猫のかわいい「構って」アピール8選

猫のかわいい「構って」アピール8選

猫ってとにかくかわいいですよね。そんな猫が「構って〜」「触って〜」とアピールする仕草はどのようなものがあるのでしょうか。今回は猫が見せる可愛いアピールについてご紹介させていただきます。

2414view

猫がみせる可愛いアピール!

飼い主の手にタッチする猫

猫は見た目だけでなく、仕草もたまらなくかわいいですよね。そんな猫が飼い主さんに「構って〜」とアピールするときは、どのような行動があるのでしょうか。

ここでは可愛い8つのアピールをご紹介させていただきます。

1.ゴロにゃんこをする

両手を挙げて仰向けに眠る子猫

猫は飼い主さんに構ってほしいとき、とにかく「気が付いて〜」とアピールしますよね。

そんなときに、ゴローンと転んでお腹を見せてくれることがあります。このゴロにゃんこは、信頼関係のある人にしか見せないんですよ。

飼い主さんに気がついてほしいからと、廊下のど真ん中で人の足元を邪魔するように、ゴロにゃんこしたりテーブルの上を陣取ってしたりすることも。

このアピールは飼い主さんがどれだけ忙しくても、構ってあげたくなりますね。

2.ニャーンと甘い声で鳴く

訴えるように鳴く猫

猫のアピールは、「鳴く」という行動でも現れます。猫はお腹が空いているときや、飼い主さんに構ってほしいときなど、「ニャーン」と甘い声で鳴きます。

猫の鳴き声は「意思表示」でもあるので、このアピールに気がついたら飼い主さんも声掛けをして、撫でてあげたりするようにしてくださいね。

3.目で追ってくる

見つめる猫

バタバタと忙しそうにしている飼い主さんをジーッと見つめ、目で追ってくることありますよね。

これは「飼い主さん、何しているのかな」、「いつになったら気がついてくれるかな」と、甘えたいけど遠慮をしているときに見られるアピールです。

どこへ行っても目で追ってきてくれているときには、近づいて触ってあげてくださいね。

4.駆け寄ってくる

部屋の中を歩く猫

猫は飼い主がいて嬉しいときや、甘えたいときに「構って〜!」とアピールをして駆け寄ることがあります。

猫は単独行動を好み気分屋だと言われますが、どんなときも飼い主さんが大好きです。

帰宅をしたときに駆け寄ってきてくれたときや、目が合ってきてくれたときには、無視をせずにたくさんコミュニケーションをとってあげてください。

5.尻尾をフワリと立ててくる

猫の尻尾アップ

猫が尻尾をフワリと立てて、飼い主さんの元へやって来るのは構ってほしいアピールです。

足元でべったりとしていたり、飼い主さんの作業を邪魔するようにくっついていたりするときには構ってほしいアピールですので、無視しないであげてくださいね。

6.ゴロゴロと喉を鳴らす

飼い主のベッドの横にいる子猫

猫は喉を鳴らして飼い主さんに「眠たいよ〜」、「甘えたいよ〜」のアピールすることがあります。

このゴロゴロは猫がリラックスをしている証でもあり、構ってほしいときのアピールの1つです。

お布団などで、夜に撫でていてゴロゴロと喉が鳴り出したときには、寝かせてあげてくださいね。

7.前足をフミフミする

猫の前足

猫が前足をフミフミすることありますよね。この行動は、「大好き」のアピールです。

これは飼い主さんの足元でしたり、布団でしたりすることがよくあります。この意味は、「母猫の母乳を出やすくするための子猫の行動」です。

大好きな飼い主さんを、母猫と重ねながら大好きだよ、とアピールしているんですね。

8.ゆっくり瞬きをする

目を閉じて眠る猫

猫のアピールは様々ですが、ふと目が合ったときにゆっくりと瞬きすることありませんか?これは見つめている相手に「大好きだよ」、「ありがとう」など気持ちを伝えるときに見せる仕草です。

猫は目が瞬膜に覆われており、人間のようにまばたきを頻繁にはしません。しかし、飼い主さんと目があったときにこのような行動をするということは、アピールしているんですね。

もしこの瞬きが見られたときには、飼い主さんもゆっくり瞬きをして返事してあげてくださいね。

まとめ

飼い主の足元にすり寄って甘える猫

猫は見た目も仕草も全てがかわいいですよね。そんな猫が「構って〜」、「撫でて〜」と様々なアピールをしてきたときには、信頼関係を築くためにも無視せず、たくさん愛情を注いであげてくださいね。