猫が飼い主の側にいたい時にする8つの仕草

猫が飼い主の側にいたい時にする8つの仕草

猫は側に来たり、離れたりする行動をとりますが、飼い主の事をどう思っているのでしょう。猫が側にいたい時にする仕草を紹介しました。猫の飼い主の側にいたい気持ちに応えられるようにしておきましょう。

8515view

猫が飼い主と一緒に居たい時はどんな仕草をする?

ソファーでくつろぐ女性の背中に乗る猫

猫の行動パターンは大体同じのようですが、いつもより飼い主を求めていると思える行動があります。

猫が飼い主の側にいたいと思うときには、こんな行動を見せることがあるのです。猫が飼い主の側にいたいアピールを紹介して見ましょう。

1 飼い主をじっと見つめる

座ってこちらを見つめる猫

何かを訴えかけるように猫が飼い主さんをじっと見つめます。好きな人は見つめたり、ついつい目で追ってしまったりするものです。

猫も同じように、飼い主さんの側にいたい気持ちから、見つめてしまうのでしょう。

2 飼い主にちょっかいをかけてくる

飼い主の手にタッチする猫

猫は飼い主さんにちょっかいをかけてくるのは、側にいたいアピールのようです。気持ちとは反対の行動をとってしまうことがあるのです。

構ってほしい、甘えたいなどの気持ちがあるけど、それを上手く行動に示せられないようです。

3 飼い主の至近距離にいる

人の隣にいる猫

猫が側にいたいときは、飼い主さんの至近距離にいます。「側にいたい」と素直な気持ちのまま行動に出しますが、飼い主さんが動けば後を付けてくるような行動をとってしまいます。まるでボディーガードのように、常に至近距離にいようとします。

4 飼い主にボディタッチする

本を読む女性の膝の上で眠る猫

猫は飼い主の側に来て、ボディタッチをしてきます。膝や足の上に乗って落ち着こうとします。

飼い主さんの側にいたい気持ちが強いようです。好きな人の体に触れたり、体温を感じたりしたいと思うのでしょう。

5 鳴き声がいつもより高い

こちらを見上げて鳴く猫

猫が飼い主の側にいたいときは、いつもより高い声で鳴きます。「寂しいよ」「一緒にいたいよ」「何処にいくの?」などと、切なそうに訴えかけてくるのです。

猫が飼い主さんの側にいたい気持ちから、鳴いて行動に示してくるのです。

6 飼い主と同じ行動をとる

飼い主の足元で甘える猫

飼い主さんが、家事や掃除などで動き回ると、猫も同じように動くことはありませんか?荷物を片付けてたら同じように側に来て、キッチンに行けば近くに来て、やること全てに猫も参加してきます。

これは、飼い主さんの側にいたいときにする仕草なのでしょう。飼い主さんの行動が気になり、自分も仲間にいれてほしいと言う気持ちがあるのかも知れませんね。

7 自己アピールしてくる

手を掴む猫

猫の性格は様々で、飼い主さんと側にいたいときにする仕草も違ってきます。ガツガツくるタイプの猫、控えめな猫、飼い主を一人占めしたい猫など、行動の仕方も違います。

他の猫が飼い主さんの側にいると、飼い主さんの気を引こうとすることがあります。飼い主さんの側は自分の物と言わんばかりの主張をしてくるのです。

飼い主さんが、自分の所に来てくれるように自己アピールをすることがあるのです。

8 粗相をする

カーペットに粗相した猫

これもひとつのアピールだと思いますが、飼い主さんの側にいたいけど飼い主さんがいないと粗相をしてしまうことがあります。

これは寂しい気持ちから来ているのでしょう。猫は、「本当は寂しいのに我慢してるんだよ」と粗相をしてしまうのです。

好きな人の側にいたいのに、いられないときは寂しいアピールをしてしまうのです。

まとめ

子猫を抱きしめて一緒に眠る女性

猫が飼い主の側にいたいときにする仕草を紹介して見ました。猫は、単純な部分と複雑な部分を持ち合わせているようです。

側にいたいとわかる行動もあれば、上手く行動にできない猫もいるようです。猫が飼い主さんの側にいたいという気持ちに気づいてあげたいですね。

飼い主さんが猫の気持ちに気づいてあげれば、猫も安心できるのでしょう。

私の家の猫は、側にいたいときにする仕草で多いのは膝に乗ってくる、後を付けて同じ行動をとる、高い声で鳴いてアピールしてくるのが多いです。単純に考えると、側にいたいときにその人の近くに行くのが自然の原理なのかも知れません。

側にいたいのに、離れたり落ち着かない行動をとったりせずに、猫が安心してくれるように心がけたいです。

スポンサーリンク