猫が立ったまま眠るのはなぜ?5つの理由

猫が立ったまま眠るのはなぜ?5つの理由

座って眠ればいいのに、なぜか立ったまま眠る猫…。この行動を不思議に思う飼い主さんは多いです。特に眠ってはいけない予定などないのだから眠れば良いのに、と思いますよね?でも、猫なりの理由があるみたいです。

2154view

猫が立ったまま眠る5つの理由

うとうとする猫

1 限界まで眠気を我慢してしまったから

寝る白猫

なぜか限界になるまで眠気を我慢してしまい、ついつい眠ってしまったのでしょう。そんなに我慢せずにさっさと眠ってしまえば良いのに、またもやここでも不思議猫発動です。

コクンコクンとなっている猫に「眠れば良いのに」と声をかけると、迷惑そうな顔をされる飼い主が多いのだとか。

はたから見ると普通に眠ったら良いのでは?と思いますが、もしかすると睡魔との戦いに、何としてでもかってやる!と思っているのかも!?睡魔との戦い=自分との戦いでもありますね。頑張って勝利してほしいものです。

2 子猫だから

眠い三匹の子猫

子猫は1日の睡眠時間が長いです。ですから、どこかしこで眠ってしまいます。

たまたま立っている時に眠くなってしまい、気がついたら眠っていたのでしょう。

人の子供も、特に2~3歳くらいまでは食卓で眠ってしまうことや、変な場所で眠ってしまうことがあります。

突然襲い来る睡魔に勝てず、立ったままでも何でも眠ってしまうよう。子猫がケガだけはしないよう注意してあげましょう。

3 警戒している?

木によっかかり寝る猫

猫の眠る姿勢によって、警戒度が異なります。警戒度が高いと、何かあった時すぐに動ける姿勢で眠ります。

立ったままの場合はすぐに動き出せるので警戒度「高」だと考えられますが、そこまで警戒するようなことが果たして、あるのでしょうか?

どちらかと言うと普通に立っていたら眠くなった、と言う方が当てはまるような気がしますが、きっと猫にも、すごく警戒しなければいけない時があるのでしょう!

4 眠りたくないから

眠そうな茶色と白の猫

様々な理由で、眠りたくないと思っているため、立ったまま、ついうとうとしてしまうけど、ハッと気がつき体制を立て直す…そんな場合もあるようです。

飼い主さんと一緒に眠りたいから、飼い主さんが布団に入るまで待っている時や、飼い主さんの具合が悪くて心配で付き添っている時など、今は眠りたくないと思っているのです。

5 眠る時間じゃないから

黄色い目の灰色猫

猫は一日中眠っているイメージがありますが、猫なりに眠らない時間と言うのがあるようです。

今は眠る時間じゃないのに、睡魔が襲ってきてしまいうつらうつらする、そしてハッ、と気がつき「眠っちゃいけにゃい、危ない危ない」とばかりに姿勢を正すのです。

猫の体内時計は正確と言いますから、眠らない時間なのがはっきりと分かるのでしょう。でも、迫りくる睡魔についつい…ここで座ってしまうと確実に眠ってしまうので、座らずに立ったままで頑張ります。

まとめ

眠そうなキジ茶色の子猫

猫が立ったまま眠る理由を見ると、起こしてあげた方が良い時もあるようですが、正直どの理由なのかを見極めるのは難しいでしょう。

子猫の場合はベッドに連れて行ってあげても良さそうですが、それ以外の場合は猫に任せた方が良いかもしれません。

猫が立ったまま、こっくりこっくりしている姿はとても可愛いですので、しばらく鑑賞するのもオススメです。こんな人に似た仕草を見せられたら、ますます愛おしくなってしまいますね!

スポンサーリンク