い主の留守中にされてしまうこともあるので、何とかやめさせたいですよね。

そこでここでは、猫にイタズラされない環境作りのコツについてご紹介させていただきます。

1.爪研ぎは複数か所に設置する

爪とぎの上で寝る猫

猫のイタズラで特に困るのが、「あちこちで爪研ぎをされること」ですよね。ふすまや壁、そこらじゅうの家具で爪研ぎをされてしまい、つい叱ってしまうこともあるかもしれません。

猫の爪研ぎは、野生に生息をしていたときの「唯一の武器」です。狩猟をして暮らしていた猫はいつでも天敵が来たら攻撃できるように、そして狩りができるように爪を鋭くしていました。その名残で現在も爪研ぎをしています。

爪研ぎができないようにしてしまえば、猫にとっても大きなストレスになってしまいます。ですので、家具や壁を傷つけることなく、猫にとっても過ごしやすくするためには、「爪研ぎを複数か所に設置すること」です。

爪研ぎがあれば、猫も家具などを引っ掻くことも減るでしょう。爪研ぎにも様々な形のものがあるので、いくつか用意してあげてみてくださいね。

2.小物は片付けておく

散らかった部屋と猫

猫は部屋中を走り回ってしまうので、あちこちの物が倒れたり落下したりなどして、壊れてしまうこともありますよね。

猫が通るだけで散らかしてしまうような「小物」は、初めから片付けておくようにすると、飼い主の片付けのストレスや、叱られる猫のストレスが軽減されるのでおすすめです。

また、小物は猫にとっても誤食などの危険もあります。猫が遊んで誤って食べてしまうような小さな物は片付けておくか、猫の届かない場所にしまっておくようにしましょう。

3.なるべく家具は端に寄せておく

家の置物と子猫

猫は自分の自宅や自分の居場所を「縄張り」だと思っています。
ですので、

  • 猫の寝場所
  • 通り道
  • 走るスペース

などには家具を置かずに、なるべく端に寄せておくようにしてください。

邪魔なものがあると猫もストレスになってしまい、イタズラをしてしまうこともあります。初めから端に寄せておくとイタズラも減りますよ。

4.ソファにはカバーをしておく

ソファーの上で両手を伸ばす子猫

こちらは猫がイタズラをできないようにする対策でもあるのですが、「ソファー」は寝心地もよく、猫のお気に入りの場所になることも多いですよね。しかし、そんな猫の格好の場所はイタズラをされやすいです。

爪研ぎや粗相、嘔吐などをされてしまえば、大切なソファーもボロボロになってしまいます。そのようなことをされてしまわないようにも、初めから防水シートを敷いて、「ソファーカバー」をつけておくようにすると良いでしょう。

5.イタズラをされて困るものは片付けておく

部屋を片付けをする人

飼い主が大切なものを机などに置いていると、引っ掻いておもちゃにしていたり、くわえてどこかへ持っていってしまったりすることもありますよね。

そのような大切な所持品や書類など、必要なものは「猫のおもちゃ」になってしまわないように、初めから片付けておくと良いでしょう。

イタズラをされてしまわないようにするには、箱に入れてしまい込む、猫が立ち入らない部屋に入れておくなどがおすすめです。

6.障子は破れないものにしておく

和室でくつろぐ猫

猫は障子があると「その向こうには何があるんだろう」という興味や、破く感覚が楽しくてついボロボロになるまで引っ掻いて、破いてしまうことがありますよね。

そのようなときには、障子を何度も変えなくて良いように対策をしておきましょう。
おすすめとしては、

  • プラスチック障子
  • 猫が引っ掻いても破れない障子

などに変えておくのが良いでしょう。

これらのような障子にすれば猫も引っ掻くことができませんし、たとえ引っ掻いてしまったとしても破れにくくなっていますので、比較的安心できますよ。

まとめ

ソファーで飼い主と一緒にくつろぐ猫

猫のイタズラ行為には本当に頭を悩ましてしまいますよね。猫は好奇心旺盛なので、家具を引っ掻いたり落としたり壊してしまうこともあると思います。

そのようなことがないようにするためには、家具を端に寄せておいたり、爪研ぎを設置したりするなどの環境作りをしてあげてくださいね。

また、日頃から猫と遊んで構ってしてあげていると、ストレスも減り「イタズラ行為」も減るでしょう。是非試してみてくださいね。