ハンドクリームを付けた手で猫を触っても大丈夫?

ハンドクリームを付けた手で猫を触っても大丈夫?

空気が乾燥してくる冬の季節は女性の方の多くが「ハンドクリーム」を付けますよね。しかし、そんなハンドクリームの付いた手で猫を触っても大丈夫なのかな?舐めようとしてくるけど大丈夫かな?と疑問に思ってしまうこともあると思います。そこで今回は「ハンドクリームを付けた手で猫を触っても大丈夫?」についてご紹介させていただきます。

2032view

ハンドクリームの付いた手で猫を触っても大丈夫?

猫を触る

ハンドクリームの付いた手で、猫を触っても大丈夫なのでしょうか。

冬の季節になると、手荒れなどが気になるので、多くの女性がハンドクリームを付けますよね。

しかし、そんなハンドクリームが付いた手で、猫を触ると、ベタベタになってしまうので、触って大丈夫なのか?不安になってしまうこともあると思います。

結論として、ハンドクリームを付けた手で、猫を触るのは良くありません。

:

家事や外出時など、頻繁に使うハンドクリームですが、猫にとっては良くない理由もいくつかあります。

そこでつづいては、ハンドクリームが付いた手で、猫を触ってはいけない理由について、ご紹介させていただきます。

ハンドクリームが付いた手で猫を触ってはいけない理由

猫を撫でる人

ハンドクリームが付いた手で、猫を触ってはいけない理由は、どのようなことがあるのでしょうか。

ハンドクリームが付いた手で猫を触ると、猫の被毛もベタッとしてしまいますよね。

実は、ハンドクリームを付けた手で、猫を触っていけない理由は「ハンドクリームの成分がいけないから」です。

人間のハンドクリームは、人間にとって肌に優しい成分がたくさん配合されています。

しかし、猫にとっては有害です。

:

特に、ハンドクリームに配合されているアロマオイルが猫にとっては危険です。

アロマオイルは、触られた被毛を猫が誤って舐めてしまったときに、体内に摂取されてしまいます。

しかし、体内に摂取されても分解ができないので、中毒症状を引き起こしてしまうこともあるのです。

またそれだけでなく、保存料や香料も猫にとっては、有害である場合もあります。

:

猫が中毒症状を引き起こしてしまうと、嘔吐、下痢、痙攣、意識朦朧、呼吸困難など、最悪の場合死に至る可能性もあるので、気をつけなくてはいけないのです。

ハンドクリームが好きで、飼い主の手をわざわざ舐めに来たり、チューブを噛んだりする猫ちゃんもいるかもしれませんが、以上のようなことを踏まえると、避けなくてはいけません。

ハンドクリームの付いた手で猫を触ったり舐ても安全なもの

頭をなでられ気持ちよさそうな猫

では、ハンドクリームの付いた手で猫を触ったり、舐めても安全なものはあるのでしょうか。

飼い主の荒れた手を保湿するためにも、ハンドクリームは手放せません。

しかし、猫の安全を考えると、舐めても大丈夫なものを使ってあげたいですよね。

実は、人間の手を守ってくれつつ、猫にとっても安全なものがあります。

そこでここでは、ハンドクリームの付いた手で、猫を触ったり、舐めても安全なものについてご紹介させていただきます。

:

オリーブオイル

オリーブオイルは酸度の低いものほど、猫にとっては安全に使うことができます。

オリーブオイルであれば、猫が誤って舐めてしまっても、中毒になることもなく、安心して使うことができます。

手などにオリーブオイルを使ったときには、きちんと残った油分などは拭き取り、安全とは言え、猫にはあまり付けないように、気をつけてあげてください。

ワセリン

:

ワセリンであれば、薬局などでも簡単に購入するとができ、猫にも安全なのでおすすめです。

ワセリンは、猫が誤って舐めてしまっても無害です。

ワセリンは、人間の赤ちゃんから猫にまで処方されるような、安全な成分でできています。

飼い主の手荒れなどが気になるときには、ワセリンを使うのがおすすめですよ。

まとめ

:

猫にはハンドクリームの付いた手で触るのはいけません。

アロマオイルなどは、猫にとっては有毒で中毒症状を引き起こしてしまうともあります。

そのようなことを引き起こしてしまわないようにするためには、オリーブオイル、ワセリンなど、猫にとって、安全なものを使うようにしてくださいね。

人気のキーワード