猫の免疫力をアップさせる5つの食材

猫の免疫力をアップさせる5つの食材

猫の健康維持には免疫力が欠かせません。ですが加齢や病気などで、免疫力は低下してしまいます。そして猫の体に必要な栄養が全て網羅されていると言われているカリカリだけでは、免疫力を保つために不十分なこともあるのです。そんなときは、カリカリとともに免疫力アップの食材を一緒に与えてみましょう。猫の免疫力アップに効果的な食材、ご紹介します!

3527view

猫の免疫力をアップさせる食材

籠に入った食材に手を出す茶色い猫

猫の免疫力をアップさせる食材には何があるでしょうか?

1.低脂肪の肉、魚

ささみ

良質なたんぱく源として、低脂肪の肉、例えば鶏のささみや魚を与えると、免疫力アップにつながります。

鶏のささみを与えるときは小さくカットして、さっと茹でるなどして、味付けをせずに軽く加熱して与えましょう。

魚は、アジ、イワシ、サンマなどの青魚は必ず加熱して皮ごと与えます。細かくほぐすのも忘れずに。青魚を猫にあげる時は黄色脂肪性になる可能性があるので与えすぎないように注意しましょう。

たら、たいなどの白身魚は、1口サイズにカットしてさっと加熱してください。寄生虫がいる可能性があるので、しっかりと加熱してから与えましょう。

魚には骨が残らないように注意してあげてください。

2.きのこ類(しいたけ、舞茸、エリンギ)

きのこ

きのこ類は、ビタミンB群や野菜では摂取できないビタミンDが豊富な食材です。味付けをせずに細かく刻んで加熱して与えましょう。

白いマッシュルームに関しては加熱せず生で与えても大丈夫です。干しいたけは栄養が高いので、免疫力をアップさせる上で良い食材です。

水で戻した後、細かく刻み、更にペースト状にすると良いでしょう。

3.緑黄色野菜(かぼちゃ、小松菜、ブロッコリー)

温野菜

かぼちゃ、小松菜、ブロッコリーの緑黄色野菜は人にも良いとされていますが、猫の体にも有効に働いてくれます。β-カロテンやビタミンCを多く含むかぼちゃは、小さく切ってから味付けをせずに加熱してあげましょう。実は種の中身も食べられます。

多くの栄養素が含まれた小松菜は鮮度が大切です。購入した日に与えるか、茹でてから冷凍保存しておきましょう。細かく刻んで与えます。生でも加熱しても○。

ブロッコリーは「スルフォラファン」という、発がん物質の解毒酵素を活性化する成分が含まれています。糖尿病や心臓病の予防効果もありますので、是非、活用を。

茎に多くの栄養と食物繊維が含まれていますので茎も使いましょう。

ただブロッコリーに含まれるビタミンCは、加熱すると壊れてしまうので、さっと加熱する程度にとどめておくと良いでしょう。

4.皮付きの食材(鶏肉、魚、野菜)

鮭

食材を守っている「皮」には、様々な力と多くの栄養素が含まれています。鶏肉の皮は高たんぱくなのに低脂肪。

ただ皮の下にある脂肪に化学有害物質が蓄積されやすいので、できるだけ脂肪を取り除いて味付けをせずに与えるようにしましょう。

皮付きの魚は、皮つきのまま与えてください。味付けをせずに香ばしくしっかり焼き上げれば、その香りで猫の食欲も増進します。思わずかぶりつく猫の姿が目に浮かびますね。

野菜もできるだけ皮付きのまま与えるようにしましょう。ですが、そのまま皮付きで与えて大丈夫なのは、有機野菜や減農薬、無農薬野菜です。

それ以外の野菜は農薬の心配があるので、野菜専用洗剤を使って洗ってから、皮付きで与えるようにしてください。

5.スプラウト類

スプラウト

スプラウト類にはビタミンやミネラルが多く含まれています。「天然のサプリメント」と言われるほどです。

免疫力アップの他に、心臓病やがん予防効果が高いことが分かっています。猫に与えるときは塩コショウなど味付けをせずに細かく刻んで生で与えるようにしてください。

猫に免疫力アップの食材を与えるときのポイント

振り返る黒板の前にいる猫

猫に免疫力アップの食材を与えるときのポイントがあります。

1.キャットフードにトッピングする

お皿を見る猫

免疫力アップができるからと言って、一つの食材のみを与えていては栄養が偏ってしまいます。

そんな飼い主さんはいないと思いますが、いつものキャットフードにトッピングとして与えると、栄養が偏らずに安心して与えることができます。

キャットフードに飽きてしまったときなど、猫が好きな食材をトッピングしてあげると、喜んで食べてくれるでしょう。

2.人肌温度程度で

コーヒーカップ

猫は30℃〜40℃程度の人肌の食事を好みます。免疫力アップの食材を与えるときは、人肌温度程度にしてあげると良いでしょう。

また、その温度は食材の酵素が最も活性化する温度。免疫力アップに、一役買ってくれるでしょう。

3.与えすぎない

様々な食材と猫

どんなに良い食材でも与えすぎは良くありません。適量を守って与えるようにしてください。

様々な食材を与えていると猫のお気に入りができ、可愛くおねだりされるかもしれません。

ですが猫の健康を守るため、くれぐれも与えすぎないように気をつけましょう。

まとめ

野菜畑に白い猫

カリカリだけを与えるより、免疫力アップに有効な食材も併せて与える方が、猫の健康には良いようです。

そんなに凝ったものを与える必要はないので、飼い主さんの食事を作る際、味付け前の肉や魚、野菜を少し、おすそ分けしてあげれば良いのです。

アレルギーがある可能性がありますので、初めての食材を与えるときは、ごく少量から与えるようにしてください。問題なければ徐々に量を増やすようにすると、猫に負担をかけることがありません。

また、猫が食べてはいけない食材(ネギ類や甲殻類、アボカドなど)には注意が必要ですので予め知っておくようにしましょう。

病気によっては症状が悪化する可能性もありますので、猫の体調が悪い時や持病がある猫ちゃんに与える時は必ず獣医さんに相談の上与えるようにしてくださいね。

うまく免疫力アップの食材を使って猫の健康を保ってあげてくださいね!

人気のキーワード