猫がパニックになった時になだめる4つの方法

猫がパニックになった時になだめる4つの方法

猫が突然パニックになると飼い主さんも「どうしてあげればいいの?!」となってしまいますよね。そんなときにできる「猫がパニックになった時になだめる方法」についてご紹介させていただきます。

2050view

猫がパニックになる原因

座って遠くを見る猫

猫って驚くことがあると、パニックになって攻撃的になったり、走り回ってしまったりすることがありますよね。猫がパニックになってしまうのには、飼い主が気がついていないだけでいくつかの原因があります。

猫のパニックを引き起こさないためにも、ここでは猫がパニックになる原因についてご紹介させていただきます。

1.大きな音をたてたから

猫は神経質な生き物です。猫の聴力は、人間の「約4〜5倍」もあるので突然の雷や雨、飼い主の掃除機やドライヤーなどの大きな音が聞こえると、びっくりしてパニックになってしまうことがあるのです。

外の大きな音は仕方がないですが、自宅で掃除機などをかけるときは、猫がいないお部屋からかけてあげるなど対策をしましょう。

2.知らない人が来たから

猫は縄張り意識が強いです。それなのに、突然自分の縄張りに知らない人が来ると、「誰?!何をされるの?!」と怖くてパニックになってしまうのです。

また飼い主がバイクのヘルメットをしたままであったり、マスクをしていたりするだけでも見慣れない格好なので、パニックになってしまうこともあります。

3.他の鳴き声がしたから

猫は自宅で暮らしていても、外の音はたくさん聞こえますよね。そんなときに、犬の鳴き声や猫の喧嘩の鳴き声などが聞こえるとビックリしたり、怖くなったりしてパニックになってしまうのです。

パニックをなだめる4つの方法

座って遠くを見る猫

猫がパニックになってしまうと、走り回ったり暴れたり、飼い主さんも心配になってしまいますよね。

では飼い主さんができる、なだめる方法はあるのでしょうか。いくつかご紹介させていただきます。

1.猫を放っておく

座って遠くを見る猫

「なだめる」に該当しないかもしれませんが、猫がパニックになっているときには、ほおってあげることが一番です。

パニックになっている猫を、飼い主さんが「大丈夫だよ〜」となだめようと触ってしまったとすれば、パニックによって猫は、飼い主さんを噛んでしまったり引っ掻いてしまったりするなど、「怪我の原因」になってしまうこともあります。

猫がいつも優しい性格だったとしても、パニックになっているときには「攻撃的」だということを忘れないでください。

2.ケージやキャットハウスを持ってくる

キャットハウスにいる猫

猫がパニックになってしまったときには、とにかく「1匹になれる空間」を用意してあげることを心がけてください。猫はパーソナルスペースに入れることで、「安全」と認識し、落ち着きを取り戻してくれます。

パニックになっているときに「こっちだよ」と、遠目からパーソナルスペースの場所を教えてあげるようにしてみてください。また、猫を抱っこしても問題ない場合には、パーソナルスペースへ連れて行ってあげてください。

3.狭い場所を用意する

部屋の隙間に隠れる猫

猫はパニックになっているとき、狭い場所を作ってあげると落ち着いてくれるでしょう。

猫は自分サイズの場所が大好きですよね。例えば、パニックになったときは狭い場所を作ってあげるようにしてみてください。そうすることで猫は、自分で避難をし、暫くすれば落ち着きを取り戻してくれますよ。

4.暗い場所を用意する

驚いて固まる茶トラ猫

猫は興奮状態にあるときに、暗くしてあげることがなだめる方法の1つでしょう。部屋の電気を消したり、カーテンを閉めたりしてあげると落ち着いてくれますよ。

まとめ

驚いて固まる茶トラ猫

猫は大きな音が聞こえたときや、縄張りに知らない人が来るとパニックになってしまいます。猫がパニックになってしまったときには、

  • むやみに触らず見守る
  • パーソナルスペースを作る
  • 狭い場所へ導く
  • 暗い環境を作ってあげる

などのいうことをしてあげれば、徐々に落ち着きを取り戻して安心してくれますよ。