猫がトイレをしたい時にする3つの仕草

猫がトイレをしたい時にする3つの仕草

猫がトイレを覚えれないときや粗相をしてしまうとき「猫のトイレをしたいサイン」を知っておきたいですよね。では、猫がトイレをしたい時にはどのような仕草があるのでしょうか。今回は「猫がトイレをしたい時にする3つの仕草」についてご紹介させていただきます。

3443view

猫がトイレをしたい時にする3つの仕草

猫とトイレ

猫がトイレをしたい時にする仕草は、どのようなことがあるのでしょうか。

猫がトイレをしたい時に、トイレのしつけができていないときや、粗相が多いときなどはその「サイン」を見逃さないようにしたいですよね。

そこでここでは、猫がトイレをしたい時にする3つの仕草についてご紹介させていただきます。

1.クンクンと辺りを臭ぎはじめる

人の指の匂いをかぐ猫

猫はトイレがしたくなると、クンクンと辺りを臭ぎはじめることがサインとしてあげられます。

座っていたり、寝ていたのに突然、地面を歩いて「クンクン、クンクン...」と臭ぎ周っているときには、猫がトイレをしたいサインです。

2.カリカリと掘るような仕草をする

振りかえる猫

猫はトイレがしたくなると、カリカリと掘るような仕草をするようになります。

これは、猫が砂を掘って排泄をするときの、掘る仕草をしています。

猫がカリカリと掘る仕草をはじめたときには、すぐ排泄をしてしまいますので、猫を抱えてトイレへ連れて行ってあげるようにしましょう。

3.落ち着きがなくなる

とびはねる猫

猫はトイレがしたくなると、落ち着きがなくなることがサインとしてあげられます。

  • ソワソワとしだす
  • クルクルと周る
  • ウロウロと何かを探している

などのような、落ち着きがない行動があれば、トイレをする場所を探している兆候ですので、すぐにトイレへ連れて行ってあげましょう。

猫が喜ぶトイレの設置場所

籠から顔を出す猫

猫はトイレが覚えれなかったり、粗相ばかりをして困ってしまうこともありますよね。

実はこれは、猫はイタズラ心で排泄をしていたり、トイレ環境が悪いことが原因で、あちこちで排泄をしてしまうこともあるのです。

そこでここでは、猫が喜ぶトイレの設置場所について、ご紹介させていただきます。

人通りが少ないところ

高い場所から見下ろす猫

トイレの設置は、人通りが少ないところを選んであげると、お利口にトイレで排泄してくれるでしょう。

猫は神経質な動物なので、落ち着いてトイレができないと、きちんとトイレ場所でしなくなってしまいます。

ですので、人通りが少ないところで、落ち着いてトイレができるようにしてあげましょう。

猫にトイレを覚えさせたり、しつけをするのは簡単ではないですが、猫のトイレ環境を見直すと、うまくできると思いますので、実践してみてくださいね。

静かなところ

赤ちゃんと猫

トイレを設置するときには、静かなところを選んであげると、粗相がなくなり、きちんとトイレで排泄してくれるでしょう。

猫はトイレをするときは、集中したいと思っています。

テレビが大音量で聞こえていたり、集中ができないような環境だと、トイレがうまくできなくなってしまいます。

温度などを考える

暖炉の前の猫

猫は寒がりなので、トイレのある部屋が寒いと、我慢したり粗相をしてしまうことがあります。

またそれだけでなく、膀胱炎などの病気になってしまうこともあるので、トイレは快適にできる気温や環境を作ってあげましょう。

トイレはいつも清潔に

猫

トイレをいつも清潔にすることが大切です。

トイレが汚かったり、風通しが悪くて匂いがこもっていたりすると、猫もトイレ場所以外で排泄をしてしまいます。

そのようなことがないようにするためにも、トイレはいつも清潔に保ってあげましょう。

まとめ

猫アップ

猫はトイレがしたいと感じると、クンクンと周りを臭う、カリカリと掘る仕草をする、落ち着きがなくなる、などといったサインがあります。

人気のキーワード