猫がよくいるお気に入りスポットの特徴4つ

猫がよくいるお気に入りスポットの特徴4つ

猫って、「どうしてそんなところにいるの?」と思うような場所で、落ち着いていることがありますよね。飼い主にとってはおかしな場所でも、猫には「お気に入りスポット」であることも。そこで今回は「室内飼い猫のお気に入りスポットの特徴」についてご紹介させていただきます。

1702view

猫のお気に入りスポットの特徴

箱の中から手を出す猫

猫にとって落ち着けるような「お気に入りスポット」ってどのようなところがあるのでしょうか。

あらかじめ分かっておけば、飼い主さんも猫のために積極的にお片付けをしてあげたり、開放したりすることができますよね。

そこでここでは、室内飼い猫がお気に入りのスポットに、どんな特徴があるのかについてご紹介させていただきます。

1.狭い場所

部屋の隅に隠れる猫

猫は、

  • ふすま
  • 物置部屋
  • 家具の下や後ろ

などの狭い空間がお気に入りスポットです。

なぜなら「もしかしたら良いものがあるかもしれない」と、好奇心旺盛に探検することが大好きだからです。またそれだけではありません。猫は「狭い場所」にいることで落ち着くことができます。

これは、野生に生息していたときに、岩陰などの狭い場所に隠れて暮らしていたからです。狭い場所であれば、敵が来ても「気が付きやすい」ので落ち着くことができるのですね。

部屋だけでなく、段ボール箱や紙袋などの狭い場所も大好きですので、近くに置いてあげてみてくださいね。

2.高い場所

キャットタワーで眠る猫

猫は、

  • キャットタワーの一番上
  • 机や椅子、ソファの上
  • 本棚の上

などの高い場所によくいますよね。地面で寝れば広々と落ち着いて眠れるのに、どうして高い場所がお気に入りスポットなのでしょうか。それは本能と関係しています。

猫は野生として暮らしていたとき、木などの高い場所から「見張り」をしていました。高い場所であれば自分の縄張りを荒らす動物がいないか、天敵は来ていないかなどを確認しやすかったのです。ですので高い場所がお気に入りスポットなのです。

またそれだけではありません。猫はノミやダニなどに寄生されると皮膚炎などの病気になってしまうこともありますよね。これは、野生時代も同様です。

しかし高い場所にいれば、地にいるノミやダニもほとんどいなかったので、現在でも本能的にお気に入りスポットになっているのです。

3.暗い場所

暗い場所にいる猫

猫は、

  • ふすまの奥
  • お布団の中
  • 洗濯機
  • 段ボールなどの箱の中
  • 衣装ラックの中

など暗い場所がお気に入りスポットです。こちらも本能が関係しています。

猫は野生で暮らしていたときに、「狩猟」をして生活をしていました。ネズミやイタチ、小さな昆虫は暗くて見つけにくい場所に潜んでいることを学んでいます。

それにより、今でも「何かいるかもしれない」、「楽しいことがあるかもしれない」と暗い場所にいることがお気に入りなんですね。

暗い場所が好きということは、洗濯機などに入ってしまい、怪我をすることもあるので、「蓋をする」などして対策し、中に入って怪我をしてしまうことがないように気をつけてあげてくださいね。

4.暖かい場所

サングラスをかける猫

猫は寒がりな動物です。ですので、

  • 太陽のあたる窓辺
  • 空気の暖まる場所

がお気に入りスポットです。日中に、窓のところで日なたぼっこをしていることがよくありますよね。これは太陽の光で暖を取っているのです。

窓の近くにキャットハウスを置いてあげるなどすると、猫は喜んでくれますよ。

まとめ

お気に入りのベッドで眠る猫

猫は「狭い場所」、「高い場所」、「暗い場所」、「暖かい場所」などがお気に入りスポットです。

高い場所はキャットタワーや、キャットウォークをつけると喜んでくれるのでおすすめです。また、暖かい場所も太陽の光の近くにキャットハウスなどを置くと、お気に入りになってくれますよ。

飼い主さんが是非、積極的に環境作りをして、猫が過ごしやすい環境を作ってあげてくださいね。