猫が猫じゃらしを食べるのは大丈夫?注意したい2つの事

猫が猫じゃらしを食べるのは大丈夫?注意したい2つの事

猫じゃらしを取ってきて、猫を遊ばせたことはありませんか? 猫じゃらしという名前だけあって、猫がよくじゃれるので、面白いですよね。この猫じゃらしを、猫は遊ぶだけでなく、かじって、食べてしまうことがあります。猫が猫じゃらしを食べても大丈夫なのでしょうか?

3974view

猫が猫じゃらしを食べてしまっても大丈夫!

外で猫じゃらしを食べる猫

猫が大好きな猫じゃらし。遊ぶだけでなく猫がかじって猫じゃらしを食べてしまうこともあります。猫じゃらしを食べても大丈夫なのかと心配になりますが、猫が猫じゃらしを食べても、特に問題はありません。猫は、お腹にたまった毛玉を排出しやすくするために草を食べる習性があります。室内飼いの猫では、外へ草を食べに行けないので、猫草を用意してあげるくらいです。

猫が猫じゃらしの穂先を食べても大丈夫?

猫じゃらしの葉っぱは猫草に似ていますので、猫が好みそうですよね。ただ、猫がじゃれて遊ぶ時、猫じゃらしの穂先も食べてしまうことがあります。猫じゃらしはイネ科の植物で、猫じゃらしには猫に有害な成分などは含まれていませんので、猫が猫じゃらしの穂先を食べても心配ありません。

猫じゃらしの正式名称

猫じゃらしと言えば、夏から秋にかけて道ばたによく生えてる雑草です。猫じゃらし、正しくはエノコログサと言いますが、猫じゃらしという名前の方がなじみがあることでしょう。猫じゃらしと呼ばれるだけあって猫がよくじゃれます。猫じゃらしの毛虫のような形状の穂先を振ってあげると、市販の猫のおもちゃよりも猫じゃらしによく飛びついてくるほど。

狩猟動物である猫の本能で反応してしまうようです。猫じゃらしのような自然の物の方が猫も好きなのでしょうね。猫のストレス解消になり、タダの物なので猫じゃらしを外から取ってきては猫を遊ばせたくなります。ただ、猫じゃらしの穂先がポロポロと取れて部屋の中が汚れてしまうのが困りますが…。

猫じゃらしを食べた時気をつけたい事

寝そべって猫じゃらしを掴んでいる猫

1. 胃腸の弱い猫には食べさせない

猫が猫じゃらしを食べてしまっても問題はありませんが、猫じゃらしは穂先がチクチクしていますので、やはり気をつけなければいけない時もあります。胃腸が弱っている猫が猫じゃらしを食べると胃を荒らしてしまうことがあるのです。

猫じゃらしの穂先には、芒(ノギ)と呼ばれる突起がついており、猫じゃらしが枯れてくるとトゲのようになります。これが胃腸の弱い子の場合、負担になってしまいますので猫じゃらしを食べさせない方がいいでしょう。特に子猫やシニア猫では注意してくださいね。

2. 猫の体についたら取り除く

また猫じゃらしを食べるだけでなく、猫の体についた場合も注意が必要です。猫じゃらしのトゲ状の芒は、皮膚に刺さると炎症を起こし化膿してしまいます。また目や鼻に刺さることもあります。そうなると獣医さんで取ってもらうしかありません。それだけではなく、体内に侵入してしまうと危険です。口から入った芒が、肺や脳に達することも考えられます。

このようなケースはまれですが、症例が報告されているのも事実です。咳や微熱が続き、原因が特定できない場合、猫じゃらしの芒のような異物が侵入している可能性もあります。猫じゃらしで遊んだ後は部屋を掃除し、しっかりとブラッシングしてあげてください。

猫じゃらしで猫を遊ばせる方法

タオルの中から何かを狙っている猫

猫は、猫じゃらしが大好きです。猫じゃらしを模して作られた猫のおもちゃもたくさん売られていますよね。もちろん、それらのものも猫が遊ぶのですが、じゃれついたり噛みついたりしているうちに、すぐに先の部分が取れてしまいボロボロになってしまいます。

猫じゃらしが生えている時季なら、猫じゃらしを取ってきて遊ばせるのが安上がりと言えそうです。ボロボロになっても、猫じゃらしを道ばたから取ってくればいいのですから。

猫じゃらしを動かす時のコツ

猫じゃらしを使って猫を遊ばせる時は、小動物の動きをまねてみると猫じゃらしによくじゃれます。猫の狩猟本能を刺激するようです。始めは、猫じゃらしを小さくぴくぴくと動かしてみます。猫が興味を示したら、猫じゃらしを動きを大きくしていきましょう。

猫じゃらしで遊ぶ時に注意する事

猫を猫じゃらしで遊ばせる時は、近くに他の人がいないか、危険なものがないか確認して広い場所で遊ばせるようにしましょう。興奮して近くの人を引っ掻き、噛みついたりする危険性があります。壊れやすいものの近くも控えましょう。

遊んだあとは床に猫じゃらしの穂先が落ちてしまいますので、猫の体に着かないように片付けましょう。

猫じゃらしを手作りする方法

ネズミのマスコットをつけた手作りの猫じゃらし

猫じゃらしが近くになく、生えていない時季や、猫じゃらしが家の中に散らかるのは困るという場合は、猫じゃらしを手作りしてみませんか。猫じゃらしは簡単に作れますよ。

必要な物

  • 木製の丸棒
  • 紐(リボン)
  • 鈴や羽など
  • 接着剤
  • ハサミ

作り方

1.木製の丸棒に複数本の紐を巻きつけていきます。棒はホームセンターや百円ショップでも買えますが、市販の猫じゃらしが壊れてしまった物を再利用してもいいですね。

2.紐は先まで行ったら30センチほど残し、そこに鈴や羽など、猫が興味を示しそうなものを取り付けます。これで完成です。

紐を使わず、棒の先端に羽や、短冊状に切った紙をテープで固定するだけでも、簡単猫じゃらしができちゃいます。壊されてもまた作れますし惜しげなく遊べますね。

まとめ

おもちゃの猫じゃらしの先を抱え込んでかじりついている子猫

猫が大好きな猫じゃらし。正しくはエノコログサと言いますが、猫がよくじゃれるので、猫じゃらしと呼ばれています。猫は、猫じゃらしで遊びながら、猫じゃらしを食べてしまうことがあります。猫じゃらしの葉っぱの部分ならともかく、猫じゃらしの穂先は心配ですが、猫じゃらしを猫が食べても特に問題はありません。ただ胃腸が弱っている子には猫じゃらしを食べさせないようにしましょう。

猫じゃらしは小動物のように動かしてあげると、狩猟本能を刺激された猫がよく飛びついてきます。猫は本物の猫じゃらしが好きなようですが、猫じゃらしのおもちゃは簡単に手作りすることもできますので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。猫じゃらしで遊んだ後は、部屋を片付け、猫のブラッシングをしてあげてくださいね。