猫に浄水器の飲み水を与えても大丈夫?ペット用商品の特徴やおすすめの商品

猫に浄水器の飲み水を与えても大丈夫?ペット用商品の特徴やおすすめの商品

猫に浄水器の飲み水を与えているという飼い主さんも意外と多くいらっしゃるのではないでしょうか?。しかし、そのなかでも「泌尿器系の病気になりやすい猫達に浄水器の飲み水を与えても大丈夫?」と疑問に思われる飼い主さんも少なくありません。今回は、そんな飼い主さんの疑問を解決する「猫に浄水器の飲み水を与えても大丈夫?ペット用商品の特徴やおすすめの商品」についてご紹介します。是非、ご参考にしてみてくださいね。

920view

猫に浄水器のお水は飲ませても良い?

コップの水

一般のご家庭では猫に与える飲み水は「水道水または浄水器」の飲み水を与えているという飼い主さんがほとんどであると言えますね。

水道水の水をそのまま与えるか、それとも給水器を通して水道水を浄化したものか、あるいは浄水器の飲み水という選択肢があります。その中でも「浄水器」の飲み水は猫に飲ませても問題ないのか、まずはここで「猫に浄水器のお水は飲ませても良い?」という疑問についてお答えいたします。

浄水器の水は猫の体に悪い

水と遠くにいる猫

実は、人間用として使用している「浄水器の飲み水」は水道水と同様に犬や猫のみならず、魚類などペット全般におすすめできません。

まず、人間用の浄水器の中には水道水に含まれる「残留塩素やトリハロメタン、溶解性鉛」などの有害物質や薬品を完全に除去し切れていない物があるため、魚類のペットに対して浄水器の水を使用することを控えるように記載している浄水器もあります。

浄水器が除去し切れていない微量の薬品が人に影響することが無いとされていても、魚類に使用を控えるように記載されている浄水が、犬や猫達に対して本当に安全な飲み水とは言い切れません。

猫に飲ませても良いお水

水が美味い

それでは、どのような飲み水が猫達に適した飲み水、浄水と言えるのでしょうか?、ここで、飼い主さんが気になる「猫に飲ませても良いお水」についてご紹介していきます。

軟水(ペット用)のミネラルウォーター

泌尿器系の病気になりやすい猫達には「尿路結石」の原因となるミネラルが少ない飲み水が良いため、ミネラルウォーターを購入する際は必ず「軟水」のものを選びましょう。
また、浄水として猫に飲ませるための飲み水であれば「ペット用」と書かれている物を選ぶ方がおすすめです。「ペット用」であればミネラル分ゼロの純水のものがあるため、人間用の浄水器を使用したお水よりも、より泌尿器系の病気のリスクを軽減できます。

犬猫用の浄水器の飲み水

犬や猫達の体に必要最低限のミネラルを残して、美味しい飲み水を作る犬猫用の浄水器が販売されています。カルシウムやマグネシウムを全て取り除いてしまうと美味しくない飲み水になるだけでなく猫や犬の体にもミネラルは必要な成分であるため、最適なバランスと言われるミネラル除去率70%の飲み水を犬猫用の浄水器で作ります。

猫に飲ませてはいけないお水

水が出ない

それでは逆に、「猫に飲ませてはいけないお水」はどのような飲み水なのでしょうか?、ここで、猫に飲ませてはいけないお水について詳しく見ていきましょう。

水道水

蛇口からの水

人に害はありませんが水道水には「残留塩素やトリハロメタン、溶解性鉛」などの有害物質や薬品などが含まれています。浄水器の場合は、これを更に浄化した飲み水に変えてくれますが、小さな魚類や犬猫などの動物にとっては水道水や浄水器で作られたの浄水中に含まれる物質が、体の負担になってしまうと言われています。

また、浄水器を使用せず水道水をそのまま飲料水として飲むことは可能ではありますが、それは水道管が新しくて清潔なものに限られます。

現在、約40年を過ぎて古くなっても使用されている水道管は全国で多くみられます。古い水道管を通った水道水には鉛だけでなく、赤さびが汚染してしまうため水道水をそのまま飲むことが安全とは言い切れません。浄水器を使用せずに水道水を飲み水にする場合は一度、沸騰させてから飲み水にする方が良いでしょう。

ミネラルウォーター(硬水)

ミネラルウォーター(硬水)は、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルを多く含んでいるため猫が泌尿器系の病気である「尿路結石」になりやすいと言われています。もちろん、浄水として人には問題のないミネラル量でも、猫や犬のような体の小さな動物には負担になってしまうためミネラルウォーター(硬水)は控えましょう。

猫の浄水器の特徴

綺麗な水のイメージ

人間用の浄水器と猫用の浄水器は、「どこが違うの?」と疑問に思われる飼い主さんも多くいらっしゃると思います。ここで、猫の浄水器は人間用の浄水器となにが違うのか「猫の浄水器の特徴」について見ていってみましょう。

残留塩素などの有害物質を徹底的に除去している

人間用の浄水器と違い、水道水に含まれる「残留塩素やトリハロメタン、溶解性鉛」などの有害物質や薬品を徹底的に除去しています。また、猫や犬達に適した浄水水質「軟水化」しているのでペット達(猫や犬)の体に優しい飲み水になっています。

泌尿器系の病気になるミネラルを低減しています

猫や犬の浄水器は泌尿器系の病気である「尿路結石」の原因になるカルシウムやマグネシウムなどの「ミネラル」を軽減しています。実は、ミネラルの軽減は人間用の浄水器ではできないとされており、猫や犬に適した浄水器は人間用の浄水器では除去できない水道水のマグネシウムやカルシウムを除去してくれるんですね。

イオン交換樹脂を利用して水質改善

猫や犬の飲み水として使える浄水器は「イオン交換樹脂」を利用して水道水のカルシウムとマグネシウムを、猫や犬に無害な「水素イオン」に置き換えて除去する水質改善を行っています。また、水素イオンの効果で「水道水が軟水化」されて美味しい水に変わるほか、飼い主さんとしては嬉しい「猫達の泌尿器系の病気を予防」する効果が期待できます。

猫の浄水器おすすめの商品

猫と水

「猫の浄水器ってどれがおすすめ?」と気になる飼い主さんのために、おすすめの猫の浄水器を調べて集めてみました。ここで、猫の浄水器に悩む飼い主さんに使って欲しい「猫の浄水器おすすめの商品」をご紹介していきます。是非、ご参考にしてみてくださいね!

イーテック わんにゃん浄水器 ペット用

イーテック わんにゃん浄水器 容量1L
10,584円(税込)

商品情報
世界初のペット専用浄水器

猫や犬の浄水器に悩んだ時は「イーテック わんにゃん浄水器」がおすすめです。この浄水器は、家庭用また業務用浄水器メーカーが大切なペット達の健康を考えて開発したペット用の浄水器です。水道水を注いで「約5分」で猫や犬に適した水質である「軟水」に変えてくれるだけでなく、水道水の有害物質13項目を全てシャットアウト。猫や犬の体に必要なミネラルだけを残し、約70%のミネラルを軽減しています。そして、この浄水器にはイオン交換樹脂を配合しているため「水素イオン」の軟水化の効果で、下部尿路疾患を予防することが期待できる猫の浄水器ですね。

Spardar ペット自動給水器 超静音

Spardar ペット給水器
2,999円(税込)

商品情報
自動給水器、水中のペットフードの食べかすを除去

水道水を活性炭の浄化と水を絶え間なく循環させることで、猫達がいつでも美味しく新鮮な飲み水を飲むことができるほか、循環する自動給餌器からの飲み水は食器に汲み置きした水よりも美味しく、猫が喜ぶ「流れのある水」になっているため、猫達が喜んで水を飲んでくれると飼い主さんから大好評の浄水器です。
また、交換可能な活性炭フィルターは、食べかすやペットの毛、ほこりなどを除去してくれるため次のお掃除まで菌の増殖を防ぐことができます。

ジェックス アクティア 2L

ジェックス アクティア 2L
248円(税込)

商品情報
岐阜県養老山系の天然水

非常時に役立つペット用の飲料水です。もちろん、岐阜県養老山系から汲み上げた猫や犬の体にやさしい天然軟水。いざという時の備えとして購入される飼い主さんが多くいらっしゃいますが、日常的な浄水として与えることも可能なほど猫や犬の体にやさしい飲み水です。

まとめ

【写真:猫達の日常】 171213052

いかがでしたか?今回は猫に浄水器の飲み水を与えても大丈夫?ペット用浄水器商品の特徴やおすすめの浄水商品までご紹介させていただきました。泌尿器系の病気になりやすい猫達には、水道水や浄水器の飲み水のほかミネラルウォーターに含まれるミネラルや有害物質(薬品)などが体に悪影響を与える可能性があるということが分かりましたね。

毎日、口にするからこそ飼い主さんが飲み水に気をつけてあげることで泌尿器系の病気を予防することができて長く健康な身体を維持することに繋がるかと思います。

少しずつ無理のないように飼い主さんが猫や犬用の浄水器を利用するなどして飲み水を安全なものに変えてあげましょう!

人気のキーワード