猫のご飯の選び方や与え方、おすすめのキャットフードまで

猫のご飯の選び方や与え方、おすすめのキャットフードまで

猫を飼っているのであれば、必ず必要になってくる猫のご飯。具体的にどのような猫のご飯を購入すれば良いか分からないという方のために、今回はおすすめの猫のご飯の選び方を紹介します。また、猫にご飯を与える際の給餌量や注意点などについても詳しく解説しますよ♪

2146view

猫のご飯はどんな物を与えるべき?

真上を見つめる猫

猫を飼い始めたばかりだと、愛猫にどのような猫のご飯を与えればよいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、猫のご飯として安心して与えられるキャットフードの特徴や、おすすめの猫のご飯商品などを紹介します。

「猫を飼っているけど、猫のご飯に関する知識がまだあまりない」という方は、ぜひこの記事を参考にして猫のご飯のことを知っていただけると幸いです。それではさっそく、猫のご飯の選び方について、見ていきましょう!

総合栄養食

猫用のフードを見てみるとパッケージに「総合栄養食」や「副食」「おやつ」といった表記が書かれているのが分かります。主食となる猫のご飯を与える場合は、必ず「総合栄養食」と書かれているものを猫のご飯として食べさせましょう。「総合栄養食」には、猫が生きる上で必要な栄養がしっかりと詰め込まれています。

単品で与えてはいけない猫のご飯

一方、「副食」や「おやつ」と書かれているものは、猫のご飯ではなく”おかず”や”お菓子”に近いものだと考えておきましょう。猫のご飯として与えるのではなく、猫とコミュニケーションをとる場合に「副食」や「おやつ」を活用するのはおすすめですが、これらを猫のご飯として与えてしまうと、体調を崩す原因にもなるため注意が必要です。

タンパク質が豊富なもの

人間の場合は炭水化物が主なエネルギー源となりますが、猫の場合はタンパク質が主なエネルギー源です。そのため、エネルギーがしっかりと補給できる猫のご飯を食べさせるために、できるだけタンパク質の多い食事を与えるようにしましょう。

肉類や魚類などが中心となっている猫のご飯を与えれば、猫にタンパク質をたくさん摂らせることができます。反対に、穀物類が中心となっている猫のご飯は、タンパク質よりも炭水化物がメインになってしまっているので、猫のご飯としてはあまりおすすめできません。

病気の猫には療養食を与える

中には腎臓病や皮膚のトラブルを抱えている猫もいることでしょう。そのような猫を飼っている場合は、一度動物病院でどのような猫のご飯を与えるべきか獣医さんに相談することをおすすめします。

病気を抱えている猫が健康な猫のご飯を食べてしまうと、場合によっては病状が悪化する可能性もあるのです。そのため、猫の体調に合った猫のご飯「猫専用の療法食」を食べさせましょう。

猫にご飯を与える方法

ドライフードを食べる猫

猫のからだに良いキャットフードを選んだとしても、給餌量を誤ってしまったら肥満や病気の原因になりかねません。なので、猫のご飯の給餌量について把握をしておくことも重要です。猫のご飯を具体的にどのくらいの量を与えるべきなのか、以下にまとめたのでぜひ参考にしてみてください。

ご飯の適量

基本的には、購入した猫のご飯のパッケージに書かれている給餌量を参考にするのが分かりやすくておすすめです。ちなみに、猫のご飯で猫が1日に摂取すべきカロリーの量は、以下の計算式でも求めることができます。

カロリー数 カロリー量
子猫が1日に摂取すべきカロリー数猫の体重×100~200kcal
成猫が1日に摂取すべきカロリー数猫の体重×80kcal
シニア猫が1日に摂取すべきカロリー数猫の体重×60kcal
妊娠・子育て中の猫が1日に摂取すべきカロリー数猫の体重×110kcal

子猫の時期は、からだの成長のためにたくさんの栄養を必要としているため、より多くのカロリーを猫のご飯で摂取する必要があります。また、妊娠や子育て中の猫も、子猫に栄養のある母乳を飲ませる必要があるため、たくさんのカロリーを取ることが出来る猫のご飯を摂取しなくてはいけません。

ドライフードとウェットフードの使い方

猫のご飯の形状は、大きく分けて2つのタイプが存在します。ひとつは硬い食感のドライフード。そして、もうひとつは液状やムース状、缶詰め状になっている柔らかい食感のウェットフードです。

普段の猫のご飯はドライフードを与えるようにし、おやつを与える場合や薬を飲ませる場合は、ウェットフードを活用するという飼い主さんが基本的には多いです。

ドライフードの方がウェットフードよりも安価な傾向にあり、一度開封してもある程度は長持ちするため、普段の猫のご飯にはドライフードが適しています。一方、ウェットフードは嗜好性が高いという特徴があり、薬などを包み込むこともできるため、ご褒美やオブラート代わりに猫のご飯として利用するのにうってつけです。また、猫の食欲がない時は、嗜好性の高いウェットフードを猫のご飯としてで食欲をそそるのも良いでしょう。

猫のご飯を与える時の注意点

キャットフードと猫

猫のご飯を与える場合、以下のような点には必ず注意をしましょう。

人間用の食事はダメ

たまに、人間が食べたご飯の残り物を猫に与えている飼い主さんもいますが、基本的にはあまりおすすめできません。というのも、人間が食べるご飯は猫のご飯とは違い、濃い味付けになっていることが多いからです。

そのため、猫が人間用のご飯を食べてしまうと、塩分や糖分の過剰摂取になる場合があります。どうしても、人間と同じ食べ物を猫にも食べさせたい場合は、味付けを一切していない魚や肉などを与えましょう。

猫のご飯でも与えすぎると肥満になる

いくら猫のからだに良いキャットフードでも、一度に多くの量を食べ過ぎてしまうと肥満の原因になります。そのため、先ほど紹介した給餌量を目安にして、猫のご飯を与えすぎないようにするのも飼い主さんの大事な務めです。

おすすめの猫のご飯

キャットフード

猫のご飯と一口に言っても、その種類は様々でどのようなキャットフードを選べばよいか迷う飼い主さんもたくさんいます。そこで、今回は筆者が実際に飼い猫に食べさせてみて「良い」と思ったキャットフードを2つ紹介します。

ピュリナワンシリーズ

インドアキャット ターキー&チキン
1,225円(税込)

商品情報
ターキーを主原料にし、食物繊維も配合

ピュリナワンシリーズは、子猫からシニアまで各年齢に合わせて、様々な種類のフードを出しています。猫にとって重要なタンパク質を含んだ肉や魚をメインにした商品になっており、しかも比較的安いという特徴を持っています。そのため、できるだけ安くて安全な猫のご飯を探している人にはおすすめといえます。

ロイヤルカナンシリーズ

FHN インドア 猫用
4,710円(税込)

商品情報
天然由来原料を使用

ロイヤルカナンシリーズも、ピュリナワンシリーズと同じく様々な年齢に合わせて、数多くの商品を出しています。それだけでなく、ダイエット中の猫向けや腎臓病を抱えている猫向けなど、からだに不調を抱えている猫専用の商品も出しているのです。

ピュリナワンシリーズよりも高価ではありますが、多くの飼い主さんから高評価を得ている商品なので信頼度高めのキャットフードといえるでしょう。

まとめ

からのお皿を前に見上げる猫

人間と違い、飼い猫は基本的に毎日同じキャットフードを口にすることになります。毎日同じ猫のご飯を摂取することになるので、猫のからだに合っていないキャットフードを与えたり、猫のご飯が極端に多い給餌量や少なすぎる給餌量だと、猫のからだにも大きな影響が出るため、猫のご飯は飼い主さんがきちんと管理してあげましょう。

人気のキーワード