猫が甘えん坊モードに入った時にする9つの仕草

猫が甘えん坊モードに入った時にする9つの仕草

猫は様々な形で、感情を表現しています。喜怒哀楽、それぞれに、猫独特の仕草があります。それでは、甘えん坊モードに入った時は、どんな仕草で表しているのでしょう?代表的な甘えん坊モードの仕草を、集めてみました。

4731view

猫が甘えん坊モードに入ったときにする仕草たち

女性に抱かれている猫

猫が甘えん坊モードに入ったときにする仕草を見ていきましょう!

1.ゴロゴロ言う

日なたぼっこしながら撫でられている猫

猫が甘えん坊モードに入るとゴロゴロ言い出します。飼い主さんに甘えて、幸せ気分の絶頂です。リラックスしているときは飼い主さんが側に来るだけでゴロゴロ言うことも。

猫のゴロゴロ音には人にもリラックス効果をもたらしてくれると言いますので、近くで聞いてその恩恵に与りましょう!

2.スリスリしてくる

女の子に近づく子猫

猫が甘えん坊モードに入った場合、スリスリと体をすり寄せることが多いです。

猫はどこで甘えん坊モードに入るか分かりません。何かふわふわした感触がしたと思ったら、猫が足元などにスリスリしているかも。

何だかくすぐったいような、嬉しい感触ですよね?猫がスリスリしてくるときは、構ってほしいとき。時間の許す限り、ナデナデするなどして気にかけてあげてください。

その時間は猫にとっても飼い主さんにとっても幸せな記憶となることでしょう。

3.体に乗ってくる

女性に抱かれている猫

甘えん坊モードに入ると、体に乗ってくる場合も。膝はもちろんお腹や肩、頭に乗ってくることもあります。いかにも甘えたその様子にメロメロになってしまいますね。思う存分甘~い時間を楽しんでください!

4.ふみふみする

飼い主の膝に乗ってくつろぐ猫

ふみふみも甘えん坊モードの代表的な仕草です。前足を交互に、一生懸命グーパーしてふみふみし出します。

爪が伸びていると痛みを感じることがあるので、猫の爪は日頃からマメにカットするようにしておきましょう。

猫のふみふみするところはとっても可愛いです!ぜひお見逃しのないよう、ご注意ください。

5.お腹を見せる

布団の上で仰向けになって眠る猫

急所であるお腹を見せるのは、飼い主さんに全幅の信頼を置いていて甘えていると言うこと。遊んでほしいときの仕草でもあります。

勘違いしがちなのが、お腹を見せているからお腹を触ってほしいのだと思ってしまうことです。

たとえお腹を見せていても、猫はお腹を触られるのを嫌がることが多いので、お腹ではなく頭など猫が触られて喜ぶ箇所をなでなでしてあげてください。または、おもちゃで遊んであげても喜びます!

6.しっぽをピンと立てる

尻尾を立ててこちらを見つめる猫

猫は好きな相手を見たとき、しっぽがピンと立ちます。飼い主さんを見てそうなったら、大好きで甘えている気持ちがあるのでしょう。「にゃ〜ん」と嬉しそうな鳴き声をあげるかもしれません。

こんなときはたくさん可愛がってあげましょう。優しく声をかけてあげると尚良しです。

7.高音で鳴く

訴えるように鳴く猫の顔アップ

高い声で鳴くときも、甘えん坊モード全開です!構ってほしいとき、注意を払ってほしいとき、飼い主さんの方をじっと見て、高めの声で鳴きます。

おねだりの合図でもありますね。お腹が空いていて、ご飯のおねだりをしているときも。猫が何を欲しているのか察するのは飼い主さんの役目です。

ぜひ猫の気持ちを読んで、猫が欲するものを与えてあげてください。

8.甘噛みする

飼い主の指を噛もうとする猫

甘噛みは時として問題行動になる場合もありますが、じゃれているときに甘噛みしてくるのは、甘えん坊モードだと思って良いでしょう。もし痛かったら、「痛い!」と教えてあげれば大丈夫です。

我が家の猫は甘えん坊モードに入ると、鼻を噛もうとしてくることがあります。可愛いのですがちょっと困るので、うまい具合に避けていますが。

9.贈物をしてくれる

ネズミのおもちゃを抱える猫

狩りができない飼い主さんに代わり、獲物を捕って、贈物をしてくれることがあります。おもちゃならば良いですが、本物のネズミや虫などを捕ってくることも。

でも決して嫌がらせではありません。飼い主さんに褒めてほしくて贈物を捕ってきてくれるのです。

ですからたくさん褒めてあげてください。そして贈物はひっそりと処分すると良いでしょう。

まとめ

暖炉の前で女性に抱かれてくつろぐ猫

猫の甘えん坊モードの仕草はどれも可愛いものばかりです。いや、何をしても可愛いのが猫、と言うべきでしょうか?

甘えん坊モードの仕草は猫によっても異なります。あなたの猫はどんな仕草をしますか?

見つけてあげると、より猫との暮らしが楽しくなりますよ!