猫はどうして膝の上に乗るの?3つの気持ち

猫はどうして膝の上に乗るの?3つの気持ち

猫はよく飼い主の膝の上に乗ってきますよね。可愛らしい猫の行動にメロメロになる飼い主も多いと思われます。では一体何故猫が飼い主の膝の上に乗るのかという理由を考えた事がありますか。今回は猫が膝の上に乗る理由について述べていきます。

2555view

1.安心を求めている

膝の上に乗る猫

猫は常に自分の縄張りを作り、決められたテリトリーの中で行動をする習性があります。
そのため、猫が寛いだり頻繁に寝床にしている場所は猫の縄張りである可能性が高いのです。

縄張りは猫にとって、安心して寛げる場所です。したがって、猫が飼い主の膝に乗る理由は、安心を求めているからだと言えます。

常に一緒に生活している飼い主の体温を感じながら、ゆっくりと過ごす事が猫にとって安らげる一時なのです。

2.独占欲の表れ

膝の上で甘える猫

多頭飼育の環境下に置かれている猫ちゃんは、他の猫よりも優位に立とうとして、飼い主の膝の上に乗ろうとします。

素っ気ない態度を取る反面、甘えん坊である一面も持ち合わせている猫ちゃんはヤキモチを頻繁に焼いてしまうものです。

なので、「ご主人様は自分の物よ!」と他の猫や家族に強くアピールするために飼い主の膝だけでなく肩や頭などに乗ろうとするのです。

膝に乗るだけではなく、自分の臭いを付けようと頻繁に擦り寄る仕草を取る事もありますが、独占欲が強くなりすぎると、飼い主で爪研ぎをしてしまう可能性が高まります。

爪研ぎを飼い主でやろうとしたら、きちんと叱りやめさせましょう。

3.構って欲しいから

構って欲しい猫

猫はご飯が欲しい時や遊んで欲しい時に飼い主の気を引くために、膝の上に乗る時があります。

飼い主が他の事に集中していて、猫ちゃんの事を長時間構っていなかったり、長時間家を空けていたりすると寂しい気持ちが強くなって何とかして飼い主にこちらに意識を向けてもらおうとするのです。

したがって、猫ちゃんが飼い主に何かをして欲しい時に膝の上に乗るのです。

猫は、理由もなくいきなり飼い主の膝に乗りません。猫ちゃんが膝の上に乗ってきたら、ご飯をあげたりスキンシップを取ったりするなどをして、猫ちゃんの欲求を満たしてあげましょう。

まとめ

安心している猫

猫が飼い主の膝の上に乗る理由は3つあります。ひとつは、飼い主の膝の上が安心出来る場所だからという事です。

次に、独占欲の表れとして飼い主を独り占めしているからと言う理由です。そして、最後は飼い主に構って欲しいという理由から猫は膝の上に乗ろうとします。

いずれの理由も、猫の方に悪意がある訳ではなく飼い主に対して好意的な感情を抱いているために取る行動であると言えます。

飼い主や他の猫に怪我をさせてしまうなら注意しなくてはいけませんが、基本的には猫ちゃんの取る行動を見守りましょう。

スポンサーリンク