猫が飼い主を探してる時にする4つの行動や鳴き声

猫が飼い主を探してる時にする4つの行動や鳴き声

猫を飼っていると「この行動はなんだ?」と飼い主が理解できないようなことをするときもありますよね。実は猫は飼い主を探しているときにいくつの行動をします。

16915view

猫が飼い主を探してる時の仕草って?

たくさんのクエスションマークと子猫

猫を飼っていると、「何でそんな動きをするの?」「この行動にはどういった意味があるの?」と飼い主が不思議になったり、理解できないような動きや仕草をしたりするときもありますよね。

実は猫は、「あれ?飼い主さんがいなくなった!」と思ったときには、いくつかの決まった行動をすることがあります。

ここでは、その猫の不思議な行動や仕草などについてご紹介させていただきます。

1.落ち着きがなくなる

遠くを見つめる猫の横顔

猫は飼い主を探していると、「落ち着きがなくなる」という行動が目立つようになります。

いつもであれば、猫が昼寝をしているような時間帯なのに、飼い主さんがいないと寝ずにウロウロとしたり、クンクンと辺りを臭いで回ったりするような行動をしだします。

これは「飼い主さんはどこだ?」とウロウロとして探し回ったり、地面や辺りの臭いで飼い主さんがどこにいるか、探そうとしたりしているときに見られる行動なの です。

2.鳴く

猫は飼い主を探していると、「鳴く」ようになります。

猫は飼い主がいないと、「どこに行っちゃったの?」、「寂しいよ〜。」、「出てきてよ〜。」と不安で欲求鳴きをするようになります。

いつもであればニャーンと甘い声で、可愛らしく鳴きますが、飼い主を探しているときには大きな声で、「ニャオーン!ニャオーン!」と鳴くのが特徴です。

玄関や階段、いつも飼い主がいる場所などをウロウロして鳴き続けることもあります。

3.玄関で座り込む

玄関で寝転んでいる猫

猫は飼い主を探していると、「玄関で座り込む」という行動をします。

猫は飼い主や家族が、「玄関の扉」から外の世界へ出入りしていることを日々の生活で認識しています。

飼い主が見つからなくなってしまうと「どこかへ行ってしまったのだろうか」と玄関へ行き、飼い主の帰りを待つ行動をします。

飼い主が待ち遠しい気持ちと寂しい気持ち、不安な気持ちがあるときの行動なのです。

飼い主が外出ではなく、お風呂やトイレにいるときも、猫が飼い主を探しているとこのような行動が見られることもありますよ。

いつもは行かないようなところへ入る

戸棚の上から見下げる猫

猫は飼い主を探していると、「いつもは行かないようなところへ入る」という行動をします。猫は大体過ごす部屋が決まっていますよね。

しかし飼い主が見つからないと、ふすまや戸棚などの奥やベッドや衣類棚などの家具の後ろ、冷蔵庫やテレビなどの家電製品の隙間など、ふだん入らないようなところへ入り込んでしまうことがあります。

またそれだけでなく、ふだんは入ろうとしないような部屋にも行ってしまうこともあるでしょう。

このような行動は、猫が「もしかすると飼い主さんはここにいるのかもしれない!」と思って探していることから起こる行動なのです。

まとめ

猫と人の手で作ったハートマーク

猫は気分屋で自分勝手、単独行動を好むのですが性格によっては、

  • 人懐こい
  • 構ってちゃん
  • 甘えたがり
  • 寂しがりや

などの性格の子の場合もよくあります。

そんな猫が飼い主がいないとなってしまうと悲しさや寂しさから、

  • ウロウロと落ち着きがなくなる
  • ニャオーンと大声で鳴く
  • 玄関で座り込む
  • いつもは行かないようなところへ入る

などといった行動や仕草をするようになります。

ですので、猫を飼っている場合にはなるべく、猫に寂しい思いをさせなくて良いように、

  • 長時間の外出は控える
  • お出かけをするときには、「行ってくるね」と声掛けをする

などして、猫が飼い主を探さなくて良いようにきちんと配慮をしてあげてください。

また帰宅したときにも、「ただいま」と声掛けをしてあげることを忘れないであげてくださいね。