猫がスリスリしてくれない5つの理由

猫がスリスリしてくれない5つの理由

猫と言えば代表的な甘え方が、頰を飼い主さんに擦りつける「スリスリ」です。幸せそうな顔をして、スリスリしてくれる猫の姿は見ていてとても幸せになります。その一方で、スリスリしてくれない猫もいるのです。なぜスリスリしてくれないのか?その理由、探ってみました!

3739view

猫がスリスリしてくれないのは、なぜ?

怒る白い猫

猫がスリスリしてくれないのには、何か理由があるのでしょうか?

理由1 クールな性格

眠るキジ猫

スリスリするのは猫の性格によるところが大きいです。

甘えん坊で飼い主さんにべったりな性格でしたら、スキあらばスリスリスリスリするでしょうし、自立した、クールな性格の猫であれば、あまりスリスリしてこないでしょう。

せっかく猫を飼ったのにスリスリして貰えないなんて悲しい!と思う飼い主さんは多いようですが、こればかりは仕方ありません。

ただ希望もあります。何かのきっかけで、スリスリする猫に大変身することがあるのです。

ある飼い主さんのお話では、ご家族の汗の匂いに反応して、それまでスリスリしなかったのに、突如としてスリスリ猫に変わったということがありました。

このような例もありますので、希望は捨てずにいてくださいね。

理由2 信頼関係ができてない

こちらを見つめる悲しそうな茶色い猫

まだ猫との絆が薄く、十分な信頼関係が出来上がっていない場合、スリスリしてこないことも。つまり、まだ猫が警戒を解いていない状態なのです。

そんな時は焦らず、じっくりと時間をかけて、猫との信頼関係を築いていきましょう!

ポイントは猫が嫌がることをしないことと、身の回りのお世話をしっかりすることです。

猫は飼い主さんの行動を良く見ていますから、そのうちにOKが出れば、きっと猫の方から近寄ってスリスリしてくれます。

それまではじっと耐え、ひたすら猫のお世話をしまくりましょう!

理由3 気分じゃない

肱を付くようにみえる猫

いつもはスリスリしてくれるのに、スリスリしてくれなくなった時は猫がそういう気分じゃないのでしょう。

緊張している時や、何かに興味をひかれている時などはスリスリしてくれません。
「それドコロじゃないにゃ!」ってことです。

猫の頭の中は、突然聞こえた奇妙な音や、窓から見えた鳥などのことで頭がいっぱいなのです。

こんな時は潔く諦めるしかありません。
また猫の気持ちが落ち着いて、余裕が出てきたら、スリスリ猫に戻ってくれるでしょう。

理由4 匂いが付くのがイヤだ

洗面器でくつろぐ猫

猫は匂いに敏感です。特に自分の体に付いた匂いはすごく気にします。飼い主さんであっても、触れた後には、すぐに毛づくろいをして匂いを消す事もあります。

猫は自分の匂いがしていると安心する生き物なので、他の匂いが混ざると落ち着かなくなるのです。

理由5 甘え方が分からない

子猫

家族と早くに別れたせいで、甘え方が良く分からないという理由も考えられます。

スリスリが下手くそな猫もいます。

飼い主さんのことは好きだけど、どうやってそれを表現したら良いのか分からない…、もしかしたら、そんな悩みを抱えているかもしれません。

猫が生まれた背景や、育った環境を鑑みて、飼い主さんが徐々に教えていってあげると良いでしょう。

まとめ

こちらを見つめる白い猫

猫がスリスリしてくれないと、「もしかして嫌われてるんじゃ?」と考えてしまうこともあるでしょう。

ですが、そうではないことの方が多いようです。

スリスリ以外にも、猫の愛情表現はたくさんあります。

その他の表現をしてくれるのであれば嫌われている訳ではありません。

もし何も愛情表現をしてくれないようなら、日頃の接し方を振り返ってみた方が良いかも?

スリスリされても、されなくても、可愛い猫なことに変わりはありませんので、猫との幸せなライフ、目一杯楽しんでくださいね!