愛猫をもっと幸せにしてあげたい!飼い主ができる8つのこと

愛猫をもっと幸せにしてあげたい!飼い主ができる8つのこと

猫を飼っていると、「今の生活に満足できてるのかな?」と疑問に思うこともありますよね。猫は神経質でストレスを抱えやすいので、できれば飼い主さんも、今より満足できる生活を作ってあげたい、と思うこともあるかもしれません。そんなときに役立つ、「愛猫をもっと幸せにしてあげたい!飼い主ができる8つのこと」について、ご紹介させていただきます。

3676view

愛猫を幸せにするために飼い主ができる8つのこと

猫は意外にも神経質でストレスを抱えやすい動物です。

そんな猫を飼っていると、「今の生活に満足してくれているのかな?」と、不安になってしまうこともありますよね。

しかし飼い主が、様々なようなことに気を配ってあげ、猫の気持ち考えてあげれば、「今よりも幸せな生活」を作ってあげることができます。

そこでここでは、愛猫を幸せにするために飼い主ができる8つのことについて、ご紹介させていただきます。

1.部屋の温度

猫とマフラー

猫を今よりも幸せにしてあげるには、「部屋の温度」を考えてあげると良いでしょう。

暑い夏場であれば、猫は人間と同じように「熱中症」になってしまいます。反対に冬の季節であれば猫は「寒がり」なので凍えてしまうことまあるでしょう。

猫にとって満足のできない温度は、「ストレス」になってしまいます。

季節を問わずに使えるのが「エアコン」です。猫が過ごしやすい気温に設定し、快適に過ごせるようにしてあげましょう。

猫が寒いと感じているときには

  • ペットこたつ
  • ホットカーペット
  • 湯たんぽ

などを活用することもできるので、おすすめです。

猫が過ごしやすい温度になるということは、猫のストレスも軽減され、今よりも幸せに感じてくれること間違い無しです。

2.コミュニケーションをとる

猫との触れ合い

猫を今よりも幸せにしてあげるには「コミュニケーションをとること」を考えてあげると良いでしょう。飼い主がお仕事や学業で忙しく、留守番ばかりをさせていませんか?

猫は性格上、甘えたがりで寂しがりの一面もあります。いつも構わずに放置させていたり触ることをしなかったりすると「ストレス」になってしまうこともあります。

猫が幸せだと感じてくれるようにするためには、日頃から撫でてあげ、構ってほしいと近寄ってきたときには、「コミュニケーションをとる」ことでしょう。

3.遊ぶ

猫と手を合わせる人

猫を今よりも幸せにしてあげるには「遊んであげる」ということをしてあげましょう。

猫は体を動かして遊ぶことが大好きで、キャットタワーにジャンプをして登り、おもちゃを使って走りまわったりするのが特に得意です。

飼い主が猫と遊んであげるということは、コミュニケーションがとれるだけでなく猫の運動不足の解消になり、ストレス発散にもなるので、積極的に取り入れてあげましょう。

飼い主が猫と遊ぶ習慣をつければ、猫も今より幸せになってくれますよ。

4.キャットフード

猫とキャットフード

猫を今よりも幸せにしてあげるには「キャットフード」について考えてあげましょう。

猫の体型や体重、健康の維持をするためには、飼い主がきちんとキャットフードの量を量り、体重を測りとしてあげることが大切です。

肥満も痩せ過ぎも猫の体にとっては良くありません。猫が病気に悩まされることなく、健康で幸せな生活を送るためには、「猫の餌」について、きちんと考えてあげるようにしましょう。

5.水

水道から水を飲む猫

猫を今よりも幸せにしてあげるには「水」について考えてあげましょう。

猫はもともと、砂漠で生息をしていたので、あまり水を飲む習慣がありません。しかし、水を飲まなければ、腎臓病などの病気になってしまうこともあります。

猫が病気をすることなく、より幸せになるためにも、「猫が水を飲みやすい環境を作る」ことが大切です。

具体的には

  • 新鮮な水を用意する
  • 複数箇所に設置する

などがおすすめです。また冬場であれば、水を少し温めてあげ、水分摂取がしやすいウェットフードも温めて与えてあげると喜んで食べてくれますよ。

猫が少しでも健康で幸せに過ごすことができるよう、考えてあげましょう。

6.部屋の環境作り

キャットタワーと猫

猫を今よりも幸せにしてあげるには「部屋の環境作り」について考えてあげましょう。

猫は体を動かして遊び、たくさん眠って過ごすことが多いです。猫の寝場所である、キャットハウスを作ってあげ、遊べるようにキャットタワーを設置するなど、満足できる環境作りをしてあげましょう。

また飼い主がいなくても、一匹でも遊べるような安全なおもちゃなども準備してあげると留守のときにも喜んでもらえますよ。

7.静かな空間

室内でくつろぐ猫

猫を今よりも幸せにしてあげるには「静かな空間」を作ってあげるようにしてあげましょう。

猫は人間の4〜5倍の聴力があります。猫はテレビの大音量や、ピアノなど大きな音が続くことは「大きなストレス」になってしまいます。

猫のトイレや餌場がテレビの近くだと、嫌がってしまうこともあるので、「静かな空間作り」を心がけてあげましょう。そうすれば猫も幸せになってくれますよ。

8.トイレ

トイレにいる子猫

猫を今よりも幸せにしてあげるには「トイレ」について考えてあげましょう。

猫は神経質な動物です。トイレがキレイに掃除されていなかったりすると、ストレスになってしまいます。

そうするとトイレをしなくなってしまい、「膀胱炎」などの病気になってしまう可能性もあります。

猫が健康で幸せに暮らすためには、トイレはいつも清潔にしてあげなくてはいけないでしょう。

まとめ

抱っこされる猫

大切な愛猫と暮らすなら、猫にとっても「幸せ」と思ってもらえるような環境作りをしてあげたいですよね。

そのようなときには、猫の過ごす部屋や環境、餌やトイレなど、様々な面で猫の気持ちに配慮してあげることが大切でしょう。

人気のキーワード